専業主婦から社会復帰する前に取っておきたいおすすめの資格とは?




結婚や出産を機にお仕事を辞めて、子育てが一段落した頃に社会復帰をしたいと考えている専業主婦の女性も多いのではないでしょうか。

そうはいっても、お仕事を辞めてから何年間かのブランクを考えると少し不安になる人も少なくないはずです。

海外では、出産や育児で仕事から離れることをブランクではなくブレイクというそうです。

そこで今回は、あなたのブランクをブレイクにするために、助成が専業主婦から社会復帰する前に取っておきたい資格についてご紹介したいと思います。

この資格があれば、少しは自信を持って社会復帰できるのではないでしょうか。

ArtsyBee / Pixabay

社会復帰に資格は必要?

Concord90 / Pixabay

そうはいっても、資格を取るには努力が必要ですよね。

社会復帰より、勉強するということに対してブランクの方が長い人も多いのではないでしょうか。

そもそも、社会復帰に資格は絶対に必要なのでしょうか。

答えは「絶対に必要ではありません」です。

しかし、専業主婦の社会復帰に限らず、就職や転職の際にも資格を持っているということが「有利になる」ということは多々あるんですよ。

さらに、資格を持っているということは面接などを受ける際にも自信になるので自己アピールも上手くいくかもしれませんね。

それでは社会復帰に役立つ資格とは?

専業主婦の社会復帰には資格が有利になるということがわかったところで、一体どのような資格を取ればよいのでしょうか。

ここでは、社会復帰に役立つ資格についてご紹介させていただきますので一緒に見てみましょう。

人気のある医療事務!

医療関係の施設で事務員として働く際に、役に立つ資格です。

医療施設にいったことのある方ならお気づきでしょうが、事務員の多くが女性ですので女性に人気の資格でもあります。

医療事務は事務職ですので、あまり体力が必要ないことから、年齢を重ねても続けていけるのも魅力的ですよね。

雇用形態が、正社員・パート・アルバイトなど様々なので社会復帰するのにはおすすめの資格です。

在宅受験が可能な調剤薬局事務!

調剤薬局での事務員として働く際に、役に立つ資格です。

受付や会計、レセプト(調剤報酬明細書)の作成や保険の確認など薬剤師をサポートするお仕事です。

レセプトを作成する事に関しては、医療事務と同じですが調剤薬局事務では薬剤に限定されているので少し勉強しやすいのではないでしょうか。

高齢化社会に不可欠な介護事務!

高齢化社会で増えている介護施設で事務員として働く際に、役に立つ資格です。

介護事務のお仕事は、レセプト(介護報酬請求業務)の作成や受付や電話応対から、スタッフのシフト管理や備品の管理など、事務全般を担当することが多いお仕事です。

仕事の幅が広いとは行っても、デスクワークが中心ですので年齢を問わず働けるので、幅広い年齢層の女性に人気の資格です。

雇用形態が幅広い歯科助手!

歯科医院で歯科助手として働く際に、役に立つ資格です。

受付や会計、歯科医や歯科衛生士のサポートなどの幅広いお仕事に携わります。

とはいっても、実は資格が必ず必要というわけではありません。

資格がなくても、働くことはできるんですね。

しかし、資格を持っていることで基本的な知識を持った即戦力であると判断されるので魅力的な資格ではないでしょうか。

それに、あなたのまわりにも歯科医院というの多くあるのではないでしょうか。

それだけに、家の近くで職場を見つけやすいこともあって女性におすすめの資格です。

全国的に不足している保育士!

保育所で保育氏として働く際に、役に立つ資格です。

出産や育児の経験を最大限に行かせるので、専業主婦から社会復帰を考えている女性におすすめの資格です。

共働きの世帯が多い現代では、保育所や児童福祉施設や企業内の保育所など、活躍の場も広がっており、社会的なニーズも高くなっています。

さらには、保育氏の資格を取得するために勉強したことは、今後の子育てに活かせるところが魅力的ですよね。

事務職には欠かせない簿記検定!

言わずと知れた経理事務や一般事務として働く際に、役に立つ資格です。

経理や会計の基礎的な知識が習得できるので、実務の役に立つ即戦力となれるので人気のある資格です。

試験の日程が、年に3回あるので何かと忙しい専業主婦でもチャレンジしやすいのも魅力ですよね。

さらには、独学でも勉強しやすいのも嬉しいのではないでしょうか。

まとめ

今回は、女性が専業主婦から社会復帰する前に取っておきたい資格についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したのは、ごく一部の資格ですが魅力的な資格がたくさんありましたよね。

子育てが一段落したと入っても、まだまだ育児は続いていきます。

家事や育児を続けなららでも、勉強しやすい資格を選んで、あなたのブランクを素敵なブレイクに変えてみませんか。