美味しくて節約も実現する、おすすめ美肌レシピとは?

Couleur / Pixabay

まだまだ寒い日が続きますね。特に女性にとって、冷えは健康だけではなく美容の大敵です。

乾燥したり、夏の紫外線の影響が出たお肌にあわてて高価な化粧品を使ったり、エステにいったり…。とかく美容維持にはお金がかかると思っていませんか?

毎日無理なく続けられる美容法、それはちょっと体のことを意識をした料理だと思います。

今回は、冬でも乾燥知らずの私が毎日実践している美肌レシピをご紹介します!

内側から潤う力をとりもどす!あったかスープ

冬は冷たい風にさらされて、お肌表面がカサカサに乾燥してしまう人も多いのではないでしょうか。さらに、室内の暖房がお肌の乾燥にさらに拍車をかけてしまいます。

実は、冬にお肌が乾燥してしまうのは外的な要因によるものだけではありません。寒さによって体の代謝が落ちてしまい、潤いを生み出す力自体が落ちてしまうことにも原因があります。

まずは体の内側から潤う力を取り戻すスープレシピで、冬の美肌の大敵である乾燥を吹き飛ばしましょう!

冷えを改善!旬の根菜のまろやかシチュー

旬の食材を食べましょう、という言葉をよく耳にします。これは、単に流通がさかんになり、手頃な価格で手に入りやすいという理由からだけではありません。

食材を旬の時期にとりいれることにより、その季節に体にとって必要な栄養素を補うことができるからです。

冬の代表的な旬の食材である、根菜類の野菜。水分が少なく、食物線維とビタミンCやビタミンE、ミネラルを豊富に含むため、体を温める作用があります。

今回のレシピで使用する根菜類は、サツマイモ・ニンジン・レンコンです。その他、鶏肉、牛乳(苦手でない人は豆乳でもOK)を準備しましょう。

作り方は、根菜類と鶏肉を食べやすい大きさに切り、油で炒めます。その後、食材の半分のかさの水で煮込みます。食材に大体火が通ったら、先ほどの水と同量の牛乳を加え、具が柔らかくなるまで弱火で煮込みます。仕上げにコンソメと塩、そして醤油で味を整えて完成です。

醤油を入れるのは、根菜類と洋風の味付けであるシチューをなじませるためです。また、サツマイモがスープに溶けて野菜の自然な甘さがでるため、砂糖を入れなくても優しい味わいになりますよ。

体を温めるだけではなく、豊富に含まれた食物繊維で便通と腸内環境を整えることで、さらに美肌に効果的です。鶏肉にも体を温める作用があるため、根菜類と一緒にとることでバランスのとれたあったかスープをつくりましょう。

フィトケミカルでぷるぷるお肌!鮮やか野菜のあっさりスープ

kamila211 / Pixabay

フィトケミカルという言葉を聞いたことはありますか? 植物には、自分の身を守るための機能が備わっています。それらの成分が、美肌の大敵である活性酸素を除去したり、がんを予防する作用があるとして注目されています。

ここでは、くすんでしまいがちな冬の食卓を、見た目にも鮮やかな野菜で彩るスープをご紹介します。

準備するのものは、今が旬のブロッコリー、節約料理には欠かせない食材のエリンギ、豆腐、体を芯から温めるショウガです。

エリンギと豆腐を食べやすい大きさに切り、鶏ガラスープでコトコト煮込みます。ブロッコリーは一口大に切り分け、熱湯で固ゆでしておきましょう。エリンギと豆腐に鶏ガラの味がなじんだら、下ゆでしたブロッコリーを加えます。最後にショウガのしぼり汁を加え、塩と少量の醤油で味を整えて完成です。

ブロッコリーは火を通しすぎないことで、色を鮮やかに保つことができますよ。

ブロッコリーはシミに効果のあるビタミンCをはじめとしたビタミン・ミネラルを豊富に含んだ栄養満点の野菜です。また、ブロッコリーを代表するアブラナ科の植物に含まれる女性ホルモンに似た成分が、美肌づくりを助けます。そして、お豆腐に含まれる女性ホルモンに似たイソフラボンもまた、お肌のキメを整えます。

さらに、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンはがんの予防効果があることが知られています。美容と健康を意識して積極的にとりいれたい野菜ですね。

参考:保健指導リソースガイド (2017年著者調べ)

エリンギにはビタミンB2が豊富に含まれ、肌荒れやニキビを防ぎます。むくみを防ぐカリウムを摂取できるのも女性にはうれしい点ですね。

スイーツで美肌に?!手作りヘルシーレシピ

おやつの時間、夕飯を食べた後のちょっと小腹がすいた時間…そんなときに食べたくなるスイーツ。特に女性は甘いものに目がない人が多いですよね。

そんなスイーツもヘルシーレシピで手作りすることで、普段の食事とあわせて美肌作りを強化しましょう!

ツヤツヤお肌になる!ナッツのはちみつ漬け

冷えで血流が滞りがちな冬。血行を促進するビタミンEを豊富に含むアーモンドをつかった手軽なスイーツのご紹介です。

準備するものは、アーモンド、マカダミアナッツ、クルミ、蜂蜜です。

マカダミアナッツは加齢とともに減少する脂肪酸であるパルミトレイン酸を豊富に含み、お肌にツヤを与えます。クルミには必須脂肪酸であるγリノレン酸が含まれ、美肌作りや月経前症候群の改善に効果があります。

作り方は簡単です。ナッツ類をフライパンで香ばしく煎って、蜂蜜に漬け、1日~1週間ほどお好みの期間なじませます。

そのまま食べてももちろん美味しいのですが、私はとろけるチーズと一緒にバケットにのせます。それをトーストにすると甘じょっぱい香ばしさが絶妙で美味しいですよ! 果物とあわせてヨーグルトにかけても、便通を良くする美肌レシピとしてさらに効果的ですね。

シミやシワを予防!リンゴとサツマイモの甘煮

MarcoRoosink / Pixabay

続いて、私の小さな頃から母が作ってくれていたヘルシースイーツのご紹介です。

準備するものは、リンゴ、サツマイモ、蜂蜜、レモンのしぼり汁です。サツマイモは輪切りに、リンゴは食べやすい大きさに薄切りし、ひたひたの水で煮ます。このときにレモンの絞り汁を加えることで、サツマイモの色がくすむのを防ぎ、鮮やかな黄色に仕上げることができます。リンゴとサツマイモが柔らかくなり水分が少なくなったら、蜂蜜で味を整えて完成です。

リンゴにはリンゴポリフェノールという抗酸化成分が含まれています。先ほどふれたフィトケミカルの1種で、シミやシワの予防や改善に効果的です。また、水や熱にも強いため、加熱しても効果が失われにくく、煮ることで多く摂取しやすいことも嬉しい点ですね。このリンゴポリフェノールは皮の部分に多く含まれるため、よく洗って皮ごと食べるのが理想です。

出典:白澤卓二『朝りんごダイエット』

まとめ

いかがでしたか?

冬は体も心も何かと滞りがちな季節です。まだ寒い日は続きますが、春に向けてお肌も明るく迎えたいものですよね。

美肌レシピの美容法を実践することで、毎日無理なく、美味しく、楽しみながら、キレイを叶えましょう!

fincleQA