無駄遣いあるあるが当てはまったら要注意!浪費癖を直すコツとは




自分には浪費癖があると思う人、手を挙げてください。そんなことはない、という人も、もしかしたら今回紹介する無駄遣いあるあるが当てはまるかもしれません。無駄遣いのし過ぎで、実は生活費が赤字だという人は決して少なくないと思います。しかしそのまま放置しておくと、将来お金で苦しむことになるかもしれません。

お金についてケチケチすべきだ、という訳ではありませんが、やはり無駄遣いは自分のためにはなりません。投資と浪費をはき違えては、将来本当にお金が必要になった時に困るのはあなたなのですから。そこで今回は無駄遣いあるあるをご紹介します。当てはまってしまった人は、その浪費癖を少しずつ直していきましょう。

WerbeFabrik / Pixabay

 

無駄遣いあるある

無駄遣いあるあるを見ていくと、意外と当てはまる点が多いかもしれません。でも大事なのは、その結果に落ち込むことではなくて、その癖を見直し改善していこうと努力することです。まずは自分の癖を見抜くことが、浪費癖から抜け出す、直すために必要なのです。

コンビニでついつい買いしてませんか?

正直に申し上げますと、私はこのタイプです。今でも時々欲望にかられて無駄遣いしてしまいます。これが結構くせ者です。1回に使う金額は決して高くありません。ですからなかなか自分では気づきにくいのですが、何が悔しいって、振り返ってみると買った物がそんなに必要のないものばかりなのです!

1回数百円の買い物に過ぎませんが、1ヶ月分を集計すると、本当に欲しかった趣味代に使えるぐらいに積み重なることもあります。

めんどくさがって手数料を支払ってませんか?

入会金や手数料について、あまり考えなしに支払ったりしていませんか?特に意外とかかっているのが、これまたコンビニに存在するATMです。浪費癖のある人、というより貯金がうまくできない人にありがちなのですが、お金のおろすのに計画性がなかったりしませんか?その場のお金が足りないからといって、ATMで手数料をムダに払っていませんか?

欲しくもないものを買っていませんか?

 

本当は別に欲しくもないけれど、その場のノリや特別感にのせられて物を買っている人も要注意です。必要があるかどうか考えることもなく、物を買ってしまっては、それは立派な無駄遣いです。友人と一緒に買い物をしたり、旅行先でやたら物を買ってしまう人は、その癖に気づき、買い物の仕方を見直した方がいいと思います。

浪費癖を直すコツとは

matuska / Pixabay

浪費癖を直すためには、結局は自分の意識の問題なので、ここではコツをご紹介することしかできません。実際に直せるかどうかは、あなた次第です。ただ自分の浪費癖に気づくことができれば、その後の対処は比較的行いやすいのではないかと考えています。

浪費癖を見抜くためにレシートは捨てない

まず自分の浪費癖から見直したい人は、購入した時のレシートは捨てずに取っておきましょう。それを1枚1枚見直すことが大切ですが、始めはめんどくさいと思いますから、購入した場所別に並べ直してみることをおすすめします。自分がどのような場所で無駄遣いを起こしやすいのか分かります。

例えばついで買いをしやすい人は、コンビニやスーパーの安売り品等々を買いやすい癖が、レシートで分かるかと思います。またレシートを見直した時、思い出せない品についても要注意です。思い出せないということは、大した買い物ではなかったということにつながります。思い出せない品を買った場所を把握し、できるだけその場所へ足を運ばないようにするのも、浪費癖を矯正する一つの方法となるでしょう。

買う前に考える癖をつける

その場のノリに圧されて購入しやすい人は、何かモノを買う前に考える癖をつけましょう。どんなにその場のノリに圧されたとしても、その場で即決しない癖をつけることを心がけるのです。即決しないためにも、一度その場を離れるというのもオススメです。その場合、買おうとしていたモノの重要度が低ければ低いほど、自然に購入しようという気持ちを忘れるものです。

売って損する経験をする

荒療治的ではありますが、買って結局不要になってしまったものを自分で売って、その金額の安さを体感するのも良いでしょう。例えば衣類に関して言えば、確かに状態が良く、フリマなどでそのブランドの価値が分かっている人が購入すれば高く買ってもらうことができますが、それでも買った時よりはかなり値段が落ちることでしょう。

買取業者に頼めば、よりいっそう価格が下がることを体感することができます。わざわざ損する体験をする訳ですから、心苦しいのは事実ですが、自分がお金を払っているものが、本当に自分にとって価値あるものなのかどうか認識するためには効果的な方法と言えるでしょう。

まとめ

かつての私も、周りの意見に圧されて無駄遣いをしてしまう人の一人でした。しかし紹介した方法によって、自分にとってお金を払ってでも大切にしたいものは何かを考えることができるようになりました。荒療治的な方法にはなりますから、万人に受けるとは思いません。でも浪費癖を直したい!と真剣に悩んでいる人は、一度体感してほしい方法です。