クレジットカードで節約!? 光熱費などの固定費を払う節約術!

stevepb / Pixabay

固定費こそクレジットカードで払うべき!

毎月必ず発生する、水道、ガス、電気、携帯代などなどあげたらきりがない固定費ですが、

実はこれ、ただ現金払いや、口座振替などで支払っている方がたくさんいるかと思いますが、かなり損してます!

この支払いをクレジットカードでの引き落としにするだけで、なんと毎月ポイントやお得な割引などの還元がついてくることを皆さんご存知でしょうか!?

今回はそんな固定費をクレジットカード払いすることでのメリットをご紹介します。

 

Alexas_Fotos / Pixabay

固定費をクレジットカードで払うメリット

固定費をクレジットカードで払うことで得られるメリットをさまざま。

すぐにでも手続きをしたくなるようなメリットをご紹介します!

メリット①:いままでなかったポイントが貯まる!

電気代3千円、ガス代4千円、携帯代8千円・・・とひとつひとつは大金ではありませんが、それぞれを合算すると毎月結構な支払いになる固定費。

さらに年間で考えると、こんなにも支払っているのか・・・とめまいがするほどですよね。

しかし、この固定費をクレジットカードで引き落としにすることで、

例えば、毎月3万円かかっている固定費から少なくとも、0.5%、多いところでは1.5%もポイントに還元することができるのです!

たったそれだけ? と思う方もいるかと思いますが、年間などの長いスパンで考えると、結構な額が貯まるので、はっきり言って、やらない理由がないのではないでしょうか。

また、クレジットカード会社によっては、携帯代などを引き落としにすることで、ボーナスポイントなどをもらえるお得な特典を行っているところもあります。

 

メリット②:払い忘れなどのトラブルを防げる

ガス代を振り込み忘れてて、ガス会社から支払い催促の連絡がきて恥をかいた!

普段現金振り込みで固定費を払っている人は、こんな経験一度はしたことあるのでないでしょうか?

クレジットカードでの引き落としを設定してしまえば、あとは毎月なにをしなくても、指定の口座から自動で固定費の引き落としが発生しますので、払い忘れによるトラブルなどを避けることが可能です。

口座振替も同様ですが、ポイントのことを考えると、口座振替よりも断然クレジット引き落としの方がお得ですね。

 

メリット③:家計簿管理が簡単に!

現在、家計簿を簡単に付けられるwebサービスや、アプリケーションは様々ありますが、ほとんどのサービスが、クレジットカード登録が可能となっており、引き落としが発生すると、自動で、◯◯代 ×××円といったように、何にいくらかかっているかということが、一目瞭然に!

毎月払っているけど、結局一年でどれぐらいかかっているのか?や、先月に比べてガス代はどれくらいかかったんだろう?などの見直しが簡単になることで、新たな節約の第一歩につなげることが可能です。

Ramdlon / Pixabay

公共料金払いに適してるクレジットカード選び!

クレジットカードで公共料金を払うならできれば、得をしたい! そう思いますよね。

そんな方のために、クレジットカード選びのコツを紹介します。

何と言ってもポイントの貯まりやすさ。

よく耳にする”ポイント還元率”とは、簡単に言うと、ポイントの貯まりやすさ。

カードを選ぶ際にもこの還元率が高いカードを選ぶことが、ポイントを貯めるコツになります。

一般的にはポイント還元率は、0.5%(例:1000円使うと5円貯まる)のものが多いですが、カードによっては、1%だったり、高いもので1.75%も貯まるようなカードもあるのでしっかりと選ぶことが大事です。

しかしながら、通常還元率が高いカードには、年会費であったり、ポイントの利用可能期間、利用額に応じた特典などがあったりするので、気をつけましょう。

また逆に、還元率が低いカードは、年会費無料、ポイント永久利用可能、その他お得なボーナスポイント特典などがあることがありますので、普段のライフスタイルや、クレジットカードの利用額から考えてクレジットカードを選ぶことをお勧めします。

具体的なクレジットカード選びの方法は別の記事で紹介します。

 

ポイントの使いやすさ

固定費をクレジットカード払いにしたのはいいものの、結局ポイントを利用せずに消滅してしまったなどという話もよくあります。

クレジットカードの会社によって、溜まったポイントを、ネットショッピングに活用できたり、現金還元ができたり、マイルや商品券と交換できたりなど、さまざまなポイントの利用用途があるので、ポイントの使いやすさという点から、クレジットカードを選ぶことも大切な点です。

 

請求時割引ができるカードも!

ここまで、固定費の支払いにより、ポイント還元がされるという点でクレジットカードをおすすめしてきましたが、実はクレジットカード会社によっては、請求時割引をしてくれる会社もあるのです。

このタイプのクレジットカードであれば、ポイントを貯められるだけでなく、そもそも支払う固定費を割引された形で支払うことができるので、一石二鳥でお得なのです。

 

手続き方法は?

基本的に手続きは最初の1回で完了、その後は毎月自動で引き落とし。

口座振替をしていたからといって、口座振替をしていた会社に連絡する必要なども一切ございません。

クレジットカードでの公共料金の引き落とし方法を紹介します。

クレジットカード会社のホームペ−ジへアクセス

基本的に、利用しているクレジットカードの会社のホームページには、専用の申し込みページが設けられております。

「クレジットカード会社の名前 + 公共料金 」などで検索するとすぐに見つかるかと思います。

 

公共料金各社のホームページへアクセス

クレジットカード会社のホームページでうまく見つけられなかったという方は、直接公共料金を支払っている対象の会社のホームページにアクセスすることで、手続きをすることも可能です。

 

WerbeFabrik / Pixabay

クレジットカードで賢く節約♪

いかがでしたでしょうか?

毎月の公共料金をクレジットカード払いにするだけで、いままで得られなかったポイントがもらえなんて、嬉しい限りですよね。

今回紹介したもの以外でもクレジットカードで便利にポイントを貯めることで、年間で数千円〜数万円になることもありますので、ぜひ、クレジットカードでの支払いで今後の節約を加速させてみてはいかがでしょうか?

クレジットカードの審査に関する記事はこちら

クレジットカードの審査が通らない? その理由とは。

カードローンとキャッシングの違いについてはこちら

カードローンとキャッシングの違いとは?

fincleQA