結婚式費用を節約したい!美容面でできるおすすめの節約法とは

scottwebb / Pixabay

ご結婚おめでとうございます。結婚式を挙げるなら、思い出に残る最高の結婚式にしたいですよね。とはいえ結婚式にかかる費用を見てみると、結構な出費になることが分かります。ほんの少しでも結婚式の費用を節約したい!と思う方は少なくありません。中でも美容費は、綺麗なウエディングドレスを着るために、妥協したくないけどお金はかけたくないという複雑な位置にあることが多いでしょう。そこで今回は私が実践した、美容面でできるおすすめの節約法をご紹介します。

 

ブライダルエステの節約法

nawonil / Pixabay

私ははじめ徹底的に節約しようと、全て自分で出来る美容法を実践しようと思ったのですが、最初で最後の記念になる式ですから、やっぱりブライダルエステを体験してみたいと思いました。そこで、ブライダルエステを受けつつ節約するための方法をご紹介します。

 

体験コースをフル活用

ブライダルエステは様々な美容クリニックやエステサロンで行われているコースです。エステにかかる費用って結構高額なんですよね。ただ節約すると決めたら妥協することなく、様々なサロンで紹介されている体験コースをフル活用してみましょう。サロンは継続して通ってもらうために、体験コースを非常にお手軽な価格で紹介しているところが多いです。結婚式の直前だけ体験コースを使って本物のエステ体験をすることで出費を削減しましょう。

直前だけではなく、きちんと3ヶ月前くらいから受けたいという人の中に、体験コースのはしごをする人を見つけました。サロンの勧誘をしっかり断ることができる人であれば、賢い手段かと思います。

 

美容モニターに登録する

またあらかじめ美容モニターに登録しておくことで、実質無料でエステを受けられることがあります。美容モニターはそのサロンのコースを体験することで謝礼を受け取ることができます。謝礼はそのモニターサイトのポイントや全額ではなく何%かが還元されるだけの場合もありますが、普通に受けるより圧倒的に安く済ませることができます。ドレスを着るのであれば、ワキの処理やウエストラインのケアなどを考えている人も多いことでしょう。ブライダルエステに限定しなければ様々なコースを体験できますよ。

 

理容室の顔そりもおすすめ

「エステサロンの勧誘がどうも苦手で」という人は、街の理容室を探してみてはいかがでしょうか。もちろんブライダルに特化した理容室などは勧誘が待っているかもしれませんが、比較的安価に顔の産毛剃りを行うことができます。顔の産毛剃りは自宅でも出来ますが、理容室でしっかり研がれた剃刀で行うことで顔のトーンが一段と明るくなります。敏感肌の人や剃刀負けしやすい人にはおすすめできませんが、サロンに足を運ぶよりは通いやすいのではないでしょうか。

 

自宅でのケアで節約!

Pexels / Pixabay

結婚式の美容面で節約したいのであれば、自宅ケアは欠かせません。結婚が決まる前からも、しっかりスキンケアやボディケアを行っているとは思いますが、結婚式の直前は、少し高価な市販の化粧品を使い切る気迫で、ケアに臨みましょう。

 

日々のケアは欠かさず

普段から行っているケアは欠かさず行いましょう。化粧水や乳液、腕や足などの乾燥しやすい場所への保湿は忘れずに行います。そして結婚式の日程が決まり、ドレスも決められたのであれば、ドレスから見える肌の部分を重点的にケアするよう意識しましょう。ロングドレスを着る人が多いと思いますから、足のケアは普段通りで大丈夫ですが、肩やデコルテが見える場合が多いですから、リンパマッサージなどを行って、少しでもすっきり見えるように努めましょう。

普段のスキンケアで使う乳液の量を少し多めに取り、首から鎖骨、ワキの下に流れるようにマッサージすると、心地いい上、老廃物が綺麗に流れると言われています。乳液で代用できますから、専用の化粧品を買い足す必要もありません。

 

週に1度はスペシャルケア

また週に1度はスペシャルケアを施してみましょう。ヘアトリートメントやボディスクラブ、顔パックなどがおすすめです。サロンに通うよりは安価ですから、使ってみたかった化粧品を思い切って購入し、しっかり使いきる気持ちでケアするのがおすすめです。

化粧品代も節約したい!という人は料理にも使える材料を使って手作りコスメを作ることでヘアパックやスリミングを行うことができます。例えばハチミツを少量髪を洗う際に用いれば、立派なヘアパック効果が得られます。ハチミツと砂糖、塩を使えばボディスクラブが簡単に出来上がります。

自宅でのケアで大切なことは、式当日まで継続することです。高価な化粧品を購入するだけでは綺麗になれません。地道にケアを続けて式当日に臨みましょう。

 

まとめ

結婚式にかかる費用の中で、妥協したくないけどお金もかけたくない微妙な位置づけにあるのが美容にかかる費用です。しかし工夫すれば安くエステサロンに通うこともできますし、自宅で地道なケアを行うことで式当日の見た目に自信を持つことはできます。後悔のないように、最高の式を挙げられるよう努めましょう!

fincleQA