bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法をわかりやすく解説!

 

こんにちは! fincle専属ライターのミクです。

皆さんは、『bitFlyer』という取引所を知っていますか?
成田璃子さんの出演するこのCMをみて、bitFlyerを知った方も多いのではないでしょうか?

このCMと2017年の仮想通貨ブームとが合間って、一気にビットフライヤーの名前が世に知れ渡りました。さらにこの取引所は、日本国内においてビットコイン取引1位を獲得しており、日本を代表する取引所です。

どんどん新しい仮想通貨が開発されている今、今後ますます仮想通貨市場は盛り上がりを見せると考えられており、仮想通貨に挑戦してみたい方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は『bitFlyer(ビットフライヤー)』の特徴から登録方法まで詳しく解説していきたいと思います。

bitFlyer(ビットフライヤー)の主な特徴

世界はもとより日本国内においても、bitFlyer(ビットフライヤー)、bitBank(ビットバンク)、Zaif(ザイフ)、coincheck(コインチェック)やBTCBOXなど様々な取引所が存在しています。

その中でも特に人気の高い取引所のうちの1つが『bitFlyer(ビットフライヤー)』です。

ビットフライヤーの概要

ビットフライヤーは、ビットコインをより多くの人に届けることを目的に日本初の取引所として
2014年4月に、サービスを開始しました。

現在では、取引量、ユーザー数、資本金において日本1位を記録しており、日本を代表する取引所に成長しました。なかでも資本金は41億円に到達し、企業として非常に信頼性が高いことが挙げられます。(ビットコインと同様に人気のあるZaifの資本金は約8億円)そのため、倒産リスクも低く、安心して仮想通貨の取引をすることができます。

現在ビットフライヤー では、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)及びリスク(LSK)の計種類の仮想通貨を取引することが可能です。

ビットコインの取引においては、世界のビットコインを扱う取引所のなかでも人気があり、日本人はもちろんのことビットフライヤー で取引する外国人も沢山存在します。

ビットフライヤーが保有する巨額資金

先ほど述べたように、ビットフライヤーは巨額の資金力が1つの大きな特徴です。世界中の取引所と比較した場合にも上位にランクインするほどの資金力を誇ります。

この巨額な資金力は、日本のトップ企業からの出資によって成り立っています。
例を挙げると、リクルートや三井住友海上キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル会社、SBIグループ、GMOグループなど多くの有名な会社がこのビットフライヤーに出資していることがわかります。

極端に表すと『資金力がある=会社が潰れにくい』といえ、出資している企業も上記の通り大企業ばかりなので安心して取引をおこなうことができます。

また、ビットフライヤーは2017年に*金融庁の登録認可を受けていることから、取引がいきなりできなくなるというような心配もないでしょう。

*日本では2017年4月に『改正資金決済法』が施行され、金融庁に登録し、認可を受けなければ、取引所の運営が行えないようになりました。

不正出金における補償制度

仮想通貨の取引はインターネット上で行われるという性質上、仮想通貨における一番の懸念要素は資産の盗難問題です。

コインが巨額流出し話題となったコインチェック問題が記憶に新しく、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ですが、ビットフライヤーは不正ログインによる出金被害に対して補償するサービスを提供しています。日本円の出金のみに限定されているなど一部条件はありますが、最大補償金額が一回につき500万円と大きく、より安心して仮想通貨を取引できるといえます。

*詳しい条件はビットフライヤーの公式ホームページに記載されていますので、併せてご覧ください。

 

もしもの時に補償が付いていて、初心者の方でもチャレンジしやすいですよね〜

bitFlyerの登録方法

ビットフライヤー の概要についてわかったところで、さっそく

登録の仕方について説明していきます。実際のサービス画像と一緒に進めていきましょう。

登録の流れ

まずビットコインの公式サイトにアクセスしてください。

アクセスすると、以下のような画面が表示されます。

 

今回はメールアドレスを使用して説明していきたいと思います。
メールアドレスを入力し、アカウント作成ボタンを押してください。

アカウント作成ボタンを押すと以下のような画面に切り替わると同時に、自身が入力したアドレスにキーワードが届くのでそのキーワードを以下の部分に入力してください。

キーワードを入力して、アカウントの作成をクリックすると以下の画面に切り替わります。

画像に記載した通り、上記4つのチェック項目にチェックを入れたあと、bitFlyerをはじめるをクリックしてください。ついに取引を開始できるぞ!と思いきや、以下のような画面が出て来ます。

この*二段階認証設定は任意であるため、必ず登録しなければならない訳ではありません。
しかし、二段階認証への登録は、先ほど述べた不正出金時の補償の条件であり、何より取引におけるリスクをより軽減させ安全性を高めるためにも登録することをオススメします。

また、ビットフライヤーは二段階認証を行わない方や、上記⓷のメールアドレスで認証を選択された方に向けてパスワード設定を推奨しています。

*二段階認証とは、ビットフライヤー のログインパスワードに加えて、確認コード(電子メール、携帯電話へのSMSメッセージ、認証アプリの計3種類の方法がある)による認証でアカウントのセキュリテイをより強化するシステム。

今回は一番推奨されている⓵認証アプリを使うを選択し説明します。⓵を選択すると、次のような画面が表示されます。

・Google Authenticator ・Authy ・Duo Mobile の3つのうちから1つアプリをインストールし、上記のようなQRコードを読み取ってください。そして、読み取れたらアプリ内に確認コードが表示されるので、図の⓵の部分に確認コードを入力し、認証してください。

ちなみに私は、携帯でGoogle Authenticator をインストールして、QRコードを読み取りました。

認証が完了すると次の画面に切り替わります。

一番最後の仮想通貨の外部送付時だけが必須ですが、安全性を高めるために上記4点全てにチェックを入れることをオススメします。

二段階認証を設定するをクリックすると次の画面に切り替わります。

これで二段階認証の設定は終了です。上記の完了をクリックしていただくと、以下の画面に切り替わります。

取引時確認の入力をはじめるをクリックし、以下の画面に切り替わるので取引に必要な個人情報の登録をしてください。

登録情報を確認するをクリックすると確認画面が表示されます。 入力した情報が正しいかどうか確認したあと、ご本人情報を登録をクリックしてください。

クリックすると上記のような画面が表示されます。これでビットフライヤー への登録は完了です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、取引所の中でも人気の高いビットフライヤーの概要および登録の仕方までご紹介しました。

登録が完了したら、いよいよ仮想通貨取引の始まりですね!

後に他の記事で、ビットフライヤーにおける入金の仕方から取引の仕方まで記載するので、入金も知りたい!という方はそちらの記事も併せてご覧ください。

仮想通貨を取引する際は、自分のお財布と相談して、くれぐれも投資しすぎないように気をつけてくださいね!

以上ミクがお伝えしました。

1 個のコメント