本を借りるだけじゃない!?図書館を活用して賢く節約する方法




どの街にもある、公共図書館。

学生時代以来、足を運んだことはないという方も多いかもしれません。

実は、図書館は本を借りに行く以外にも、色々な活用法があるんですよ! 賢く使えば、節約だってできてしまいます。

今回は、意外と知らない図書館の活用法について、ご紹介したいと思います。

klimkin / Pixabay

 

本を借りればもちろんお得

ハードカバーの小説などは一冊1000円以上しますし、文庫本でも500円弱はしますよね。古本屋さんで本を探しても、新しい本や人気のある本はそこまでお安くないことも多くあります。

また、小説は買わないけれど、ファッション雑誌は毎月買っているという方もいるかもしれませんね。

本をよく買う人でしたら、月に1000円~3000円くらいは書籍代としての出費があるかもしれません。

その点、図書館で借りればもちろん出費は0円で済みます。

他の人に借りられていたり、新刊としてまだ入っていないという場合はありますが、時間と手間を惜しまなければ、書籍代を確実に節約できるというのは大きな魅力です。

図書館で借りられる意外なもの

jarmoluk / Pixabay

あまり知られていないかもしれませんが、図書館では小説だけでなく雑誌やCD・DVDの貸し出しをしているところも多くあります。

また、新刊や未収蔵書籍については、リクエストを受け付けている図書館もあります。

お店で買ってしまう前に、図書館に収蔵されているかを確かめてみたり、収蔵のリクエストを出してみましょう。借りることができれば、自分で買わなくて済むのでとてもお得です。

冷暖房完備! リラックススペースとしても優秀

delo / Pixabay

意外と見落としがちな点ですが、図書館は誰でも使えるリラックススペースとしてとても良い条件を兼ね備えています。

  • 色々な座席が用意されている
  • 飲食スペースがある
  • 雑誌、小説など、色々な書籍が自由に読める
  • 出入りも自由で、開館時間内であればずっといても問題ない
  • 公共交通機関によるアクセスが整えられていることが多い
  • 冷暖房が完備されている

などなど、何点か挙げただけでも、他にこんなに充実した民間の施設はちょっと見当たらないというくらいの利点があります。

特に、最近の図書館はバリアフリー工事などと同時にグリーンスペースや休憩スペースがきれいに整えられていることが多く、トイレもきれいでびっくりするようなところもあります。

ちょっとしたサンドイッチなどを買って図書館に行けば、一日中気ままに本を読みながら過ごすこともできますね。

インターネットサービスを使えばもっと便利に

janeb13 / Pixabay

最寄りの図書館が小さくて、行く気にもならないという方、いませんか?

筆者の住む地域がまさにそういった状況です。古い市街地にある小さな図書館が最寄りなのですが、蔵書数も少なく、長い間足を運ぶこともありませんでした。

しかし、インターネットサービスを使って自宅に居ながら蔵書検索をできると知ってからは、頻繁にその図書館を利用するようになりました。

インターネットサービスでは、蔵書検索はもちろん、予約や近隣図書館からの取り寄せ、受け取り図書館の指定なども済ませることができます。取り寄せが完了すると、メールや電話でお知らせまでしてくれるサービスの充実度です。

地域によってサービスには違いがあるとは思いますが、基本的には隣接した市町村の蔵書であれば、検索したり取り寄せてもらうことが可能ですし、返却も別の図書館でできることもあります。

最寄りの図書館に行く時間もないし、読みたい本も無い…などと諦める前に、どんなサービスが提供されているかを調べてみて下さい。

最寄りの図書館をうまく活用できれば、その分書籍代を節約できますよ!

蔵書探しに便利なツール

Hermann / Pixabay

普段、Amazonなどで本を買う事の多い方におすすめなのが、図書館の蔵書検索ツールです。

「その本、図書館にあります。」や「Libron」などのツールをブラウザにインストールしておくと、Amazonで読みたい本にアクセスした時に、その本が近所の図書館にあるかを自動で調べて表示してくれます。

筆者も「その本、図書館にあります。」を使用しています。近隣の市町村など複数の図書館を登録できるので、買おうと思った本がどこかの図書館にあるようであれば、そのままインターネット予約を使って借りるようにしています。

わざわざ各図書館の蔵書状況を検索して回らなくても済むのでとても便利ですし、もし蔵書が無ければAmazonでそのまま買う事もできます。

ただ、お使いのブラウザによってツールが使えるかどうか変わってきますので、導入の際はよく確認してから進めてくださいね。

参考URL:その本、図書館にあります。 / Libron(2017年4月 著者調べ)

まとめ

いかがでしたか?

図書館を賢く使えば、書籍代の節約はもちろん、休日やリラックスタイムを過ごす場所を無料で確保することもできてしまいます。

ぜひ、近隣の図書館をチェックして、どんどん活用してみてくださいね!