楽天カード入会キャンペーンをより有効に活用する裏技を紹介!




広告やテレビCM等でよく目にする楽天カードの入会キャンペーン。これを見て「このぐらいポイントが入るならお得だし申し込もうかな…」と申込を検討されている方も多いのではないでしょうか?

著者も楽天カードは普段の生活で利用している1枚ですが、「ある方法」を利用して申込を行い普段のキャンペーンよりさらに多くのポイントを貰う事が出来ました。

今回は、著者も行ったポイントをより多く貰う方法や楽天カード入会キャンペーンの注意点を説明します。

geralt / Pixabay

 

楽天カード入会キャンペーンでより多くのポイントを貰うには?

 

jarmoluk / Pixabay

 

まずはキャンペーンの内容を確認しましょう。楽天カード入会キャンペーンとは、楽天が頻繁に行っているキャンペーンの一つです。期間内にクレジットカードの申し込みを行い、カード到着後に簡単な条件を満たすと楽天ポイントを貰う事が出来るという内容です。

キャンペーン時期によって貰えるポイントは変動し、過去には5,000~8,000ポイント、2015年には10,000ポイントが貰える期間もありました。

このキャンペーンポイントが多い時に申し込む事がまず第一ですが、ポイントを多く貰える方法がもう一つあるんです。詳しく見てみましょう。

 

別のサイトの別のキャンペーンを利用する

 

皆さんはポイントサイトをご存知ですか?無料で登録する事ができ、サイト内のコンテンツを利用する事でポイントが貯まり、貯まったポイントは現金やギフト券と交換する事が出来るサイトです。

ポイントサイトの中には広告を利用する事でポイントを貯める項目があります。その中には楽天カードの発行の項目もあり、そちらを経由して楽天カードを発行する事で楽天ポイントとは別にポイントサイト内のポイントを貯める事が出来るのです!

ポイントサイト経由で楽天カードを発行した場合、普段であれば500~1,000ポイント(サイトによって変わりますが1ポイント=1円)の還元なのですが、ポイントサイト内でも定期的にキャンペーンを行っている時期があり、この時期に行うとなんと5,000~10,000ポイントを貰う事が出来ます。

著者の場合、「楽天カード入会キャンペーン=8,000ポイント」「ポイントサイトのキャンペーン=8,000ポイント」のタイミングでカードを発行した為、合計16,000ポイント。普通にカードを発行するより2倍もポイントを手に入れる事が出来ました。

このように、楽天カード・ポイントサイトそれぞれのキャンペーンを併用する事で貰えるポイントを大幅に多くする事が可能です。ですが、中には「ポイントサイト」自体が怪しい…と感じている方もいるのではないでしょうか?

ポイントサイトの仕組みや安全性については別の記事に詳しく記載しましたのでこちらを確認いただければと思います。

参照元:ポイントサイトは本当に安全?サイトの仕組みを徹底解説!(2017年3月時点、著者調べ)

 

楽天カード入会キャンペーンの注意点とは?

 

geralt / Pixabay

 

次に、楽天ポイントを貰う上での注意点を説明します。楽天ポイントを無駄なく利用できるようにこちらも押さえておきましょう。

 

キャンペーンの詳細をしっかり確認する

 

まずはポイントが入る条件を確認しましょう。基本的にポイントは以下のように2段階で貰うことになります。

①カード到着後、「楽天e-NAVI」に登録する(2,000ポイント)

②利用期間内にカードを一回以上利用する(残りのポイント)

と言った具合です。しかし、以前に10,000ポイント貰えるキャンペーンを行った際は、②は以下の条件となっていました。

②´期間内に10,000円以上のカード利用を行う

このように、楽天ポイントの還元率によって条件が変わっている場合もありますので、申込み時期のキャンペーン内容をよく確認するようにしましょう。

 

ポイント獲得時期と有効期限

 

ポイント獲得時期と期限にも注意が必要で、詳細は以下の通りになります。

①2,000ポイント

時期:「楽天e-NAVI」に登録、申請後5日以内

期限:なし

②残りのポイント

時期:カード利用の翌月20日ごろ

期限:約一カ月ほど

①は固定ポイントとなり、いつでも利用する事が出来るのですが、②のポイントは期間限定となり約一カ月ほどしか利用できる期間がありません。

仮に「期間内に10,000円以上のカード利用」が条件だった場合、その後に貰える期間限定ポイントの使い方も考えておかないと使いきれずに損をしてしまうかも。期間限定ポイント分の利用方法は予め決めておくと良いかもしれません。

参照元:楽天カード株式会社キャンペーンサイト(2017年3月時点、著者調べ)

 

期間限定ポイントの有効活用

 

どうしても期間限定ポイントを利用する場面が思い浮かばない場合、商品券やギフトカードにしてしまうのも一つの手です。送料等で譜面額より高くなってしまいますが、期限やポイントが利用できる店舗に縛られずに利用する事が出来ます。

また楽天サイト内ではふるさと納税も取り扱っており、期間限定ポイントも利用する事が出来ます。間接的に節税する事が出来るので有効に利用出来るのではないでしょうか?

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか?ポイントサイトを利用する事でより多くのポイントを貰う事が出来ます。期間限定ポイントの失効に気を付けて、ベストなタイミングでカードを申し込んでみてはいかがでしょうか?