バイト先での人間関係が上手くいかない!そんなときの対処方法とは?




学校の友人やご近所さん、ママ友さんなどであれば同世代であったり同じことを学び、同じような環境で育っているので、人間関係は比較的良好に保ちやすいですよね。

しかし、バイト先となるとどうでしょうか。

バイト先というのは、学歴も住まいも世代もバラバラな人たちが、お金を稼ぐために集まってきています。

ですから、何かと合う人や合わない人が出てくるのではないでしょうか。

とはいっても、せっかく採用されたバイトですから、合わない人がいるからといって、すぐに辞めるわけにはいきませんよね。

そこで、今回はバイト先での人間関係が上手くいかないときの対処方法についてご紹介したいと思います。

Ben_Kerckx / Pixabay

バイト先で人間関係を良好に保つ対処方法とは?

geralt / Pixabay

様々な世代や環境の人が集まってくるバイト先。

とはいっても、合わない人とも人間関係を良好に保って働き続けたいですよね。

バイト先に合わない人・苦手な人がいても働き続けるためにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、人間関係を良好に保つための対処方法についてご紹介させていただきますので一緒に見てみましょう。

元気に挨拶をする

まずは、基本中の基本ですが元気に挨拶してみましょう。

明るく元気な挨拶は、周囲も明るくしてくれます。

あなたが元気に挨拶をすれば、周りにも元気で頑張っているという印象が伝わるのではないでしょうか。

そうなると、周りからも話しかけやすく親しみやすい人だと思われ、評価も上がると思いますよ。

ただ、気をつけることは声の大きさと話すスピードには気をつけましょう。

声の大きさはいつもより少し大きめで、話すスピードはテレビなどでアナウンサーの方が話すスピードを心がけるとよいのではないでしょうか。

お助けマンになる

次に、周りの様子をよく見るようにしましょう。

そして、困っている人などがいれば、自分の作業に余裕があるときにはお助けマンになって助けてあげましょう。

一緒になって何かに取り組むと、達成したとき自然と親しく話せるものです。

普段はあまり話しをしないような人こそ、一緒に困難に立ち向かうことによって打ち溶け合ってみてはいかがでしょうか。

感謝の気持ちを言葉にする

最後に、感謝の気持ちはキチンと言葉にして伝えましょう。

感謝の言葉を聞いて、気分を悪くする人はいないと思いませんか。

ですから、積極的に言葉にして相手に伝えれば、人間関係を良好に保てると思いませんか。

人間関係が良好なバイト先かを入るために見極めるには?

Unsplash / Pixabay

とはいうものの、バイト先に採用されてしまってから人間関係が悪かったと苦労はしたくないですよね。

そこで、面接を受けようと思っているバイト先の人間関係が良好かどうかを見極めるポイントをご紹介したいと思いますので一緒に見てみましょう。

スタッフや職場のココを見てみよう!

人間関係が良好かそうではないかを見極めるポイントは、スタッフや職場をみるとわかることが多いんですよ。

スタッフの身だしなみはキチンとしていますか?

スタッフ同士のやり取りはスムーズに行われていますか?

スタッフの方は愛想がよく親しみやすい方でしょうか?

職場の玄関先やトイレの清掃はキチンと行われていますか?

意外かもしれませんが、こういったところに人間関係が良好かどうかが隠されているんですよ。

もし、人間関係が良好な職場であれば教育も行き届いているので、職場はキチンと清掃されており、接客も気持ちのよいものである可能性が高いんです。

スタッフの方が、明るく楽しそうに働いていれば、人間関係でのストレスも少なく、職場の人間関係が良好に保てているのではないでしょうか。

職場が見れない場合は聞いてみよう!

もし、スタッフや職場を見ることができない場合には、面接のときにそれとなく聞いてみましょう。

面接などで担当者に質問する機会があれば、こう聞いてみましょう。

プライベートなお話をされたりしますか?

どんな方が優秀だと感じますか?

スタッフの方はこの仕事のどこにやりがいを感じていますか?

最初のプライベートな話をするか否かは、スタッフ同士のコミュニケーションの度合いがわかりますよね。

2つめと3つめのの質問では、担当者がいかにスタッフを見てキチンと評価しているかということがわかるんですよ。
これで、職場の環境の良し悪しやチームワークの良し悪しを垣間見ることができますよね。

まとめ

girochantal / Pixabay

今回は、バイト先での人間関係が上手くいかないときの対処方法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

合わない人や苦手な人にはしない行動かもしれませんが、仲良くしている人には意外といつもしていることではありませんでしたか。

そう、合う・合わない、得意・苦手などのわけ隔てなく接することこそが良好な人間関係を保つ秘策かもしれませんね。