自分磨きノートに挑戦!理想の自分を目指す近道は”書く”ことだった?!




自分がやりたいこと、叶えたいことを叶えるために、自分磨きノートを書いてみませんか?自分磨きノートとは、自分磨きをするための目標やモデルとなる写真や文章を切り貼りして作り出すノートのことです。なりたい自分に近づくためのサポートをしてくれるこの素敵なノートの特徴について、私はやはり”書く”ことがとても重要だと考えています。

そこで今回は自分磨きノートを”書く”ことの重要さについて、お話していきます。

FirmBee / Pixabay

 

書くことの効果

Pexels / Pixabay

まず”書く”ことそのものへの効果についてご紹介していきます。この効果は、後々自分磨きノートを書く時にも大いに役立つことでしょう。実際に私が自分磨きノートを書いていった時に感じた感情も、一緒にご紹介していきます。

心を鎮める効果がある

文章を書くという行為は、自分の考えや感じたことについて書き留めるという行為ですよね。そのため、自分の気持ちを綴ることで、心を鎮めることができると考えられています。書くという行為で、自分の感性を書き留めることで、自分の内側でモヤモヤしていた部分が可視化され、心を落ち着けることにつながります。

逆に言葉を発したり、書き溜めることそのものを面倒だと思ってしまうと、他人との感情の共有やコミュニケーションが難しくなります。何故なら頭の中を吐き出す術を経験してこなかった分、発するのが難しく感じてしまうからです。もしその感情がイライラや怒りなどの心がざわざわするような感情であれば、うまく発散できず相手を傷つけてしまうことだってあり得ますよね。

書くことは、自分の感情を発信する練習にもなるのです。

考えを整理できる

先でも感情整理のような観点をご紹介しましたが、書くことで頭の中の状態を可視化することができ、頭の中がごちゃついている状態を整理することができます。書き出せば、いつまでも頭の中で堂々巡りだった問題が、箇条書きのように整理された状態で見ることができ、解決策を見つけやすくなるかもしれません。

学びにつながる

物を書くという行為は、何も自分の感情だけを書き出すものではありません。例えば人の話を聞いていてそれを書き出す、人の言葉を自分の言葉に置き換えてみるなどといった過程で”書く”ことをしていると、その得られた情報を頭に定着させやすくなる性質もあります。

また自分磨きノートは何も手元にあるノート以外でも良いのです。今の時代、ブログなどで情報を発信する人もいるでしょう。ブログを自分磨きノートとして活用する場合には、読者という相手を意識するようになりますから、書いているうちに読んでもらうことを意識した文章を書こうという意識が向くことでしょう。自分が得た面白い、新しい情報を相手へ伝えようとする練習にもなります。

自分磨きノートの書き方

ではここからは自分磨きノートを実際に書き出すための方法をご紹介します。もちろん今回紹介した方法が必ずというわけではありません。自分磨きノートは自分だけのノートですから、楽しく作ることが最も大切です。ただ自分磨きでなりたい自分像が強ければ強いほど、具体的な数値などを自分自身に提示して、叶えていく努力も必要です。

”なりたい”ではなく”なる”

まず自分磨きノートでは、自分が理想としている姿、目標を書き出すことが大切です。ダイエット目的であれば目標体重を書き出したり、スリーサイズの目標を書き出しましょう。目指しているモデルの写真を貼るのも効果的です。やりたいことがあれば、それを好きなだけ箇条書きしましょう。

ただし最も重要なのは、ノートに書き出したものへ「○○したい」と考えて取り組むのではなく、「○○になる!」と決心して取り組むことです。例えば「体重50kgになりたい」と書くのではなく「体重50kgになる」と書き込みましょう。

○○したいという希望の状態では、きっと現状維持が精一杯です。自分自身に自信を持って、決意する必要があるのです。

経過をつけよう

大切なのは目標に達成したという”結果”ですが、経過をつけ続けることも大切です。振り返ることができるようにしておけば、目標達成前にくじけそうになった時、どのようなことで自分がくじけやすいのか、どうしたら頑張れるのかを把握することができるでしょう。

経過をつけることで、自分の目標へ対する意識を奮い立たせることもできます。時々はノートを見返す時間をつくって、目標から意識が外れていないか確認することが大切です。

まとめ

自分磨きノートは、自分で掲げた目標を達成するためにあなたを支えてくれる大事な存在です。ですがノートはあくまでサポートです。自分磨きを実行するのはあなたですから、ノートの出来映えはあまり気にしないことをおすすめします。書くことで精神的にも落ち着きますから、自分磨きをしている最中に感じた不安や弱音もしっかり書き留めておきましょう。その言葉が、後々あなたを支える重要な言葉になるかもしれません。