【第一回】ビットン先生が教える!そもそもビットコインってなんだ?

ビットン先生
こんにちは、ビットン先生です!

BitStockを使ってビットコインを持ち始めたという方も多いのではないでしょうか。

ビットコインはここ最近1BTCの値段が40万円だったり130万円だったり、200万円にもなったりしていますが、過去には1BTCが100円だったりした時期もありました。

100円だったビットコインが今では100万円も超えるなんて。。。僕も昔に買っておけばよかったなー。でも今後も価格が上がるかもしれないと思うと、持っておいて損はしないどころか得するかも!

でも実は、ビットコインは価格変動により利益を得るためのものだけではありません。

そこで今回は、そもそもビットコインて、どういうものなのかを簡単に説明していきたいと思います。

これを読めば皆さんもっとビットコインが欲しくなるはず!

そもそもビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、数ある仮想通貨の中の一つのコインです。

ビットン
仮想通貨といえばビットコインだよね!

よく仮想通貨=ビットコインと思っている人がいますがそれは大きな間違いです。ビットコインのほかにもイーサリアムやリップルなどの仮想通貨も存在し、それぞれのコインごとに用途や素晴らしい点、またはデメリットがあります。

そもそも、仮想通貨=ビットコインとよく思われる理由は、

  • ブロックチェーンという技術を用いた通貨(仮想通貨/暗号通貨)として初めて普及したコイン
  • 数ある仮想通貨の中で、一番流通量と時価総額が多い

などの理由があります。

電子マネーと何が違うの?

最近は、電子マネーも普及が進み、suicaやPasmo、edyなど様々な電子マネーが誕生していますが、ビットコインを含む仮想通貨とは何が違うのでしょう。

ビットン
たしかに。ビットコインもインターネット上に存在するとかだったら、電子マネーって言われてもおかしくないよね?

まず、デジタル通貨という意味では仮想通貨も電子マネーも同じです。

しかし、電子マネーは、あくまでも日本円(国が発行した通貨)をデジタル化したものです。実際にsuicaを例に考えると、suicaに入っている電子マネーは日本円と連動しています。

一方、ビットコインを含む仮想通貨は、国や銀行によって発行されたり保証されている通貨ではないのです。この点が電子マネーとビットコインの一番の大きな違いです。

ビットコインの特徴は?

では、ビットコインの特徴はどんなものがあるか説明していきます。

ビットン
おお!冒頭で言ってた価格変動だけじゃない、ビットコインの説明だ!

中央銀行が存在しない

ビットコインは、日本円のように、中央銀行が通貨を発行し、価値を保証しているわけではありません。

ビットコインのことを調べるとよく出てくる言葉の一つに「中央集権」という言葉がありますが、日本円は日本銀行が中央集権となり、新しくお札を刷ったり作ったりする権限を持ちますが、そういった中央で管理する状態を作らないことを目指して作られたのがビットコインです。

インターネット上にすべての取引が記録されている

中央銀行が存在しないと、普段のビットコインの取引などの情報はどこで管理されているのでしょうか?それはインターネット上です。

ブロックチェーンという、簡単に言うと一度記録された情報はだれも書き換えることができない技術を用いることで、すべてのビットコインの取引情報などは世界中のインターネット上にセキュリティが担保されたうえで、存在しています。

発行上限が決められている

先ほど、日本銀行の話でもでてきましたが、日本円は国の経済状況や景気によって、日本銀行が新しくお金を作ったり減らしたりしています。

一方ビットコインは、発行上限が2100万枚と誕生時に定められ、過去にもこれからも発行枚数は増えることはありません。

(すべての仮想通貨が、発行上限が定められているわけではないです。)

ビットン
なんで発行上限が決められているのかな?

日本銀行がお金を作ったり減らしたりしているのは、景気の動向をうまく誘導することで、大きなインフレやデフレを起こさないためです。

しかしながらビットコインは日本銀行のような中央集権がいないので、好き勝手に枚数を増やすと、ビットコインの価値が下がりすぎたりする状態を引き起こしてしまう可能性があり、こちらを避けるために発行上限が定められています。

ビットン
例えば、昨日まで世界に1枚しかビットコインなかったのに今日10枚になってたら価値は下がっちゃうもんね!

世界中にすぐに送金ができる

従来、海外の友達にお金を送金しようとすると、送金手数料がすごく高かったり、そもそも相手の国の通貨に両替して渡したりと、お金と時間がかかってしました。

一方ビットコインは、世界共通のインターネット上に存在する通貨なので、手数料も極めて低く、そして両替する必要もない形ですぐに相手に送金することができるのです。

まとめ

ビットン先生
今回は、そもそものビットコインについてご紹介しました。

 

いろいろとビットコインについてはよくわかったけど、これで本当にビットコインのことがすべてわかったのかな?

実はまだまだ伝えきれていない部分や、難しいお話などもあるのでそちらも今後少しずつ紹介していきたいと思います。

これからもBitStockでビットコインを貯めて、新しい資産を気づいていきましょう!