商品券ごとの違いやオススメ、換金における注意点を徹底解剖!

皆さんは商品券を使って買い物をしたことがありますか?贈り物や景品、アンケートモニターなどのお礼の品として受け取ることもある商品券は、商品券が使用できる場所がある程度決まってはいるものの、現金やクレジットカード払いと合わせて使うと、少しお得な気分で買い物することができますよね。

今回はそんな商品券の基礎知識と、様々な商品券の種類や賢いおすすめな使い方、についてご紹介していきます。

blickpixel / Pixabay

 

そもそも商品券とは?

そもそも商品券はどのような成り立ちで登場したものなのでしょうか。商品券という名前の通り、商品と引き換えることが出来る金券であることは明らかですが、その詳細な利用方法や歴史について、ここでは紹介していきます。

商品券の定義

日本において商品券は金券の一つであり、商品を購入するための支払方法の一つです。商品券の扱いは資金決済に関する法律で定められています。商品券は元々、小売店や商品券の発行会社の販売促進を目的として発行されています。地域商品券のような自治体限定の商品券を例にすると分かりやすいかと思います。使用できる範囲が自治体限定になることが多い地域商品券ですが、その代わり自治体の販売促進につながるようなプレミア特典が用意されていることもあります。

商品券は先にも紹介したように取り扱い可能な店舗のみの使用にはなりますが、商品購入の際、現金と同様に扱うことができます。ただ後述しますが、一部商品券についてはおつりが出ないなど、現金とはやはり違う仕様になっています。ただ差額分は現金で支払うことができるなど、現金との併用が可能なので、利用しやすい金券ではあります。

商品券の歴史

商品券の歴史は江戸時代にまで遡ります。かつては商品切手や手形といった形で利用されていました。小説家泉鏡花(いずみきょうか)の作品内で、江戸時代末期から商品券が発行されていることが描かれていますが、そこで登場した株式会社にんべんも、世界初の商品券であると公式で謳っています。

参考文献:沿革 会社案内 株式会社にんべん

年々形を変えている

また金額分の価値がある金券として、商品券と同様な利用価値のあるプリペイドカードと似ていますが、これらの違いは利用を継続することができるかどうかにあります。プリペイドカードは残高分次回利用に引き継ぐことができますが、商品券は利用金額分を1回しか利用することはできません。

ただし時代が進むにつれ、紙製ではなくプラスチック製のギフトカードの登場もあり、違いは曖昧になってきています。昔は偽造防止のため、地模様の入った専用の用紙が用いられたものが多かったのですが、現代では半永久的に利用できるような素材へと変化してきています。

その上、法の改正によって商品券の一部は使用停止となったものもあります。しかし使用停止においてよくあるトラブルに、その事実を知らず、時間が経過した使用停止商品券を利用しようとして、金券価値がなくなっていることに気づくケースがあります。

どんな種類がある?

時代に合わせて姿を少しずつ変化させている商品券ですが、一体どのような種類があるのでしょうか。ざっくりとまとめてみると、日本百貨店協会が発行している「全国百貨店共通商品券」や各百貨店やスーパーマーケットが独自に発行している商品券、大手クレジットカード会社が発行しているギフトカードなどが挙げられます。

例えば各百貨店の商品券であれば、三越なら三越商品券、伊勢丹であれば伊勢丹商品券といった形で存在します。大抵は千円と一万円券の2種類ですが、より細かい金額設定の商品券もあります。

大手クレジットカード会社が発行しているギフトカードにおいては、細かく区分することができます。クレジットカード会社の名の入ったJCBギフトカードやVJAギフトカードはもちろんのこと、図書カードもその類いの一つですし、おこめ券やビール券、こども商品券などもそれに当たります。

選び方のポイント

商品券を選ぶ時のポイントですが、最も重要なのは”使える店舗の種類と数”です。使える店舗が幅広い方が使いやすさは格段に上ですし、贈り物にしても自分が利用するにしても使いやすいことは確かでしょう。この点から考えるとJCBギフトカードやVJAギフトカードは使いやすいと言えるかもしれません。

ただし贈り物として考える場合には”使える店舗の種類と数”だけでなく、ステータスも考えて選ぶことをおすすめします。百貨店離れが起きていると言われる昨今、高島屋や三越、伊勢丹のような百貨店にあまり足を運ばない人に百貨店商品券を贈っても、あまり喜ばれないかもしれません。ただ百貨店で買い物することに慣れている50〜60代以上の方にとっては、各百貨店商品券がより価値あるものに映ることでしょう。

逆に先に紹介したJCBギフトカードやVJAギフトカードは、基本的にはクレジットカード会社の加盟店、提携店舗では利用できることが多いため、使用範囲が広がります。高級な買い物ではなく、ちょっと贅沢したい、という時の買い物にも活用しやすいため、若い世代にはこちらを贈った方が喜ばれるのではないでしょうか。

使ってみよう!

引用元:photoAC

それではさっそく利用してみましょう。商品券を購入する場所や利用できる場所について詳細をご紹介していきます。特に購入場所は商品券を利用できる場所に比べると、決して限定される訳ではないので、贈り物として用意する場合にも戸惑うことはないでしょう。

購入場所は?

購入場所は様々ですが、まずはメジャー所をご紹介していきます。まず全国百貨店共通商品券を購入する場合、発行元が日本百貨店協会ですから、この協会に加盟している店舗であればどこでも購入することができます。ちなみに商品券がうまく活用できず、現金化する場合には、購入した場所=発行元となるので、この発行元が買取金額の1つの基準となります。覚えておいても損はないでしょう。

クレジットカード会社の発行するギフトカードを購入する際には、その会社の公式サイトにてギフトカード販売店を探すことができます。基本的にはそのクレジットカード会社のサービスを提供している店舗で購入することができます。全国各地にギフトカード販売店舗は点在しています。

参考文献:JCBギフトカード販売店検索

参考文献:VJAギフトカード販売店検索

クオカードなら購入場所が幅広い!

株式会社クオカードが発行しているギフトカードであるクオカードは、指定されている販売店やコンビニといった実店舗の他、インターネットや電話、FAXでの注文で購入することができます。クオカードは個性的なギフトカードを販売しており、デザインなどを指定することができるオリジナリティ溢れたギフトカードも用意できるので、贈り物としては最適な商品券と言えます。

その他商品券

例えば「こども商品券」と呼ばれる子供のためのおもちゃや衣類購入に役立つ商品券は、全国のおもちゃ屋さんで購入することがでいますし、オンラインショップはもちろんのこと、指定のデパート、スーパーマーケットでも購入が可能です。

利用できる場所は?

利用できる場所は各商品券毎に違うため、手元にある商品券の裏や説明書きに書かれた利用場所を確認する必要があります。最も利用範囲が広いのは、クレジットカード会社の出しているギフトカードなのではないでしょうか。大抵そのカード会社の加盟店であれば利用することができます。

クオカードであれば、全国各地の本屋さんでの利用範囲が広いと言えます。図書カードと同じくらい本を購入するのには利用しやすいカードですから、本の購入のために利用するのであればクオカードはオススメできます。

各百貨店毎の商品券は、その冠のついた百貨店でしか利用できませんが、地域に限定されることはないので、旅先で百貨店に立ち寄る際には利用することができます。ただいずれの場合も、念のため利用前にレジのスタッフさんに「商品券が利用できるかどうか」聞くことをおすすめします。

おすすめの商品券とは?

引用元:photoAC

まずはおすすめの商品券についてお話していきます。私個人の考えではありますが、商品券は自分で購入して使うというよりも、ギフトとして贈ったり、逆に贈ってもらったりして得ることが多いのではないかと考えています。なので、ギフトとして贈ることを前提に、おすすめの商品券をご紹介していきます。

ギフトとして贈るなら

ギフトとして贈るのにおすすめの商品券はJCBギフトカードやVJAギフトカードです。これらは大手クレジットカード会社が発行しているギフトカードであり、幅広い店舗で利用することができるためおすすめの商品券です。やはり使い道が多い方が喜ばれますよね。

百貨店専用の商品券も後でご紹介しますが、若い人の中には、百貨店での買い物経験があまりないという人も少なくありません。そんな時、使い道の狭まる商品券を贈ってしまっては、使い道に困ってしまうかもしれません。しかしJCBやVJAギフトカードなら、カード会社加盟店であれば大抵利用することができるので、使い道も広がります。

百貨店限定商品券はおすすめ?

また百貨店限定の商品券も条件が揃えば、おすすめの商品券です。その条件というのは、有名百貨店である高島屋や三越などの利用頻度の高い人への贈り物になるということです。

百貨店利用が多い人にとっては、各百貨店限定の商品券もなかなか嬉しいものです。また百貨店限定の商品券であればおつりが出ることもしばしばです。限定された百貨店でしか利用することができないことをデメリットと捉える場合には向きませんが、百貨店での買い物を楽しんでいる人であれば、おすすめな商品券と言えます。各百貨店での買い物を均等に楽しんでいる人に対しては、全国共通商品券を選ぶと良いでしょう。

商品券ごとの違いについて

様々な種類が用意されている商品券ですが、その商品券毎の特徴について詳しく紹介していきます。使い勝手の良さやメリット・デメリットは人によって捉え方が違うと思います。なので今回紹介する商品券の中で、自分自身や贈る相手が使いやすそうな商品券が見つかると幸いです。

全国百貨店共通商品券

この商品券は、日本百貨店協会が発行している商品券です。発行元は商品券を購入した場所になります。商品券の中央下部に発行元の百貨店名が記載されます。全国百貨店共通商品券で用意されている金額は1枚1,000円だけであり、おつりが出ることが特徴です。

百貨店の数は年々減少傾向にあると聞きます。そのため、百貨店協会会員ではない店舗であっても、会員店舗の系列店舗であれば利用できるなど、利用できる場所の緩和が広まっています。ただ実際使う側の意見として、百貨店の数が減っている事実は悲しいことですが、利用できる場所が広まるのはとてもありがたいことだと考えています。

図書カード

図書カードは磁気カードタイプの商品券です。その名の通り、本や雑誌の購入が可能な商品券となっています。磁気カードではありますが、図書カードの難点としてよく挙げられていたのが残高が分かりにくいという点です。

ただ時代と共に図書カードも進化しており、2016年6月からは「図書カードNEXT」と呼ばれるプリペイドカード式の図書カードの発行が開始されました。カード裏面にQRコードが印字されているのですが、書店にある専用端末で読み取ることで、残高を専用サイトで確認することができます。残高だけでなく、利用履歴を確認することもできますし、複製を防止するための特殊加工も施されています。

ただ従来の図書カードは無期限で利用できましたが、「図書カードNEXT」は10年の有効期限が設けられています。表面デザインによって価格設定が違い、従来でもおなじみのピーターラビットであれば、500円、1,000、3,000、5,000円の4種類、東山魁夷のシリーズは1000円、3000円、5000円、1万円、富士山シリーズが1000円と2000円となっています。クオカードのようにオリジナルデザインの製作も可能です。

こども商品券

こども商品券は子供のための商品券として株式会社トイカードが発行しています。全国各地にあるおもちゃ屋さんやゲーム屋さん、デパートで「Kid’s gift card」のステッカーのある店舗で利用できることがあります。こども商品券という名前に馴染みがない人も、「おもちゃ券」と聞くと何か思い出すのではないでしょうか。

ちなみに「子供のため」という理念から、子供用の服や日用雑貨品以外に、一部遊園地や水族館でも利用することができます。

おこめ券

正式名称は「全国共通おこめ券」で、おこめ券1枚で440円分の米を購入することのできる商品券となっています。利用できる店舗は「おこめ券取扱店」のステッカーが貼ってある店舗となります。発行元は異なりますが、JA全農でもお米の購入に利用できる商品券「おこめギフト券」があります。

おこめ券1枚の価格が500円にも関わらず、購入できるお米の金額が440円ということに違和感を感じましたが、これは1枚あたり60枚の発行費用分の金額となります。またおこめ券を購入した際の消費税は非課税という特徴もあります。

ビール券

全国酒飯協同組合連合会が発行しているビール商品券です。ビールという名前がついており、大手スーパーマーケットではビールのみ、コンビニなどではアルコール類を含む買い物にしか使えない場合が多いのですが、かつてはこの組合傘下の酒屋に販売されているもの全てと交換できる金券として知られていました。そのため昔はお中元やお歳暮の品としてよく用いられていました。

ちなみにビジネスホテルでおなじみの東横インでは、ビール券の面白い使い方が出来ます。なんとビール券で宿泊料金を支払うことができるのです!もちろん有効期限切れなどは無効ですが(有効期限が1ヶ月以上あるものに限定)利用するシーンがなく困っているビール券をお持ちの方は活用してみてはいかがでしょうか。

ジェフグルメカード

株式会社ジェフグルメカードが発行する食事券です。加盟店での外食の支払い方法として利用することができます。有効期限が設けられていませんが、金額は500円券のみとなっています。ただおつりが出るタイプの商品券なので、現金のように扱いやすい商品券と言えるでしょう。

よくある質問

Sophieja23 / Pixabay

ここでは商品券においてよく挙げられる疑問点についてご紹介してきます。ここで紹介する質問は、商品券を人に贈る際にも役立つ知識がありますから、知っておいて損はないでしょう。

郵送はできる?

商品券を贈り物として誰かに渡したい、自分が使えないから有効活用してくれる人に使ってほしいなど、色々な理由で相手に送りたい時があるかと思います。対面で渡せるのが一番良いのかもしれませんが、いそがしくてなかなか互いに会えない場合ももちろんありますよね。そんな時商品券を郵送することはできるのでしょうか。

結論から言うと「郵送はできます」。送る場合には一般書留、簡易書留で送るという方法が挙げられます。一般書留とは、送達過程を記録することのできる送付方法で、万が一郵便物が破損してしまったり、紛失した場合には賠償額が発生します。簡易書留の場合、送達過程を追うことがなく、引き受けと配達のみの記録となる代わりに料金が一般書留より安くなります。万が一の時の補償額は5万円までと限定されます。

なお書留には「現金書留」という種類がありますが、商品券はあくまでも金券の扱いであり現金ではないため、これを利用することはできません。ただし送付する際、商品券の他に現金も送るという場合には、商品券もこれに入れることができます。

送付手順について

商品券を送る場合にはまず封筒を用意し、普通の郵便物同様、宛先と差出人の郵便番号、住所、氏名を記入し、中に商品券を入れます。郵便局に依頼する際、一般書留か簡易書留を指定して送付完了です。

宅急便はNG

ちなみに宅急便の利用は、法律上禁止されています。宅急便では「有価証券を送ってはいけない」と規定されています。有価証券は現金や小切手の他、手形や株券、プリペイドカード等も含まれています。もちろん商品券もです。

レターパックはおすすめできない

レターパックであれば送付することはできますが、一般書留や簡易書留と違い、万が一紛失した際の保証はありません。商品券は現金ではないと言えど、現金と同様の価値を持つ金券です。紛失してしまった場合のダメージは大きいはずです。出来る限り一般書留か簡易書留で郵送することをおすすめします。

換金はできる?

商品券はどうしても利用できる範囲が定められてしまいます。そのため、普段百貨店や本屋など利用できる範囲でも買い物をしない人にとっては、うまく活用できず持て余してしまうことも多々あるかと思います。そうでなくても現金の方が何かと使い勝手がいいと考える人も少なくないはずです。そんな時、商品券は換金できるのでしょうか。

結論から言うと「換金はできます」。換金ショップなどで商品券の扱いはあります。もちろん現金化する際、換金率は金券ショップによって様々ですが、額面に記載されている金額より高くなることはまずありません。数十〜数百円分は価格が下がりますが、換金手数料だと思えばそこまで損した気分にはならないと思います。実際現金の取り扱いの方が、買い物する場所も選ばないので楽ではありますよね。

インターネット上での換金に注意

金券ショップで換金するのが最もおすすめですが、近くに金券ショップがないという方や、金券ショップまで出向くのが手間だと考える人も少なくないでしょう。そんな時にはインターネット上の換金ショップやフリマアプリの活用が代用として利用できます。

実際メルカリなどフリマアプリでの換金の方が高い値でやりとりできると聞きますが、人気商品のため「買えたらラッキー」「売れたらラッキー」くらいのレアな存在となっており、換金するのは難しいと聞きます。また詐欺などの被害も挙げられるため、インターネット上で換金する際は、そのリスクをよく考えた上で利用するようにしてください。

おつりはでる?

商品券の種類にもよりますが、例えば「全国百貨店共通商品券」はおつりが出る上に有効期限も設けられていません。そのため大変利用しやすい百貨店系の商品券と言えます。

各百貨店に利用が限定される商品券は、おつりが出ないものも存在するようですが、購入する際には前もっておつりの出るタイプのものを選んでおくことをおすすめします。やはり現金と同等に使い勝手の良い商品券の方が買い物には有効活用しやすいものです。

商品券のデメリット

Concord90 / Pixabay

最後に商品券を利用する際のデメリットをご紹介します。実際に私も商品券は数回利用したことがありますが、まず初めに紹介する「おつりの有無」は本当に大きいです。買い物が好きでたまらない人にとっては、あまり大きなデメリットにならないかもしれませんが、例えば必要最低限のモノだけで生活するミニマリストを目指す人にとっては、ムダな買い物が増える可能性があると考えるとデメリットとして十分成り立つものかもしれません。

おつりの有無は大きい

商品券を利用して買い物をした時のことです。買いたいものが見つかり、商品券を出したところ、お店の人から「こちらはおつりが出ませんがよろしいですか?」と言われました。惜しくないおつりの額なら「おつりは要りません」とかっこつけることもできましたが笑、約半額ぐらいのおつりが生じることが分かっていました。その日に限って現金を持ち合わせていなかった私は、その半額のおつりを埋めるだけの買い物を追加しました。

買い物が好きな人にとってみれば、半額分のおつりを埋めるだけの買い物も苦ではないかもしれませんが、そうでない私のような者にとっては、おつりを埋めるだけの買い物はある意味ムダでしかありません。

現金を持ち合わせていない時に、おつりの生じない商品券を利用することはとても使い勝手が悪いですし、本当に買いたいものを買う生活の妨げにもなります。

換金の際はご用心

また商品券を商品券として利用せず、現金化を考えている人に注意してほしいのが、換金率です。悪徳な金券ショップも世の中には存在します。人の足下を見るような換金率を提示する金券ショップもあるのです。ひどい話ですが、絶対にありえない話とは言えないのです。

換金する際には、自分でもしっかり換金率について情報を得ておく必要があります。事前に換金率を聞いておく、他の金券ショップを比較して換金率を確認しておくなど、自分からそのような悪意のある換金に出会わないための対策をしなければなりません。

まとめ

商品券の種類でも紹介しましたが、クオカードや図書カードなどはオリジナルデザインを依頼することもできますから、贈り物として用意する際には特別仕様のカードを用意しても喜ばれるかもしれません。

自分が利用する場合にも、贈る相手がいる場合にも、商品券が利用できる場所やおつりの有無を事前に確認しておくことをおすすめします。実際に使う際には、現金と同等の利用価値のある商品券の方が買い物に利用しやすいからです。現金も商品券もモノを購入するための手段ですから、使いやすいに越したことはありません。使いやすそうな商品券は見つかりましたか?

fincleQA