インターネット通販で気をつけたい、クレジットカードの使い方




クレジットカードを使うことに、抵抗感のある人は意外と多いものです。

カード番号を不正に読み取られるのではないか、使いすぎてしまうのではないか…などと、心配になるのも理解できます。

しかし、賢く使えばクレジットカードはとても便利なだけでなく、ポイントが貯まったりと節約に役立つツールでもあるのです。

筆者はインターネット通販はもちろん、普段のスーパーの買い物などでもクレジットカードを使って支払っています。もう10年以上クレジットカードを使う生活をしていますが、一度も不正利用されたことはありませんよ!

ただ、使用の際にはいくつか、気をつけているポイントがあります。

今回は筆者の経験を交えながら、クレジットカードの利点と、インターネット通販でのお買い物の際に気をつけたいポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

引用元:photoAC

クレジットカードの利点

stevepb / Pixabay

ポイントが貯まる

クレジットカードの利点といえばまず思い浮かぶのが、ポイントが貯まるということでしょう。

クレジットカード会社によってポイント率は異なりますが、例えば筆者の使っているカードでは、入会後6ケ月はポイント率が2%、その後は1%がポイントとして加算されます。

つまり10000円のお買い物をしたら、入会後6ケ月間200円、その後は100円がポイントとして貯まっていくイメージです。

低金利時代と言われる2017年4月現在、例えば利率0.010%の銀行口座に10万円を1年預けても10円の金利しかつきません。これと比較すると、クレジットカードのお買い物でのポイント率がいかにお得かがおわかりいただけるのではないでしょうか。

なにより、お買い物をするだけで何の労力もなくお金が手に入るなんて嬉しいですよね。

同じ金額を現金で支払っていたら、こうはいきません。これは、クレジットカードの大きなメリットであると言えます。

入会キャンペーンでポイントがもらえることも

クレジットカード会社にはそれぞれに特色があり、中には入会キャンペーンを行っている会社もあります。

例えば筆者の使っているカード会社では、新規入会で8000ポイントがもらえるキャンペーンをしています(2017年4月現在)。

もらえた8000ポイントは、ポイント交換サイトで8000ポイント分のTポイントに交換したり、8000円分のAmazonギフト券として使う事もできます。

新規でクレジットカード入会を検討している場合には、ぜひ活用したいサービスですね。

いざというときの急な支払いも安心

TechPhotoGal / Pixabay

たとえば旅先ですごく気に入った服を見つけたけれど手持ちがない、地元の銀行のキャッシュカードなのでお金をおろせるATMもないし、コンビニも見当たらない…そんなときでも、クレジットカードがあればたいていのお店では支払いをすることができます。

また、高額になりがちな入院費の支払いや、旅行代金の支払いなども、クレジットカードがあれば大金をもって歩く必要はありません。

海外旅行などでも、現金をたくさん持って歩くのは危険が伴いますが、クレジットカードがあれば、現地のATMで現地通貨を必要な分だけ引き出すことができます。現金の場合は盗難されたら泣き寝入りですが、クレジットカードの場合は、盗難・悪用の際の補償をしてもらえることもあるため、そういった意味でも安心です。

インターネット通販での賢い使い方

stevepb / Pixabay

便利でお得なクレジットカードですが、予期せぬトラブルに巻き込まれることもないとはいえません。

インターネットを経由してお買い物をする場合、クレジットカードで決済する際にカード番号や個人情報を第三者に盗み取られるという心配をされている方も多いかと思います。

いくつかのポイントをおさえておくだけで、トラブルを予防することができます。

暗号化されているかを確認

インターネット上の情報抜き取りなどに配慮し、セキュリティ対応をしている店舗であれば、お店のサイトにSSLという暗号化通信技術を導入していることが多いです。

SSLが導入されているページでは、アドレスバーに表示されるURLの「http://」の部分が「https://」(pの後にsが追加される)と変わります。

通販でクレジットカードを使う際には、URLをチェックし、暗号化がされているかを確認するのがおすすめです。

SSLが導入されていれば、私たちが画面で入力したデータがお店側に届くまでの間は暗号化した情報がインターネット上を飛んでいくだけですので、クレジットカード情報などの漏えいリスクは低くなります。

筆者も、通販で買い物をする際には、決済画面のURLを必ずチェックし、「https://」になっているかを確かめています。

信頼できる店舗で使う

geralt / Pixabay

SSLが導入されているかを確認することも大事ですが、筆者はそれにプラスして、信頼できる店舗でしかクレジットカードを使わないように心掛けています。

明らかにこれまで多数の販売実績があり、商用サイトとしてこなれている印象の店舗であれば初回の利用でもクレジットカードを使うこともあります。

しかし、あまりPCに慣れていないような印象のサイトや、個人がやっているような印象のサイト、実績はあるけれど説明などが不親切なサイトなどでは、少しお金がかかってでも、代引きや銀行振込を選択するようにしています。

お店側に悪意がないとしても、知識がなくてセキュリティ対策などを講じていないという場合も考えられるからです。セキュリティ対策があっても、お店側へ情報が渡ったあとの情報管理についても懸念がないとは言い切れません。

この辺りは主観的な判断になりますが、基本的にはSSLを導入しているサイトであれば、セキュリティ対策を講じているということで最低限の信頼はできるといえるでしょう。それ以外の点については、各自の求めるレベルに合わせて判断していってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

クレジットカードには、現金払いにはないメリットがあります。

気をつけるべきポイントをおさえて賢く使えば、節約や家計管理の大きな味方になってくれますよ!

ぜひ、クレジットカードを使いこなしてお買い物を楽しんでくださいね。