家は借りるのと買うのどっちがいいの?メリットを比較してみた。

一人暮らしなら、気軽に転居ができる賃貸が便利ですが、資産として家やマンションを買う若い人が増えてきています。

でも「家を買う」は人生でも大きな買い物です。果たして賃貸と一軒家、どちらがお得なのか、それとも投資になるのか、気になる住宅事情についてご紹介します。

Giovanni_cg / Pixabay

 

家を借りるのと買うのとどっちがお得?

「どうせ住むのなら、自分のものになる持ち家のほうがいい」また「持ち物や気持ちがリセットできる賃貸のほうが、身軽に生きることができる」どちらも間違いではありません。

しかし持ち家を買う、または賃貸を選ぶにはどのような基準を目安にすればいいのでしょうか。

まずはそれぞれのメリットから見ていきましょう。

賃貸のメリット

・住み替えが簡単

家族がこれから増える、もしくは独立などで減る、転勤が多い人などは賃貸のほうがおすすめです。

また引っ越しで物が減らしやすい、住んでみて環境が自分に合わないときにはすぐ離れることができます。

・住居費にかかる費用が比較的少ない

初期費用や更新にかかる費用なども、持ち家に比べれば少なめです。

持ち家のメリット

・家の不安がない

老後は賃貸で住み替えが難しくなるため、安心があります。

・家自体が財産になる

転勤などがあっても、他人に貸し出しをして家賃収入を得たり、子供に譲り渡すといった活用ができます。

・長く住み続けることができる

賃貸の場合は、家主都合で転居を余儀なくされることもありますが、持ち家の場合はそういったことはありません。

持ち家にするか賃貸にするか、決断する目安とは

andreas160578 / Pixabay

低金利が進んでいる中、今買うべきなのかそれとも賃貸に住み続けるべきなのか、悩んだときにまずは自分の現状を見直し、決断の材料にしましょう。

今の土地にこれからも住み続ける予定である

将来的に親の介護などで、実家に戻る予定があるならマンションや持ち家は今の時点ではやめておいたほうがいいでしょう。

今の仕事を10年後も続けている予定である

住宅ローンは賃貸よりも負担が大きくなります。また住宅ローン以外にも税金などがかかるので、将来転職を考えているならローンが支払えなくなる可能性もあります。

住もうと考えている土地の値段

土地の値段がこれから上がるか、それとも下がるかどうかも判断の基準になります。

将来的に値段が上がりそうな土地であれば、持ち家にするメリットは大きくなります。

ただし個人で調べるには限界がありますので、地元の不動産鑑定士などに依頼をする必要があります。

自分の将来設計を考えてみよう

賃貸でも持ち家でも、家賃やローンは毎月払っていく必要経費。

将来的に「いい土地があれば…」とぼんやりした考えだけだと、チャンスを逃してしまうかもしれません。

逆に「頭金はいらないって言われたから…」と買ってから後悔することになるのも困ります。

5年後、10年後の自分たちのライフスタイルを考える

まず、紙に家族全員の名前を書き出してみましょう。

そして年齢を書き出し、5年後、10年後に何歳になっているか書いていきます。

子供の小学校、中学校、高校、そして子供の希望は先にならないとわかりませんが、大学や専門学校、もしかしたら留学という話になるかもしれません。

そして夫の定年や、両親の年齢も書いてみましょう。

大きな出費が必要となる年、そして賃貸で住んでいるなら、契約更新の時期も書いてみましょう。

そうやって書いてみると、「自分たちがこの年になるまでどれぐらい貯金ができるか」が見えてきます。

両親と同居することになるかもしれませんし、子供が家を出て一人暮らしをはじめて、学生なら仕送りが必要になるかもしれません。

そうやって道筋を明らかにすることで、「家を持つならこの年」「賃貸で行こうと思うけど、この年になったら引っ越しを考えた方がいいかも」というのが見えてきます。

持ち家は「自分の城」ですので、ある程度自由にデザインや内装を考えることができますが、長期的に考えるとメンテナンスが必要になってきます。

また逆に賃貸は引っ越しが気軽にできますが、年齢を重ねると入居が難しくなる、また体力的にも引っ越しを重ねるのが大変にもなってきます。

そうなったときにどうするのか、どうしたいのか、家族でよく話し合ってみましょう。

いざというときに慌てないためにも、将来どれだけのお金が必要になるのか、目に見える形でまとめておきたいですね。

まとめ

賃貸がいいのか持ち家がいいのか、という論議は主婦友の間でもよく話題になります。

子供がいる家庭では、隣近所に迷惑がかかるから一軒家の方が気を遣わなくて済む、という話になりますがローンや学費の支払いで生活がぎりぎり…という悩みもあり、どちらを選ぶべきかは、家庭それぞれとしか言い様がありません。

家を買うことで、ローンが負担になっては意味がありませんが、家や土地が将来的に大きな財産になる可能性があるのなら、家を買うことを考えてもいいのではないでしょうか。

またアパートやマンション経営という、新しいお金の運用も合わせて考えてみるのもおすすめです。

fincleQA