女性が転職を考えるきっかけと転職を成功させるための方法




あなたは転職を考えたことがありますか?働く女性の中には転職を考えたことがあるという人は少なくないでしょう。そのきっかけは人それぞれではありますが、やはり共通した理由はいくつか存在します。今回は女性が転職を考えたきっかけを5つご紹介していきます。また転職を成功させるために考えなければならないことについてもお話していきます。

引用元:photoAC

 

女性が転職を考える5つのきっかけ

引用元:photoAC

転職するきっかけはどのようなものが挙げられるのでしょうか。転職経験のある友人にも話を聞いたことがありますが、前向きなきっかけもあれば、少し悲しくなるようなネガティブな理由もありました。代表的な5つのきっかけをご紹介していきます。

収入面での不安

収入面への不安や不満を感じて転職をする方も多いです。この理由は男性の転職にも多く見受けられますが、女性の場合、まだまだ会社での給与額が男性より低いのが現状で、そのことが転職のきっかけにつながることも考えられています。

ただし収入面が低いからといって、収入面だけに特化して転職すると大変な目に遭う可能性もあるので十分注意しましょう。収入面に見合った仕事量だった場合もあるからです。収入が良い分、今まで味わったことがないほど忙しくなった、仕事量が倍以上に増えたなんて声もありますから、収入が低いという不安の場合には、収入と仕事量、仕事内容について見直す必要もあります。

激務での不調

収入が良くても(収入が低いのに、という場合もありますが)激務に追われて心身の調子を崩し、転職を考えるようになったという人もいます。休日出勤は当たり前、終電帰宅は当たり前、といった勤務状況は正直言ってつらいですよね。自分のペースで働けないか、という考えから転職を考える人も少なくありません。

この場合には、転職に進むことも問題ありませんが、一度今の会社へ人事や上司を介しての相談も必要だと考えています。上司があなたの働き方を把握しておらず、あなたが激務に追われているのがあなたのせいではなかった場合、転職せずとも自分のペースで働ける環境がつくれるかもしれません。

人間関係への消耗

ネガティブな理由の中で、最も精神上きついのは人間関係の問題ではないでしょうか。精神的なストレスを抱えすぎたことによって体調不良に発展することも少なくありません。自分の身を守るために、転職を考えるのもあながち間違いではないでしょう。

ただし100%相手が悪いというわけではない、ということも考えられます。あなた自身の仕事の仕方、人との接し方に原因がある場合には、転職しても同じような人間関係の悩みを抱えることになりかねません。

転職後も同じような目に遭わないためには、自分が人間関係において何が嫌か、この会社でいられない理由は何か熟考する必要があります。自分が変わることで、転職せずとも良好な関係を結ぶことができるかもしれません。

家庭との両立のため

女性の場合、ライフイベントが多く、家庭との両立が難しくなり転職を考えるという場合も少なくありません。もちろん育児や介護は女性だけの仕事ではありませんが、まだまだ男女平等に家庭の仕事をこなすには時間がかかりそうです。

このような理由で転職する場合には、家庭と両立させるために勤務形態の希望をしっかりと相手方に伝える必要があります。前職でのキャリアがしっかりあって、そこも見込まれた上で転職した場合、前職と同様の仕事量で仕事を任されてしまう可能性があるからです。仕事を認められたという点においては嬉しい限りですが、転職理由から考えると本末転倒ですよね。

前向きなキャリアアップ

自分がやりたい仕事を目指す、自分の得意なことを活かしたい、前向きな理由での転職ももちろんあります。もちろん転職をしたからといって、即座に目標が叶うわけではありませんから、転職したのに思うように働けないという方も少なくないでしょう。

そのような事態に陥らないためにも、転職する前に自分の意志をはっきり固めておく必要はあります。ただライフイベントの多い女性は、前向きな転職を行う場合には、早めに見切りをつけることをおすすめします。決心は早いうちにつけておくと良いでしょう。

 

転職を成功させるために

helpsg / Pixabay

今まさに転職を考えているあなた、自分と同じきっかけはありましたか?きっかけは人それぞれ異なりますが、転職を成功させるには「手早く」「じっくりと」自分の考えや将来の展望を固める必要があると言えます。決断は手早くする必要がありますが、感情的に転職を決めるのではなく、冷静さをもって転職への考えをまとめることをおすすめします。

熟考する時間を設けよう

女性は男性と比較すると感情を優先して動きがちです。ネガティブな理由で転職を考えている場合などは、転職先を考えることもなく退職に踏み切ってしまう人もいます。しかし、場合によっては「転職の必要がない」「部署や支社の異動で何とかなった」ということもあるのです。

そこで「転職」の二文字が頭に浮かぶようになったら、「転職の必要性」については冷静な時にじっくり考えることをおすすめします。将来の自分の収入や将来像についてもある程度考えておかないと、人生が進んでから焦っても後戻りはできないのです。

人材紹介会社を頼るのも手

そして転職を考えるまでは楽ですが、実際の転職活動は何かと時間もかかり、心身共に疲弊する機会も増えるでしょう。そのため自分一人でなんとかしようとせず、積極的に人材紹介会社を頼ることもおすすめします。

厳しいようですが、自分の市場価値を見極めて職場を紹介してくれる会社を選ぶといいでしょう。自分の希望先を紹介してもらえない可能性もありますが、現実的な自分の価値を把握することができるので、本当に転職へ進むか、会社に留まるかの指標としては最適だと考えています。

まとめ

転職を考える女性は少なくありません。しかしそのきっかけの大半は、悲しくもネガティブなものが多いのが現状です。ネガティブな理由での転職が悪いというわけではありませんが、「転職しても何も変わらなかった」という場合もあります。きっかけを見直して、自分の人生を熟考する時間を設けるところから始めてみませんか?