副業して稼ごう!人気の副業3選と今話題の”複業”について。

現在あなたは副業をしていますか?メディア報道でも大企業が副業を解禁したことが話題に挙げられています。副業をする理由は人によって様々ですが、やっぱり一番の理由は「お金を稼ぐ」ではないでしょうか。

今回は副業でお金を稼いでみたい人必見の人気の副業と、お金を稼ぐ人の間で話題の”複業”についてお話します。副業と複業の違いや、複業するのをおすすめする理由についてご紹介していきますよ。

引用元:photoAC

 

まずやってみたい!人気の副業3選

引用元:photoAC

まずは人気の副業について見ていきましょう。人気の副業は、サラリーマンや主婦など、本業がどのような職業であっても比較的取り組みやすいものが多く挙げられています。やはりあくまでも”副”の仕事ですから、時間がかかりすぎるものや手間がかかるものはちょっと遠のけたいですよね。

初めて副業に挑戦するという方は、今回紹介するような比較的楽に始めることのできる副業から取り組んでみて、その中から自分に合ったものを選択していくことをおすすめします。

ポイントやモニターで地道に

空き時間などを利用して地道にコツコツ稼いでいきたいという方におすすめなのが、ポイントサイトやモニターによる副業です。ポイントサイトやモニターは決して「大金をすぐに稼げる」という副業ではありません。もちろんそんな副業は存在しないと考えた方が得策なのですが笑。

ただポイントサイトなら、得られる金額は少ないものの、5分や10分の隙間時間をうまく活用することができます。暇潰し感覚でスマホやパソコンをいじっているとお金が得られる、そう考えると何だか得した気分になりませんか?

モニターもおすすめです。モニターは現金収入にはつながらないこともありますが、圧倒的なお得さで化粧品や美容、食品などを体感することができるので、コスパ的には最高かと思います。うまく活用すれば節約にもつながるので、一度試しておくべき副業としておすすめです。

クラウドソーシングサービスで黙々と

もっと自分の能力を使って稼ぎたいと思っている方におすすめなのが、クラウドソーシングサービスを活用した副業です。大手クラウドソーシングサービスには「ランサーズ」や「クラウドワークス」が挙げられます。これらに登録して、様々な仕事に挑戦してみませんか?

例えばエクセルやワードが使える場合には、データ入力などの黙々とこなすことのできる仕事も用意されていますし、記事執筆を行うライターの仕事や、イラスト・デザイン関連の仕事、WEBプログラマーの仕事なども用意されています。

本業では自分の得意を活かしきれていないけど、副業では存分に得意を活かして仕事をしているという方も中にはいます。得意を活かして仕事をするうちに、副業の収入が本業を超えてしまった人ももちろんいます。

不要品や転売で稼いでみる

物を売る商売を副業にしてみたい、と考えている人におすすめなのが不要品や安く仕入れた品を使った副業です。フリマアプリやネットオークションを利用して商品を売買する副業です。

もちろん虚偽や不正があってはいけませんが、自宅にある着ない服や雑貨、本などを、しっかり状態を整えた上で自分で価格を設定し、フリマアプリやネットオークションで販売すると、古着屋や古本屋で買取を依頼する以上の収入が得られることがあります。

売れる写真の撮り方や取引が動きやすい時間帯など、研究や工夫を重ねれば重ねるほど、売れる商品が分かってきて面白くなってくる副業でもあります。上記2つに比べると手間や時間はかかりますが、得られる額は比較的大きいので、まずは自宅にある不要品から売ってみませんか?

 

”複業”って何?!

引用元:photoAC

副業解禁した企業も多く存在していますが、同じ「ふくぎょう」でも”複業”という言葉も見かけるようになりました。漢字が表している通り、複数という意味を持つ複業ですが、どのような理由で発展したのでしょうか。また何故複業がおすすめされているのでしょうか。

複数の稼ぎ口をつくる

複業は、様々な雇用形態で稼ぎ口を複数個もつことで、収入を得るといった働き方です。副業という言葉に比べると少々大変に思えるかもしれません。片手間で手軽に、というイメージよりは自分の中にあるクリエイティブな部分を存分に発揮する必要があると言えるでしょう。

また「機械が人の代わりに仕事をする時代」が迫っていると言える昨今、複数の稼ぎ口を設けて、人にしか、自分にしかできない仕事をもつことが、機械に仕事を奪われないための唯一の手段とも言えるのです。

会社に所属する=安定ではない?!

現代社会において、安泰かと思われていた大企業が経営難に陥ったり、買収されたりと、サラリーマンというイメージに抱かれていた安定・安心感は失われつつあります。終身雇用形態や年功序列の考え方にも変化が生じていますし、東日本大震災など天災による被害も”雇用への絶対的安心感”を薄れさせた原因の1つと言えます。

厳しいことを言うようですが、会社に所属しているから一生安泰とは、もう思えないのが現状です。副業から始めて、複業し、自分の力で稼ぐことのできる人間にならないと、社会的困難に立ち向かうことはできないと思っても過言ではないのです。

まとめ

人気の副業は、初めて挑戦する人が片手間で出来るものから、時間や頭を使い上手に稼いでいくものが人気となっています。また一つの会社に雇用されることへの安心感が薄れてきた昨今、自分の力で考え稼ぐ力が必要とされています。副業から始めて、積極的に”複業”することで、自分の力で稼げる人になってみませんか?

fincleQA