引越しの必需品、ダンボール箱の子供も喜ぶ再利用節約術とは!

人生の転機にもなる引越しの時、必ずといっていいほど必要になるのがダンボール箱です。雑多な荷物を同じ大きさのダンボール箱に詰めると、まとまりやすく運びやすいので、とても重宝されています。けれども、引越しの後片付けの時、大量のダンボール箱の処理に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか? 今回は引越しなどで使われたダンボール箱を再利用してできる、生活に役立つ節約術についてご紹介します。

siala / Pixabay

 

再利用して節約できるダンボール箱

引越しなどで使われたダンボール箱は、軽くて丈夫で耐久性、保温性にも優れているので、荷物の収納や保管やその他いろいろな用途に使用できます。ダンボール箱の特徴をいかしてできる再利用とは、具体的に、どんなものがあるのでしょうか?

箱の形のままで収納ボックスとして再利用する節約術

まずは定番ともいえるダンボール箱の四角い形のままで使う方法は、ずばり収納です。現在は使用しないけれども残しておきたいもの、例えば食器、本、アルバムなどを一時保管場所としてダンボール箱に収納して、押し入れやクローゼットに納めるのに適しています。なぜならば、ダンボール箱は丈夫で形が四角いので、押し入れやクローゼットなどの隅に重ねて置きやすいからです。また、ダンボール箱の中身がひと目でわかるように、油性マーカーなどで印や文字を書くのにも材質的に適しています。

押し入れやクローゼットにダンボール箱を置きたくない場合や置く場所がない場合は、見せる収納に変身させることもできます。たとえば、100円ショップなどで安価に売っている様々な柄の接着シートなどをダンボール箱の表側にはれば、おしゃれな収納ボックスに変わります。ダンボール箱は丈夫な上に、カッターナイフなどで切ったり金具をつけたりすることが簡単なので、カラーボックスに入れる引出しを作ったりすることもできます。アイデア次第で、いろんな収納ケースを作ることができます。

ダンボール箱で節約料理!

また発想の転換をして、節約料理の小道具としての使い方もあります。季節は冬。台所の室温が下がっているとき、なかなか効率よく料理がつくれませんが、そういう時こそ体を温めるために煮物料理が欲しいものです。けれども、煮物料理には長い時間をかけて加熱しておかなければならないので、電気代やガス代がかかります。その時こそ、ダンボール箱の登場です。

清潔なダンボール箱の中に清潔なタオル類を敷きつめて、具材に火が通った状態の煮物の鍋をいれ、隙間ができないようにタオルなどを被せます。ダンボール箱の蓋をしめて、簡易保温機の出来上がりです。カレーやシチューなどの煮物等、もう少し煮込めば美味しくなるけれど光熱費がかかりすぎるからと躊躇するとき、是非試してみてください。弱火でコトコト煮込んだ煮物の味に出来上がります。

lesserland / Pixabay

ダンボール箱の形を変えて再利用、節約オモチャ!

ダンボール箱は箱としても丈夫ですが、カッターナイフで切ったり、糊やテープで貼ったりしやすい加工に適した材質です。また、ダンボール紙の断面を見ると紙と紙の間に波状の中芯があり、これによってある程度の衝撃を緩和することができます。これらのダンボール紙の特徴を踏まえて、子ども達の遊び道具としての節約アイデアをご紹介します。

ダンボール箱のお家で迷路!

これは、とても簡単です。ダンボール箱の底とフタの部分を切り落とします。それだけでも、もちろん、汽車ぽっぽなどして遊べます。けれど、幾つものダンボール箱を用意して、垂直の1辺を切り離し、それぞれにガムテープで繋げれば、家の中でも巨大迷路の出来上がりです。簡単なのに、子ども達は大喜びです。

気をつけなければいけないことは、ガラス窓などの近くや、ストーブや扇風機の近くにダンボール製の迷路をつくらないことです。子ども達に危険がないか、十分に大人の目で注意しましょう。

少々、乱暴に扱っても壊れたりしませんが、もし壊れたとしてもすぐに、資源ゴミとして行政に再利用をお任せすることができます。そこが惜しげもなく壊せるダンボール箱の多くの特徴の一つでもあります。

小学生の夏休み、自由研究にもダンボール箱は使えます!

インターネットで、「ダンボール箱 工作 夏休み」と検索してみると、ダンボール箱で様々な工作が出来上がるような小学生、中学生の御用達サイトがいくつも出てきます。型紙をプリンターで印刷して、型どおりにダンボール箱を切り抜けば、素晴らしい作品が出来上がります。

実は私もチャレンジしてみましたが、大人でも十分、やりがいのある作品に仕上がるものが多くあります。大人の遊びとしても十分に楽しめますので、機会がありましたら是非チャレンジしてみてください。

eki / Pixabay

まとめ

引越しの必需品のダンボール箱は、さまざまな用途で使用できることをご紹介しました。

引越しの時にダンボール箱を調達するために、お金を払う場合もあるでしょう。けれども、節約家としてはダンボール箱にお金を払うには覚悟が必要です。必要がなくなれば、即ゴミになるダンボール箱に、お金を払いたくないと思う気持ちになる人も多いことでしょう。

それではどうすればよいのでしょうか? それは、引越し業者のサービスとしてダンボール箱がもらえる場合があるので、調べてみることです。もし、無料でダンボール箱が貰えない場合、スーパーマーケットや薬局などで買い物をして交渉してみてください。柑橘系の果物が入っていたダンボールは丈夫ですし、薬局などで使用されたダンボール箱は防水性に優れたものが多いようです。無料で調達して、引越しの運搬として利用して、資源ゴミに出す前に再利用するという究極の節約術がダンボール箱ですので、是非試してみてはいかがでしょうか。

fincleQA