【実録】ごちゃごちゃなキッチンを断捨離するための4つのおすすめアイテムとは?




主婦の方なら、ほぼ毎日立つキッチン。キッチンが片付いていないと、料理もはかどりませんよね。しかしながら、キッチンには様々なモノが溢れています。食器やキッチンツール、調味料や乾物など…。モノが多ければ多いほど、収納も大変ですよね。

今回は、そんなキッチンのモノを思い切って断捨離して、スッキリさせる方法を伝授します。キッチンが片付かない人がついつい溜めてしまいがちなアイテムや、なかなか処分できないものなどを紹介し、その対策についてもご紹介しますよ。

実際に私も今回ご紹介するモノたちを思い切って処分して、キッチンを片付けることができました! あなたもこれを機にキッチンに溢れるモノを断捨離して、スッキリしませんか?

Skitterphoto / Pixabay

 

モノが溢れがちなキッチン…

jill111 / Pixabay

食器やキッチンツール、調味料や乾物など…。キッチンには様々なモノを収納しなければなりません。収納上手な方なら、場所を決めて片づけられるかもしれません。しかしながら、元々片付けが苦手な方にとっては、食品やモノが混在するキッチンはハードルの高い場所。ついついごちゃごちゃになってしまうことも多いと思います。

そんな時におすすめなのが、キッチンの断捨離です。モノが多すぎて片付けられないのなら、思い切って処分してしまうのです。実際に私も、今回ご紹介する方法で断捨離しました。処分したら困りそう…と思われるかもしれませんが、その後も問題なく料理などができています。使わないのに置いてあるモノって、意外と多くあるんですよ。

キッチンの片付けにお悩みの方は、是非参考にしてくださいね。

キッチンで断捨離すべきアイテム4選

Alexas_Fotos / Pixabay

それでは実際に、キッチンで処分すべきアイテムをご紹介します。ついつい溜めがちなレジ袋や、使用頻度の少ない食器やキッチンツールなど、4つを選んでみました。キッチンをスッキリさせたい方は、これらのアイテムを探してみてください。意外とたくさんあって、びっくりするかもしれませんよ。

その①キッチンで溜めがちな3つのモノ

Hans / Pixabay

キッチンが片付いていない人が溜めがちな3つモノ。それはズバリ、①ビニール袋②輪ゴム③割りばし、です。これを読んで、ギクッとなった人、意外と多いのではないでしょうか。気になる人は、帰宅後にキッチンの引き出しを覗いてみてください。自分の想像以上に、この3つのモノがたくさん出てくるはずです。

対策:「もらわない」「スペース分しか溜めない」

これらの3つのアイテムを溜めないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。対策としてまず挙げられるのが、買い物の時点でもらわないようにすること。マイバッグを持参したり、マイ箸を利用すれば、環境保全にもつながりますね。また、もらってしまった場合には、それを置くスペースをあらかじめ決めておけば、無限に増えることを避けられます。そのスペース分以上になりそうだったら、捨てるようにする。ただそれだけです。

その②特別な食器

TheUjulala / Pixabay

1年間で数回しか使わないのに、食器棚にどーんと鎮座している食器がありませんか? 例えば、来客用のお洒落なカップ&ソーサーや、お節料理の盛り付けにしか使わない食器などです。このような食器は、使用頻度が低いのにも関わらず、場所を取るものが多いのです。特殊な形をしていたりするからですね。このスペースを、食器棚に入りきらない食器を置くスペースに使えたら…と思ったことはありませんか?

対策:オールマイティに使える食器をチョイス

「お客様が来た時用に…」という言い訳をする前に、そのお客様が来た回数を思い出してみましょう。そもそも、片付いていないところに、お客様は呼べないですよね(笑)1年に数回しか使わないのなら、そのカップ&ソーサーを、普段使い用に卸すか、思い切って処分してしまいましょう。お節料理にしか使わない食器も、これを機に処分し、これからはオールマイティに使用できる食器をチョイスしましょう。シンプルな白いお皿は、普段使いにもお節料理にも使える万能選手ですよ。

その③1度使っただけの調味料

Daria-Yakovleva / Pixabay

クリスマスやバレンタイン、誕生日などのイベントで張り切って料理する方は多いですよね。家族やパートナーを喜ばせるために、料理に腕を振るうのはとても良いことだと思います。しかしながら、その時に珍しい料理を作ると、普段は使わないような調味料が必要になることがありますよね。

私も実際に、サフランやナンプラーなど、1度使用した後ずっと使わなかった調味料があります。キッチンを見てみて、そのような調味料がある場合は、これを機に処分しましょう。賞味期限がとっくの昔に切れているものもあると思いますよ(笑)

対策:背伸びせず、定番料理に心を込めて

これからは、イベント事の食事こそ、定番料理を丁寧に作ってみませんか? 特に男性は、新しいメニューよりも、昔ながらの定番メニューを好む方が多いと聞きます。また、普段は作らない凝った料理を作ろうとすると、失敗してしまって元も子もない…という事態に陥ることも。普段作っている肉じゃがの仕上げにバターを落としてコクを出したり、お出汁をたっぷり使った出し巻き卵を作ってみたり…。特別な調味料がなくても、特別感がある料理は作れますよ♡

その④使用頻度の低いキッチンツール

tpsdave / Pixabay

先にご紹介した食器同様、キッチンツールにも使用頻度がかなり低いものがあるはずです。例えば、お菓子作りに使用するケーキやクッキーの型フードプロセッサーなどです。普段から頻繁にお菓子作りをする方は問題ないのですが、バレンタインやクリスマスなど、1年に数回しか使用しない方は、今一度見直した方が良いでしょう。このようなキッチンツールはかさばることが多いので、使用頻度が少ない場合、その分のスペースが勿体ないことになります。

対策:使い切りアイテムを上手く使用する

ケーキの型なら、100円均一などで使い捨てのものが売られています。年に数回した使用しない場合は、使う度にこのようなアイテムを購入した方が良いこともあります。また、クッキーは、型が無くても作ることのできるレシピも数多くあります。フードプロセッサーやハンディブレンダーなども、使用頻度が低いのなら、思い切って処分しましょう。砕く作業や細かく切る作業なども、お子さんを一緒にやれば楽しい時間になったりしますよ♪

キッチンをスッキリさせて、料理の時間をもっと楽しく♪

いかがでしたか? キッチンで断捨離すべきアイテム4つをご紹介しました。あなたのキッチンにも、今回ご紹介したようなアイテムがあったのではないでしょうか。

気が付くと溜まってしまうレジ袋や割りばしなどは、スペースを決めてその分だけと決めてしまうと、無限に増えることが防ぐことができます。また、食器や調味料、キッチンツールは、今一度使用頻度を見直してみてください。1年に数回しか使用しないアイテムは、思い切って処分してしまいましょう。

実際に私も、今回ご紹介したキッチンのアイテムを断捨離し、スッキリさせた経験があります。食器やキッチンツールは、どうしても処分するのを躊躇ってしまいますよね。私も最初は迷いましたが、処分してしまえば、意外と困らないのです。不思議なものですね(笑)

あなたも、これを機にキッチンの断捨離をしてみませんか? スッキリとしたキッチンは、料理の時間をもっと楽しくさせてくれますよ!