どんな資格が武器になる?主婦でも取れるおすすめの資格とは

子育てや家事で大忙し。これって主婦には待ったなしの「仕事」ですよね。ご主人の支度も、洗濯も、炊事も、みんな主婦が頑張って家庭を切り盛りしています。日本では、出産後離職して再就職のできない方が、統計で600万人を超しているというデータが出ています。それにはいろんな理由があるのです。

筆者にも子供が3人、主人は子育て・家事に一切手を貸しません。学校に通いだすと役員にならないといけなかったり、いろいろと女性には忙しい理由がついて回ります。

しかし、子供たちはいずれ大きくなり、親の手から徐々に離れていきます。小学校から中学校、高校、大学へと大きくなればその分自分のこともできるようになり、親はその進学への道をサポートする方に回って、その内自立を果たします。進学するのにはたくさんの資金が必要だったり、自立した後は、自分の老後や親の介護、時間を取られることはまだまだ多いですが、仕事をしないことには収入もないし、ご主人の勤め一本だけでは、これからの社会情勢が良くも悪くもなるので不安がつきものです。

資格というのは多方面で活躍します。独立起業してフリーランスとして活動している女性もいれば、資格を使って転職をする人だっているのです。子育て中はその資格を取るチャンスの時間ともいえます。親が学んでいる姿を子供に見せることで、同じように勉強はしなくてはいけないんだなと悟るようになります。それでは、どんな資格が女性の武器となり、活躍できるのか、どういう有効活用の仕方があるのか、ご紹介します。

PublicCo / Pixabay

 

資格を取る前に、ライフワークを考える

cuncon / Pixabay

あなたは今、自分の過ごしている時間をどうとらえていますか?まったく時間がない、子供たちが寝たら自分の時間、わりと子供たちも手を離れてきたので少し時間があるなど、日々忙しいと感じる人もいれば、わりと余裕があって退屈しているという方もいるでしょう。

しかし、資格が取れて自分の好きなように仕事ができるようになった時には、どうでしょうか。筆者もそうですが、フリーランスで独立して自分で仕事を獲得し、収入を得ている女性や主婦がとても増えています。フリーランスなので自分の好きなように時間を使え、仕事も自分のペースで行えるのでとても便利です。

ただし、好きな事ばっかりしているとまったく収入がなくなるので、節度を持って仕事の時間とプライベートの時間を分けて仕事をしていくととても充実した生活を送れます。ではどんな資格がフリーランスとして、または主婦として便利な資格なのかご紹介します。

主婦でも仕事に活用できる資格

①ハンドメイドクリエイター資格

liccastyle / Pixabay

子育てをしていても、その合間にできるのが、この「ハンドメイドクリエイター」の特権です。実際は資格なんてなくても「ハンドメイドクリエイター」として名乗れますが、例えばお店を持った時や、ネットショップなどで販売したりする際に、資格を持ったクリエイターですというだけでも、多少インパクトがあります。

また、ハンドメイドクリエイター資格は通信教育で取得でき、自分の好きなジャンルだけでなく、いろいろなジャンルの作品の作り方などを習得できます。幅も広がり、様々な作品を生み出すことができれば、偏りなくオールジャンルを作ることができるので仕事として受注を受けることもできるようになるでしょう。そのためには、日々手を動かしながらデザインなども流行・トレンドなどを取り入れ作品を作り続けることが大切です。

売れるようにするためにはどうすればいいかのノウハウも受講内容に入っていますので、主婦としてクリエイターとしてフリーランスで活動したい方にはお勧めです。ただし、作り続けることができないと収入となる作品ができないため、それなりの営業スキルや作り続ける根気が必要でしょう。

②WEBデザイナー資格

WEBデザイナー資格はサイト構築のすべてに携わるノウハウを取得できる、インターネットのプロとして活躍できる資格です。老舗やインターネットに詳しくない企業がクラウドソーシングで外注し、フリーランスの方々に仕事を提供、または採用しているということがあります。完全在宅でできますし、納期だけ必ず守れば、一件数万円単位で大きな収入の入る仕事であることは間違いありません。

ご夫婦でフリーランス活動をしているという方もいるくらいで、他企業との取引もできるようになり、かなり有効な資格と言えます。この資格も通信教育で取得できますので、子育ての合間にも勉強して取得することは可能です。多少難易度はありますが、一生涯の資格としても使えますし、日本だけでなく海外でも通用するようになりますので、方向性はいくらでもあるのではないでしょうか。

③ネイル・エステティシャン・リフレ系の資格

zhimin / Pixabay

 

筆者の周りにもたくさん起業家がいますが、特に多いのが美容系です。ネイリスト、エステティシャン、リフレ系など美容系の資格を取得し、自宅で施術を行っている方がいます。また、出張ネイルとしてフリーマーケットや、イベントに参加して活動を広げている方もいるので、こういった美容系の資格は需要が高まっています。

女性はいつまでもきれいでいたいものです。また疲れをいやしたかったり、細身になりたいという方もたくさんいます。その希望と提示価格・施術内容がドッキングすれば、お客様の獲得はできます。エステティシャンやリフレ系はサロンに勤務しながら取得するのが一般的ですが、ネイルアートの資格は自宅でも通信講座で学び、試験を受ける知識をつけることができます。ちょっとしたプチ起業にもおすすめです。

④ファイナンシャルプランナーや心理カウンセラーなどのカウンセラー資格

相談する人はできるだけ詳しい人がいい。どのジャンルにも言えることですが、特に悩みを抱えるのは女性が多いですよね。お金にしても、心の悩みにしても、女性同士で話を聞いてもらえるというのは、お互い共感できる部分も多く、相談に乗りやすいということもあります。

子育てにつかれてうつ病になりそうな方や、いくら働いてもお金がたまらない、そんな方々に役立つ窓口を作れるのがこの資格です。また、この資格を持っていると、転職にも非常に有効です。個人で営業をかけなくても、子供たちが手を離れてきてどこかに勤めに出たいといった場合、ファイナンシャルプランナー資格では、銀行系や不動産への就職にも活かせますし、心理カウンセラーは病院や行政などの安定した企業で働く事も可能です。

自宅で起業しようと思うと非常に大変なことも多いのですが、資格として取っておけば、後々武器として発揮できる有効な資格と言えるでしょう。

⑤ナチュラルフード、ハーブティーコーディネーター

silviarita / Pixabay

ハンドメイドサイトでも2016年から飲食品の物販が導入され、注目されているのがナチュラルフード、ハーブティーの販売です。健康志向が高まっているこの日本では、ハーブの力や、できるだけ無農薬・無添加で体に優しい食べ物や飲み物などに注目が集まっています。特にハーブは栽培の方法もさほど難しくなく、化学薬品ではない自然の力で体調不良を改善する力があるといわれています。

昔は生薬と言って草や木、動物の血や肉などを食して体の不調を整えてきました。ただし、ハーブで体調不良が完璧に治るということではないので、あまり強くは言えませんが、こういったナチュラルフードやハーブの資格を持って自己栽培や仕入れを行い、ブレンドして販売している方もいます。お家でガーデニングやお料理、栽培を楽しみつつ、仕事として販売してみるのもいいのではないでしょうか?

女性だからできること

ijmaki / Pixabay

女性というのは男性よりもとても器用です。一つの作業をしながら違うことができるという器用さがあります。また、感情を含めて誰かのために何かをしてあげたいという本能もありますので、資格を有効活用して人を支える仕事に就くのに向いているといえるでしょう。あるところでは、子育て中のお母さん達で団体を作って化粧品を作り上げたり、デザインを企てて、住宅メーカーと協力して住宅を作ったり、イベントを運営しているという団体もあるくらいです。女性は器用でとても活動力があり、意欲的に取り組めます。仲間がいるとさらに心強いですよね。

子育ても忙しいかもしれませんが、その片手間に資格を取るということができるのも、女性であり主婦に与えられた時間ではないでしょうか。また、日商簿記や検定類なども転職にもいかせますし、時間があるのであれば、たくさん学ぶことで子供たちにも学ぶことの大切さを教えられるいい機会になります。

お客様が女性なら、女性のスタッフにやってもらいたいという思いが強いように、異性にマッサージや施術、相談に乗ってもらうなどをしてもらうのはとても勇気がいります。女性ならではの悩みを男性に相談した時、「本当にわかってるの?」と不信感を抱いたことはありませんか?同じ女性であれば、悩みにあった体験もしてきているでしょうし、女性だからこそ悩む案件があります。カウンセリングや相談は女性同士だからこそできるいい話し合いやご提案ができるのではないでしょうか。

リフレや美容系の利用客層は女性が多いように、女性の悩む体質やツボ、心地よさをピンポイントでついて提供できることから、女性が資格を持つことはとても有効であり、強みになるでしょう。

まとめ

ひと昔では、格差差別というような言葉がよく耳にしましたが、どんなことでも仕事にできるようになってきました。資格を持っていれば専門的な知識を活かして転職やフリーランスとして活動することもできます。フリーランスになってみて、時間を気にせず、仕事するときはきっちりと仕事をして生活を豊かにできたら何も言うことはないですよね。資格だけ取れても、活動力がなければフリーランスとして成立はしません。どんどんアプローチをかけていきましょう。

資格は女性・主婦の武器になります。ぜひ自分に合った働き方・一生涯の過ごし方を考えてみてはいかがでしょうか?普通に過ごすより、より充実した生活が送れるようになるかもしれませんよ。

参照元:通信教育.com(2017年著者調べ)

 

 

 

 

 

fincleQA