無駄遣いをやめて貯金する5つの方法

ptra / Pixabay

無駄遣いは良くないことだと頭で分かっていても、どうしても無駄遣いがやめられない、気づくと出費がかさんでいる、と悩む人は少なくありません。無駄遣いをやめるためには考え方を変える必要があります。今回は、無駄遣いをやめて節約したい人必見の、無駄遣いをしないコツを紹介していきます。まずは節約上手になることから始めて、徐々にお金を貯めていきましょう。

無駄遣いをしないコツ3選

無駄遣いをしないコツには、普段の自分の買い物の仕方を見直す必要があります。無駄遣いをする人にありがちな行動を回避するためにも、3つのコツを実践するところから始めてみませんか?

 

財布の登場回数を減らす

無駄な買い物をしがちな人はお財布の登場回数が多いのではないでしょうか。手近にお財布があると、購買意欲が湧きやすいのではと考えています。そのため、まずお財布の登場回数を減らしましょう。支払いをする行為自体の回数を減らすことで、無駄な買い物を回避する方法です。

 

例えば普段何気なく出入りしてしまうのであれば、コンビニエンスストアや近所のスーパーマーケットへ行く回数を減らすことも大切です。ネットスーパーなどを活用するのも良いでしょう。実店舗へ行くと、魅力的な商品が並び目移りしてしまうことがあるでしょう。ネットスーパーで必要なものだけを購入する癖をつけることをおすすめします。

 

セールに足を運ばない

また安さにつられて大量に商品を購入してしまい、結果的に使いきれなかったり、食品を消費期限切れにしてしまった、という場合もあるのではないでしょうか。もしこのような経験をした覚えがあるのであれば、むやみやたらにセールへ足を運ばないことをおすすめします。

 

セールで安い商品は確かに魅力的です。ですが、実際に使うのかどうかをよく考えずに購入することはおすすめできません。結局お得感から大量に買い込み、使い切れないのであれば、セールで購入した意味がありません。使い切れないくらいなら必要最低限のものだけを購入するようにしましょう。その場のお得感ではなく、長期的に見た損得勘定をする必要があります。

 

価値を重視して購入する

セールへ足を運ばないことにもつながりますが、「価格」ではなく「価値」を重視して買い物をすることが大切です。目先の安さにつられて購入するのではなく、今後も長く使えるかどうか、美味しく食べることができるかどうかを考えて購入しましょう。

 

例えば「価値」を重視して購入した買い物は、その瞬間には割高に思えるかもしれませんが、何年先も活用できるアイテムになることがあります。洋服などは分かりやすいですね。ファストファッションブランドの洋服は短期的に活用する分には役に立ちますが、何年も着こなすことはできません。自分がどのような価値をその商品に求めているか、よく考えてから購入する癖をつけましょう。

 

Skitterphoto / Pixabay

節約上手になって貯金するためのコツ2選

貯金をしたい場合には、無駄遣いの癖を改善し、節約上手になることから始めましょう。ですが貯金をしたい場合には、まずお金に対する考え方を変えていくことが大切です。貯金するためのコツをご紹介します。

 

お金に関心を持とう

お金は決して悪いものではありません。お金を貯めたり、使ったりすることに後ろめたい気持ちになる人がいると聞きます。ですが、お金について考える時はしっかり関心を持つことが大切です。お金の流れについて関心を持つことで、無駄遣いしている原因を知ることができますし、生活の中でどこを節約できるかが見えてきます。

 

まずは1ヶ月間の生活の中で支払ったお金を「投資・消費・浪費」の3つに分けてみましょう。例えば、購入時に受けとったレシートをざっと仕分けて、購入した場所別や、食品や日用品別に分けてみると、自分がどんなものを消費し、浪費しているかが分かりやすいでしょう。無駄遣いの傾向はこの方法でも明らかになりますので、まずはお金に関心を持って、日々の生活にどのくらいお金を使っているのか見直す必要があります。

 

お金は目的ではなく手段である

また貯金に躍起になっても、貯金そのものが目的になってしまうとなかなか続かないものです。お金はあくまでも「手段」だということを覚えておきましょう。将来への不安から貯金をすることも大切ですが、もっと具体的な目的のために貯金を行った方が、モチベーションがあがるものです。

 

お金は目的を達成するための手段なので、使わなければ意味がありません。「家電を買い替えるため」「国内旅行へ行くため」といった目的でもかまいません。始めから大きな額を貯金しようとする必要はありません。貯金が苦手だと言う人は、まず“貯金そのもの”に慣れていきましょう。

 

まとめ

無駄遣いをやめるためには、お金を支払う行動自体を制限することと、自分がどんなものにお金を払っているのか見直す必要があります。もちろんストレスが溜まってしまってはつらいですから、いきなり大きい額の節約や貯金を始めるのではなく、普段どんな無駄をしているのか、把握することから始めていきましょう。

fincleQA