女性に役立つ資格で充実したライフスタイルを送る方法とは?

kaboompics / Pixabay

あなたはいくつ資格を持っていますか?もちろん資格の数だけが、書類選考の決めてになるわけではありませんが、資格を持っていない人と仕事に役立つ資格を取得している人とでは、選ばれやすいのは資格がある人と言えるでしょう。資格の有無は採用に大きく関わることになります。そこで働く女性、働きたい女性必見の、女性に役立つ資格を紹介していきます。

 

女性に役立つ資格とは

kaboompics / Pixabay

女性に役立つ資格とは、女性ならではの感性を利用した仕事に役立つ資格とも言えます。もちろん男女問わず「これだけは取っておきたい!」という資格もご紹介していきます。

「手に職」系の資格

「手に職」系の資格とは、専門性の高い資格とも言えます。「行政書士」や「社会保険労務士」などがそれに当たります。また「医療事務」も女性にとっては手堅い資格と言えます。先に紹介した2つの資格に関しては専門性が高く、特に行政書士は資格取得のための勉強はそれなりに必要ですが、取得すれば「行政書士」の名を看板に仕事を行うことができます。業務範囲も広く、行政と国民を結ぶ仕事なのでやりがいもあります。

医療事務は、この資格がなくても事務仕事を行うことができる病院もありますが、医療関連の事務仕事も業務範囲が広いので、さまざまな場所で対応できるためには取得しておいて損はないでしょう。また勤務先が病院となり、勤務時間は早朝シフトが組まれる場合もありますが、景気に影響されない安定した職場とも言えるため、育児が一段落した女性にも人気の資格です。

 

定番は外せない!

そして働きたい女性にとって、やはり外せないのが定番の「TOEIC」や「簿記」「MOS」といった資格です。「TOEIC」に関しては、正式には資格ではありませんが、国際基準の英語力テストですから、この得点が働きたい職場での採用に影響することは間違いありません。外資系や英語に携わる仕事の場合には最低でも600点近辺〜800点は取得しておきたいところです。

簿記やMOSは自分の実生活にも役立つ資格ですから、金銭管理とパソコンスキルをあげたい人にとってはありがたい資格でもあります。簿記を理解すると、商売する上でのお金の流れが理解しやすくなりますし、生活する上で使うお金の流れにも関心を持つことができますよ。

ライフスタイルを充実するなら

congerdesign / Pixabay

またワークライフバランスを重視して働く女性も少なくありません。私個人の意見にはなりますが、女性の方が男性に比べて「仕事も生活も頑張りたい」良い意味で欲張りな人が多いような気がします。そこでライフスタイルを向上させるような資格もご紹介します。ライフスタイル重視の資格から発展して、仕事になった人も少なくありませんから、興味のあることは果敢に挑戦することをおすすめします。

センスをあげる資格

「カラーコーディネート」や「ネイルアート」の資格はいかがでしょうか。色彩感覚が向上するとファッションやインテリアなどさまざまな場面で活かすことができます。料理の盛りつけにも応用できるのではないでしょうか。鮮やかな彩りを演出できれば、人の心も晴れやかにすることができるでしょう。

また近年クラウドソーシングサービスなどで、自分のスキルを販売することのできるサービスが増えています。そこでこれらの資格を活かし、個人でネイルアートの仕事を請けもってみてはいかがでしょうか。副業だとしても、好きを仕事にできると楽しいですよ。

 

好感度があがる資格

正式には資格ではありませんが、「実用ボールペン字」などは、字を書く際、人から字を見られても恥ずかしくありませんし、誰にでも好かれる美しい字を書き留めることができるので、おすすめです。冠婚葬祭など、かしこまった場面で何かを書き留める際にも癖字にならずに済みます。

また「フラワーアレンジメント」や「アロマテラピー検定」を受けてみるのもおすすめです。自分自身の趣味としてスキルを向上させるのももちろん良いですが、誰かにプレゼントを送る際、自分でアレンジした花を添えてみたり、香りで人をリラックスさせたりできると、「仕事」としてつながる道が見えてくるかもしれません。

会社に勤めるだけが「仕事」ではないので、ライフイベントの多い女性だからこそ、趣味をきわめて今後の仕事につなげていくのも良いのでは?と考えています。

まとめ

女性に役立つ仕事は他にも沢山存在します。もちろん男女問わず取得しておいた方が良い定番の資格もあれば、女性の感性をフルに使った資格もあります。いずれにしても、女性はライフイベントが多く、仕事と生活の両立が難しい人もいることでしょう。資格はそんなあなたの「働きたい」を支えてくれるものです。興味のある分野には果敢に挑戦して、柔軟な働き方へつなげることができると良いですね。

fincleQA