【2018年11月7日】仮想通貨市場ニュース4選!

こんにちは!fincleライターのゆうやです!

今回は、2018年11月6日から11月7日に起こった、仮想通貨市場のニュースをいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います!

 

ビットコインの価格

2018年11月7日11: 33現在、TradingViewの提供によりますと、ビットコインの価格は74万1451円となっています。

少し価格が上がっていますね。何かニュースがあったのでしょうか。

では早速、ビットコインに関連するニュースを見ていきましょう。

マイニング大手のビットフューリーが約90億円を調達!電通も参加

ビットコインマイニング企業のビットフューリーは11月6日、私募により約90億円の資金調達に成功したと発表しました。ビットフューリー幹部は「財務戦略上の選択肢が広がった」と語っています。

 

※マイニング=新たなブロックチェーンを生成して、世界中で行われた仮想通貨取引の正当性を確認することです。

※ブロックチェーン=通貨取引の正当性を、民主的な方法で確認する仕組みです。これまでは銀行や企業など、ある一つの組織が中央集権的に管理していた従来の方式を覆すかもしれないとして、インターネットに匹敵する大発明だといわれています。

マイニングとブロックチェーンについて詳しく解説した記事があるので、気になる方は是非ご覧ください!

ブロックチェーン・マイニング・フィンテックを分かりやすく解説!!

投資家は仮想通貨の価値を判断する時、「マイニングを行う人の数」を重視します。

この数が多ければ、マイニング作業をより民主的に運用することができるようになり、取引の正当性をより強固に示すことができることで、その仮想通貨の信用が上がる、と考えるからです。

今回のようなニュースが増えることで、ビットコインの信頼も上がっていくことになりそうですね。

電通さんにも頑張ってほしいです!

仮想通貨の確定申告、オンラインで完結可能になるか!

クラウド会計ソフトを手掛けるfreeeと仮想通貨業務のAerial Partnersは11月6日、仮想通貨の確定申告をすべてオンライン上で出来るサービスを開発中と発表しました。

また、確定申告を税理士に任せたいプランを提供する事も合わせて発表されています。

こういうサービスが増えて、仮想通貨に関する税金の申告の手間が減らされていけば、仮想通貨をやってみようという人が増えるかもしれないですね。

仮想通貨決済が空港送迎タクシーで導入!

仮想通貨交換業者のビットポイントは11月6日、日の丸リムジンと共同で仮想通貨決済の実証実験を行うと発表しました。羽田・成田両空港の送迎タクシーでビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムによる決済を導入するとのことです。

国内では個人タクシーが一部で導入しているものの、大手の事業者が導入するケースは、日本初だそうです。

実証期間は11月6日から1月6日までで、仮想通貨決済を利用するにはビットポイントの口座を持っている必要があります。

ビットコインで決済できるというと、ビックカメラやDMM.comなどが思い浮かびますが、こうやって仮想通貨で決済できる機会が増えていくと、仮想通貨がいよいよ通貨らしくなってきましたね!

政府も今、キャッシュレス化をどんどん推し進めようとしている動きとも、流れが一致しています!

ステーブルコインTether(テザー)の提携銀行、資金洗浄の疑い

11月1日にTether(テザー)はDeltec Bankと提携して、Tetherを裏付ける十分なドルが同銀行に保管されていると発表したばかりですが、そのDeltec Bankにマネーロンダリングした疑惑がもたれています。

ブラジル企業DERSAの元ディレクターであるPaulo Vieira de Souza容疑者は、2500スイスフラン(約28億円)をパナマに拠点を置くNantes Groupに送金したと見せかけて、Deltec Bankに送金した疑いがもたれています。

Tetherには、発行したTetherと同じだけの米ドルを同社がもっていないのではないかと常に疑われていますが、黒い噂が消えるのはいつになるのでしょうか。

終わりに

今回はこの4ニュースをピックアップしてみました!

今回の記事ではタクシーや税金のことなど、身近な話題が多かったですね!

今後もビットコイン関連のニュースに注目していきましょう。

以上ゆうやがお伝えしました!

1 個のコメント