日本で人間関係が希薄化している!?気になるその原因とは

あなたが毎日生活していく中で、会社や学校などでの人間関係に悩んではいませんか。

これは、子供の頃から大人になった今でも続いている悩みなのではないでしょうか。

とはいうものの、私たちはこれだけ人間関係でストレスを感じているのに、最近の日本では人間関係が希薄化していると言われています。

そこで今回は、最近の日本で人間関係が希薄化している原因についてご紹介したいと思います。

geralt / Pixabay

日本で人間関係が希薄だといわれる原因とは?

geralt / Pixabay

では早速ですが、最近の日本で人間関係が希薄化しているといわれる原因についてご紹介しますので一緒に見てみましょう。

インターネットが普及したから?!

日本で人間関係が希薄化していると言われる1つ目の原因として、インターネットの普及があげられるのではないでしょうか。

現代社会は情報社会。

直接、人と会わなくてもインターネットに接続すれば簡単にコミュニケーションが取れますよね。

しかも、同じ趣味や趣向を持った人とだけ関わるという、関わる人を選択できます。

こうなると、現実世界で趣味や趣向や考え方の異なった人と関わっていくことがわずらわしく感じるのではないでしょうか。

こういったことが、日本で人間関係を希薄化している原因と言えるのではないでしょうか。

現代人は干渉を好まない?!

学校や会社などで「みんなで団結していく」「みんなで協力していく」という精神は現代では薄れてきていますよね。

会社においても、お給料は欲しいけど、瀬金煮のある仕事はしたくないので出世に興味がないという人も多いようです。

どうしてこのような考えに至ったのでしょうか。

それは、出世することによって周りの人間にやっかまれることがわずらわしいそうです。

これは、学校や会社という組織の中で非常に残念なことだと思いませんか。

現代社会はコミュニケーション不足?!

前述のように、現代人は干渉を好みませんよね。

学校や会社において、干渉を好まないとなると、信頼関係が薄れるとともにコミュニケーション不足に陥りますよね。

コミュニケーションが不足している学校や会社などでは、みんながみんな自分の担当範囲だけ頑張るという組織が誕生してしまいます。

こうなってしまうと、組織に悪影響を与えてしまいますよね。

実は人間関係は昔とそんなに変わらない?!

geralt / Pixabay

現代社会の日本では、様々な面で欧米化が進んでいますよね。

ですから、どうしても欧米諸国と比較してしまう傾向にあります。

そして、比較してしまう中によく含まれるのが、コミュニケーション能力ではないでしょうか。

やはり、欧米人に比べると日本人はコミュニケーション能力が低いと言われていますよね。

このように比較することで、日本人の人間関係が実は希薄化していないのに、そうなっていると思い込んでいるところもあるのではないでしょうか。

希薄化した人間関係こそストレスの原因です!

cuncon / Pixabay

今回は、最近の日本で人間関係が希薄化している原因についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

人間関係が希薄化すると、人と関わることが少なくなりますよね。

そうなると、ストレスの最大の原因である人間関係で悩むことも少なくなるのではないかと思いますよね。

実は、逆なんですよ。

人間関係が希薄化してお互いに干渉しないという状態は、人間にとってリラックスできる環境ではないんです。

干渉されない分、耐えず周りの様子や情報に気を配らなければいけないという緊張状態にあるんです。

そうなるくらいなら、あなたも自分から積極的に人と関わってみてはいかがでしょうか。

fincleQA