資格取得は就職・転職に有利!30代女性におすすめの資格




Pexels / Pixabay

女性の就職や転職に有利なものとして資格の取得が挙げられます。特に30代にさしかかると、ライフイベントと仕事との両立に迷うことが多いと聞きます。しかし、まだまだ体力のある30代ですから、どうせなら迷いを打破する資格の取得に挑戦してみませんか?今回は30代女性におすすめの資格についてご紹介します。

30代女性におすすめの資格3選

janeb13 / Pixabay

30代という年齢は、ライフイベントとキャリアとの間で大きく迷う年齢とも言えます。ただ、もし新しいことにチャレンジしたいと思うのであれば、体力のある今こそその時です。今回は30代女性におすすめの資格をご紹介します。厳選した3つの資格は、難易度もそれなりに高いですが、やりがいのある仕事につながりますよ。

 

行政書士

弁護士や司法書士といった資格に並ぶ、法律を扱う国家資格です。私たち国民と行政とをつなぐ架け橋になる資格となり、法律の知識を使って困っている人を助ける仕事と言えます。

仕事内容の幅は広く、「弁護士や司法書士ができない仕事全て」とも言われています。法律に関わる書類の作成や手続き代理が主な仕事ですが、行政書士が扱うことのできる書類はなんと数千種類とのことです。業務の幅が広いため、行政書士の方々はある一定度ジャンルを定めて業務を行っています。街中をよく観察して見ると、行政書士の事務所がたくさんあることに気づくはずです。

独立して開業することもできるので、ワークライフバランスを自分で調整することもできるので、家庭との両立を目指す女性におすすめの資格です。

 参考文献:ユーキャン 行政書士講座(2017年著者調べ)

 

社会保険労務士

通称「社労士」と呼ばれるこの資格も国家資格です。人事・労務管理や年金や医療保険といった社会保険に関わる分野で活躍できる資格となっています。今職場に勤めている方は、社労士の恩恵を受けているのではないでしょうか。社労士は働いている人の雇用や労働条件について指導、相談を行っています。企業内で活躍している人と、独立し開業して活躍している人がいます。

少子高齢化が進む世の中で、年金制度などについて社会保険の正しい情報を求める人は増えてくることでしょう。そんな人のために活躍できる資格なので、このご時世必要不可欠な存在と言えます。

参考文献:ユーキャン 社会保険労務士(社労士)講座(2017年著者調べ)

 

中小企業診断士

国家資格である中小企業診断士は、経営に携わる資格となっています。会社の目標の基盤は「売上の向上、コストの削減、利益の向上」ですが、この資格を取得すると、その基盤を達成するためのアドバイスを行うことができます。また試験範囲が経営における大切な分野を網羅しているため、そのまま今の業種、例えば営業や経営管理など、にいかすことができます。独立しなくとも、企業の経営状況を把握でき、仕事の幅がぐっと広がります。

参考文献:ユーキャン 中小企業診断士講座(2017年著者調べ)

 

Pexels / Pixabay

30代からのキャリアアップのコツ

30代は、ライフイベントとキャリアの狭間で揺れ動く年齢とも言えます。しかし、ここからキャリアアップを狙うためには、就職活動の時に経験した自己分析そのものではありませんが、自分の描きたいキャリアビジョンを明確にする必要があります。

 

壁を乗り越えよう

30代になると、転職にするにしても求人ががくんと減る現実があります。今までを振り返り、これからを考えた時に「このままでこの仕事を続けるべきか」と迷いやすい時期です。しかし、この壁をポジティブに捉えましょう。不安に思うことがあっても問題ありません。むしろその不安をしっかりと把握し、解消する努力が大切です。責任感のある仕事を任されたことへのプレッシャーなのか、結婚や出産といったライフイベントへの不安なのか、自分自身で把握し、これからどうしたいかを考える絶好のチャンスです。理解を深め、壁を乗り越えていきましょう。

 

キャリアビジョンを明確にする

もしあなたがワークライフバランスを重視した働き方をしたいのであれば、在宅や独立開業できるような資格の取得に力を入れることをおすすめします。場所にとらわれることなく働くことのできる仕事で、家庭との両立をはかりましょう。

責任感のある仕事を持ちたい場合には、今自分が持っているキャリアや強みを活かせるような資格を取得することをおすすめします。それこそ経営や管理側にたてるのであれば、中小企業診断士など経営に携わる資格を取ってみませんか?幅広い視野で仕事に取り組めることでしょう。

 

まとめ

30代という年齢は、20代の頃とは違う、仕事や生活における迷いが生じるかと思います。ですが、その不安をバネに資格を取得してみましょう。きっと理想の働き方が見えてきますよ。