クレジットカードでお買い物する時に無駄遣いを防いで賢く使う方法




皆さんはクレジットカードを普段のお買い物にお使いですか?

クレジットカードは便利な反面、「お金を使っている」という実感が湧きにくく、ついつい無駄遣いしてしまいがち…という方も多いのではないでしょうか。

筆者も、クレジットカードで無駄遣いをしてしまっていた時期がありました。化粧品やお菓子など、手持ちの現金がなくてもクレジットカードがあれば買えてしまうのが、メリットでもありデメリットでもあると実感しました。

今ではクレジットカードの使い方を工夫して、無駄遣いのないように活用しています。

今回は、筆者の経験も交えながら、無駄遣いを防いでクレジットカードを賢く使う方法についてご紹介したいと思います。

TheDigitalWay / Pixabay

 

クレジットカードを持ち歩かない

stevepb / Pixabay

筆者が試した中で一番効果的だったのが、「クレジットカードを持ち歩かない」という方法です。

お財布の中にクレジットカードが入っていると、現金では買わないような高額な物も「カードなら払えるな…」などと考えてついつい買ってしまいがちです。

しかし、最初からカードがないと思えば、「今は買えないな」とあきらめもつきます。

どうしても買いたいものであれば、改めて代金分の現金かクレジットカードを持って買いに行けばよいのです。逆に言えば、そこまでしなくてもいいかと思えるようなものであれば、本当は必要ではなかったということなのです。

クレジットカードを持ち歩かないことで、不要な買い物を防止し、無駄遣いを減らすことができます。

目的が決まっているときは賢く使う

クレジットカードを持ち歩かないのはいいけれど、それではクレジットカードを持っている意味がないのでは? と思う方もいるかもしれませんね。

誤解しないでいただきたいのは「クレジットカードで買い物をするのをやめる」ことをおすすめしている訳ではなく、「クレジットカードを、目的もなく持ち歩くのをやめる」のをおすすめしているという点です。

クレジットカードでのお買い物では、現金にはないポイント付与など、色々なメリットがあります。無駄遣いを防止するため「クレジットカードを、目的もなく持ち歩くのをやめる」のは大切ですが、買いたいものがはっきりと決まっている場合には、賢くクレジットカードを使ってメリットを享受してくださいね。

クレジットカードの買い物記録をつける

クレジットカードの無駄遣いが多い人は、いつ何にクレジットカード払いをしたか、ボンヤリとしか覚えていない事も多いものです。

自分の支払い能力や銀行口座残高に対し自分が今いくらまでなら使えるのか、そして今月累計でいくら使ったのかというようなことをきちんと把握しておくことは、無駄遣いを防ぐためには欠かせません。

とはいえ、今までなんとなくクレジットカードを使って買い物をしていた人が、急にきちんと収支の把握をするのはハードルが高いですよね。

そこでまず手始めとして、自分が何にクレジットカード払いをしたのかの記録だけでもつけるようにしてみましょう。

何に使ったのか、いくら使ったのか、その記録をつけているうちに自然と自分のクレジットカードの使用状況を分析したり、反省できるようになります。

すると次に買い物をしようとした際に、「今月はもう○万円も使っているから、もうクレジットカードを使うのはやめておこう」というように、無駄遣いにブレーキがかけられるようになりますよ!

買い物記録は目につく場所に

3402423 / Pixabay

クレジットカードの買い物記録をつけるようになったらぜひおすすめしたいのが、その記録を自分の目につく場所に常に置いておくということです。

壁に貼る、手帳に書きだすなど、方法は問いません。とにかく、1日に何度も自分の目に留まるような場所に記録を置いておくようにしましょう。

筆者は、毎日持ち歩いている手帳のカレンダーページの空欄に、クレジットカード利用記録を書くコーナーを設定しました。クレジットカードで買い物をした時には、そこへ金額と品目を書いていきます。すると、自分ではそんなに使ったつもりがなくても洋服や化粧品の買い物にクレジットカードをよく使っていることがわかり、以後は買い物をするときに気を付けるようになりました。

クレジットカードの使用状況をただ記録するだけでなく、1日何回も意識することで、無駄遣い防止効果が一層高まります。

利用限度額を引き下げる

Alexas_Fotos / Pixabay

クレジットカードを持ち歩かないようにしたり、使った記録をつけてみてもやっぱり、クレジットカードで無駄遣いをしてしまう…そんな方は、思い切ってカード自体の利用限度額を引き下げてしまうのがおすすめです。

最初から、クレジットカードで使える金額を「ここまでなら使っても良い」という金額に設定してしまえば、それ以上はクレジットカードでの買い物はできなくなるので無駄遣いのしようがありません。

利用限度額を引き下げるには、クレジットカード会社への手続きが必要になりますが、どうしても一定金額以上の無駄遣いをしたくない! という場合にはおすすめの方法です。

まとめ

いかがでしたか?

クレジットカードは便利でメリットもたくさんありますが、現金のように目に見えてお金が減っていくわけではないので、ついつい使いすぎてしまうこともありますよね。

後から困ることのないように、無駄遣いを防ぐ工夫をして賢くお買い物を楽しんでくださいね!