節約しながら楽しく過ごす、休日レジャーのアイディアとは?

皆さん休日はどのようにお過ごしですか?

計画を立てずに出掛けると、食費や入場料など、想定外の出費がかさんでしまう事もありますよね。

筆者は子連れで出掛ける機会が多いので、想定外の出費があると簡単に数千円が飛んで行ってしまいます。いくらお出かけが楽しくても、その度にお金がかかってしまっては「また行きたい」とは思えなくなってしまいますよね。

今回は、できるだけお金をかけずに、休日を楽しく過ごすレジャーのアイディアをご紹介したいと思います。

Alexas_Fotos / Pixabay

 

まずは定番! 公園へGO!

summer_kwak / Pixabay

入場料のかからない公園なら、大人も子供ものびのび遊べます。

緑に囲まれ、広い空を仰いで深呼吸すれば、ストレスも解消できるはずですよ!

食べ物は持参する

屋台が出ていたり、売店が常設してあるところもありますが、節約を考えるなら食べ物を持参していく方が断然お得です。

一人ずつのお弁当箱に詰めなくても、大きな容器に盛ったままのものをカバンやカゴにいれて持っていくだけでもOKです。あとは、紙皿や紙コップがあれば、問題ありません。

みんなでひとつのお皿からお料理をつつけば、絆も深まります。

もちろん、おにぎりやパンなどをコンビニやスーパーで買ってからいくだけでも節約になりますよ!

みんなが遊べる遊具を一つ持っていく

公園へ行くなら、ぜひみんなが遊べる遊具を持って行きましょう。

ボールはもちろん、凧、簡易テニスセットなどもいいですね。

筆者は、フリスビーの真ん中がネット状になっているディスクとボールのセットを持って行きます。小さな子供と遊ぶときはキャッチボールのように遊び、大人や大き目の子供と遊ぶときはフリスビーとして遊んだりします。

ひとつで複数の遊び方ができる遊具があれば、長い時間公園で楽しむことができますよ!

無料イベントに参加する

Unsplash / Pixabay

日頃からアンテナを張って情報を収集していると、意外とたくさんの無料イベントを見つけることができます。

ミニコンサートなどの文化的なものから、無料体験教室などの運動系のものまで、さまざまなイベントがあります。

ミニコンサート

文化施設や、ホテルのロビーなどでは、無料でコンサートが行われている場合があります。

通りがかりの人がふらっと見ることのできるものから、きちんと着席をして観覧するものまで、色々なタイプのものがあります。気になるものがあれば、問い合わせて確認してみましょう。

各種フェア

手作り品を販売するクラフトフェアや、ハワイの物品を集めたハワイアンフェアなど、休日になると色々なフェアが開かれているのをご存知ですか?

広い公園や、デパートの催事場など、会場はさまざまですが、どれも無料で入場することができます。

また、フェアだけの試食販売や、イベントステージなど、お楽しみも満載です。ぶらぶら歩いているだけでも、目新しいものをたくさん見る事が出来て楽しいですよ!

体験教室

博物館や科学館では、週末になると実験教室や工作教室を開催しているところがあります。また地域の公民館でも、お料理教室や、フラワーアレンジメント教室などが単発で開催されていることがあります。

たいていが材料費のみの安価な負担で、先生から色々な技術や知識を学ぶことができます。

筆者の住む地域の近くにある大規模公園では、季節に応じて「バラの植え付け教室」「ノルディックウォーキング教室」「身近な動植物の観察教室」など、色々な教室が開かれています。

ぜひ皆さんも、お近くの施設で各種体験教室が開催されていないか、調べてみてくださいね。

持ち寄りランチパーティで楽しく節約!

vivienviv0 / Pixabay

友人や仲間と出掛けるときにも、お店での外食をすると飲食代がかさむものです。

そんな時は、思い切って自宅に招き、参加者それぞれが飲食物を持ち寄る「持ち寄りパーティ」形式にするのもおすすめです。

何もかしこまる必要はありません。宅配ピザを買ってもってきてもらったり、スーパーの惣菜を多めに買ってきてもらってもOKです。もちろん、お料理の得意な方がいれば、作ってきてもらうことで良い話題にもなりますね。

それぞれが持ち寄ることで、外食するよりぐっと節約になるはずです。

自宅はちょっと…ということなら、野外の公園などで集まるのもよいですね。公民館などで、数百円で和室などを借りられることもあります。

筆者は近所の子供施設に広い飲食スペースがあるため、それぞれがランチを持ち寄り、何家族かで集まってしゃべることもあります。経済的で楽しいので、負担にならず集まりやすいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

お金をかけなくても、休日を楽しく過ごすアイディアは意外とたくさんあります。前もって情報収集をしておいたり、食べ物を持参していけば、楽しさはそのままに節約することも可能です。

ご紹介した方法をぜひ活用して、楽しい休日を過ごしてくださいね!

fincleQA