手間は禁物?!副業で効率よく稼ぐためのコツとは

大手企業の副業解禁のニュースが一時期話題となりましたね。それでもまだまだ会社規則の上で副業がNGという会社も多いかもしれません。が、このご時世副業や”複”業で稼ぎ口を複数構えていた方が、不測の事態に対応しやすいのではないか、と考えています。

そんな話題の副業ですが、やはり大事なのは効率よく稼ぐことなのではないでしょうか。ただでさえ本業が忙しいのに、副業に手間暇をかけすぎて体調管理が疎かになり、倒れてしまう・・・とまではいかなかったとしても、本業・副業両方がうまく回らなくなるのは困りものです。

そこで今回は効率よく稼ぐコツについてご紹介していきます。

Unsplash / Pixabay

 

効率よく稼ぐコツとは

fancycrave1 / Pixabay

副業を始める理由は人それぞれ違います。純粋にお小遣い稼ぎとして、本業の稼ぎだけでは足りないからという人、私のように昔からやりたかった仕事を副業としてやってみる、なんて人もいます。ただ副業はあくまで副業、本業が疎かになるような仕事は避けた方がベターです。

そこで重視すべきはやはり「効率性」でしょう。本業の合間に効率よく出来る副業こそが、本業と同時進行で進めやすい仕事と言えます。

いつでもどこでも出来る仕事を探す

効率性を重視するとなると、やはり「いつでもどこでも出来る仕事」というのは重要なのではないでしょうか。それこそ本業の合間、休憩時間や通勤時間、寝る前のわずかな自由時間などに出来る仕事というのが副業として向いていると思います。

副業の中には、本業同様勤め先があったり、設けられた場所で仕事するものもあるでしょうし、その状況での仕事が苦ではないのであれば問題ありませんが、本業の合間に稼げることが副業の在り方としては負担になりにくいのではと考えています。

パソコン1台、スマホ1台で出来る「サイトアフィリエイト」や「不要品販売」「アンケートモニター」は、「いつでもどこでも出来る仕事」として最適なものと言えます。

リスクを回避する

ただ上記で紹介したもの以外にも、「いつでもどこでも出来る仕事」は存在します。「株式売買」なども「いつでもどこでも出来る」副業と言えるかもしれませんが、副業初心者にとって、また私のように上級者とまではいかない人にとっては少々リスクが大きいかと考えています。

損をする可能性に対して、不安を感じる割合が大きい人は「株式売買」は避けるべき副業かもしれません。このようにリスクをある程度回避することも、効率良く稼ぐためには必要なことです。損切りではありませんが、自分にとって効率良く稼げるとは思えないものは、無理して続ける必要はありません。

目的意識を持つ

リスク回避をするためにも必要ですが、副業をする目的について意識を持つことは重要です。なぜかと言うと稼ぐ目的、稼ぐ価値基準を定めておくことで、自分と副業内容の向き不向き、何が手間だと感じるのか、どのくらいの稼ぎを得たいのかがはっきり定めることができるからです。

「何となく稼ぎたい」では、実際に稼いだ額が大きかったとしても、その額に見合わない手間暇や時間、経費がかかっていて、結果的に副業で十分な稼ぎを得られた感覚にはならないと思います。

例えば私にとって「不要品販売」は効率よく稼げる副業ではありません。写真撮影や商品紹介文を考え記載するのに時間がかかり、時給換算するとそこまで儲けが良くないと判断したからです。もちろん部屋を断捨離したいという目的が「稼ぎたい」を上回っていたのでフリマアプリを活用することはできましたが、副業として続けていくには向いていないと判断することができました。

副業の注意点とは

Unsplash / Pixabay

副業は本業ではない稼ぎ口から収入を得られるため、普段の生活に潤いの増す素敵な仕事だと考えています。でも世の中そこまで甘くありません。副業が本業の稼ぎを超えている人もいますが、そのような人達は稼ぐための努力を続けてきたから稼げているのです。副業をする上で注意しなければならない点を最後にお話させてください。

すぐに稼げる安易な方法はない

時々インターネット界隈で「たったコレだけで30万円」のようなキャッチコピーを見つけることがありますが、そう簡単に稼げる安易な副業など存在しません。どうしても目先の報酬や「簡単」「手間がかからない」といった文章に惑わされがちですが、安易に大金を稼げることはまずありませんので、副業選びには十分注意してください。

「アンケートモニター」などは隙間時間に出来る簡単な副業ですが、簡単に出来る分報酬はどうしても少なめです。ただ私の場合、隙間時間にゲームや携帯をいじって通信費用を発生させるぐらいなら、数円でも稼ごうと思って取り組んでいます。手間暇とそれに見合う報酬に関する価値観は、副業を行うあなたの価値観次第で変わるものです。

副業に手間取られてはいけない

加えて本業と副業のバランスが取れるようにしましょう。冒頭でも話しましたが、本業も副業も手が回らないという状況はあまり好ましくありませんね。寝る時間を割いてでも楽しめるのであれば、健康にさえ気をつけていただければ構わないとも思いますが、副業するのがつらくなってしまってはあまりにも悲しいです。副業に手間取られないバランスを心がけましょう。

まとめ

結局、複業で効率良く稼ぐためには、手間暇と報酬のバランスや稼ぎたい金額を定めた上で、自分に合った副業を判断する他ありません。私の場合、現在はライターとして活動していますが、今までやりたかったことに挑戦するという理由から「絵を描くこと」を”複”業としています。

皆さんが望む「稼ぐ」目的の副業とは違うかも知れませんが、「自分の人生だから楽しく働きたい」という目的に見合った複業だと考えています。自分が望む収入と、自分が許容できる手間を十分理解した上で、副業に挑戦してみてください。

fincleQA