スキンケア・化粧品のおすすめ節約術! 心も体もキレイに節約!




monicore / Pixabay

女性にとって日々の美容は欠かせないものですが、1年と通して振り返ってみると結構な額を支払っていることに気付きます。

 

しかし、化粧品やスキンケアの節約はお金を節約できるだけでなく、肌の負担を減らし、より美しい状態に保つという嬉しい利点があるのです。

 

今回は化粧品・スキンケアを中心におすすめの節約情報をお届けします。

kinkate / Pixabay

 化粧品の節約

 

化粧品を購入する際の悩みは「値段が高い」ということでしょう。

 

ブランドものは安くて3000円以上、高いものは1万円以上掛かります。

 

なぜ高いのでしょうか。

それは化粧品のパッケージや広告にお金が掛けられているためです。

 

ここでは、パッケージなど余計な部分にお金が掛けられていないお得な化粧品の利用方法をご紹介します。

 

試供品

街中で化粧品を配っていたり、自宅に届いたり、商品のおまけとしてもらってり、様々な場面で手に入れることが多いと思います。

 

しかし、ついついため込んでしまって、結局たくさんの試供品を使わずに捨ててしまっていることも多いのではないでしょうか。

 

一旦、自分が購入した化粧品よりも試供品を優先して使ってみましょう。

使わずに捨ててしまうことも防げます。

 

また、無料の試供品はインターネットで自分の気に入った化粧品を見つけて応募してみることも可能です。

 

モニター

敏感肌に特化したアイテムが用意されていることも多いので、敏感肌に悩んでいる方にもおすすめです。

 

また、モニターを務めることでブランド品をプレゼントしてもらえることもあるので、一石二鳥です。

 

しっかりとモニターを務めていれば、化粧品会社からオファーをもらえることもあり、化粧品には困らない生活ができる可能性もあります。

インターネットで調べてみるとたくさんの応募を募集しているので、活用してみましょう。

annca / Pixabay

 100円ショップ

最近では100円ショップでも多様なコスメが販売されるようになりました。

100円なので品質や安全面が心配、という声も多く聞きますが、100円とは思えないほど良い商品もあるようです。

 

安全面については100円ショップのコスメは信頼できます。

 

というのも、日本では「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理の基準に関する省令」があり、化粧品はこの基準を満さなければ販売できないからです。

 

したがって、100円ショップの化粧品も安全性が証明された原料のみを使用しており、事実上は薬局のコスメと同じ原料を使っていることになるのです。

 

しかし、100円の化粧品には高額な成分は含まれていません、ヒアルロン酸やコラーゲンなど肌に必要最低限のもののみを含んでいるためにコストを抑えられているのです。

 

化粧品やスキンケアならば、ダイソーがおすすめです。

一時期店頭から無くなってしまうほどの売り上げを獲得したヒアルロン酸をはじめとして、種類豊富な美容グッズが取り揃えられています。

 

必要な時のみメイクをする

人と会う約束のない日や近所に少し用事がある時もお化粧をしていませんか?

たまには肌を休めることも兼ねて、メイクに頼らない時間を作ることも大事です。

 

 

DzeeShah / Pixabay

 

スキンケアの節約

化粧品の次はスキンケアの節約についてです。

スキンケアの方法次第で節約もお肌の健康もより良い状態になります。

まずは基本的なことからしっかりと理解し、実践していきましょう。

gefrorene_wand / Pixabay

クレンジングは使わない

 

化粧を落とす時にクレンジングを使う方も多いと思います。

 

しかし、実はこのクレンジングによって必要な角質層まで取り除かれ、肌に負担がかかってしまうことがあるのです。

 

それでは、化粧落としの時に何を使ったらいいのでしょうか。

 

おすすめは「純石鹸」です。

「純石鹸」であればクレンジングと比較して、かなり肌への負担を取り除くことができます。

特に「合成成分無し100%無添加」のものがおすすめです。

 

 

オールインワンの使用

 

オールインワンは化粧水・美容液・乳液・クリームの全てが含まれているので、スキンケア用品を個別に買わなくて済み、またスキンケアに掛ける時間も節約できます。

 

オールインワンでもっともおすすめなのは「メディプラスゲル」。こちらは皮膚科でも販売されている、オーガニックスキンケア。

 

敏感肌でお悩みの方には嬉しい商品ですし、2カ月分で2996円(税込)なので1日当たり50円しか掛かりません。

 

kerdkanno / Pixabay

 

化粧水は手作りで

化粧水もお店で購入している方が多いですが、簡単に作れるので手作りをおすすめします。

 

そもそも化粧水の役割とは、洗顔後に洗い流されてしまった栄養分の不足によって引き起こされる乾燥や毛穴の開きを防ぐことです。

 

ここでとても簡単な化粧水レシピを1つご紹介します。

 

用意するものは、精製水100mlとグリセリン5∼10mlです。

どちらも薬局で手に入ります。

 

この2つの材料を混ぜて良く振るだけで化粧水ができてしまします。

グリセリンの量が多ければ多いほど、しっとりとした化粧水ができます。

 

 

朝洗顔は水のみもおすすめ

 

洗顔料を使わず、水のみでの洗顔も節約につながります。

 

また、水のみの朝洗顔であれば、お肌に必要な栄養分をしっかりと保つことができるので美容にも良いものです。

 

しかし、水のみの洗顔は人によって向き・不向きがあるので、自分の肌の特性をしっかりと見極めてから実践しましょう。

 

乾燥肌・敏感肌の方には水のみの朝洗顔が向いています。

一方で顔全体あるいは部分的に皮脂の多い方はきちんと洗顔料を使用するのがおすすめです。

 

 

koshinuke_mcfly / Pixabay

 

まとめ

いままでご紹介した美容の節約の中に、まだ実践していない項目は見つかりましたか?

普段どのようなコスメやスキンケアにお金をかけているか、改めて振り返ることから始めましょう。

 

そこまでお金をかける必要がないと思ったものは、試供品や100円コスメなどに置き換えてゆきましょう。

 

100円コスメの安全性も十分基準を満たしているので、上手に利用すれば効率的な節約ができますよ。