節約上手な美容法、お金をかけず賢く自分磨きをするコツとは




美容へのこだわりがある女性は少なくありません。ただ美容面にこだわると、意外にお金がかかってしまうことがあります。しかし毎日継続したケアを心がけることで、お金をかけなくても自分磨きを行うことはできます。賢い手段さえ知っていれば、ヘアサロンでの極上体験を比較的安価に済ませることができます。

 

日常生活の美容面はコスパを重視!

まずはじめに日常生活での美容面で大切なのは、使う化粧品の価格ではなく、長期的に見てコストパフォーマンスが良いかどうかを判断するようにしましょう。化粧品には驚くほど高級な物もありますが、自分の肌に合うものとは限りません。肌に合うものを継続的に使い続けることが大切なのです。

 

コスパの高い化粧品を探す

例えば美容関連の雑誌にもよく掲載されている「ニベアの青缶」などは、配合成分が高級スキンケアクリームとほぼ同じなのに、大容量で手軽に購入できる価格だというところから注目を集めました。でも、実際自分の肌に合うものが、たっぷり使えて購入しやすいのであれば、その商品をずっと使い続ける方が自分のためになります。

購入する時の価格帯ではなく、自分の肌に合うかどうか試供品やパッチテストでしっかり確かめてから、ずっと愛用できる製品を購入することを意識しましょう。例えば私の場合、今まで香りの良さや使い心地ばかりを重視していましたが、肌質に合うシンプルな化粧水を見つけたことで、1ヶ月1200円かかっていた美容代が3ヶ月以上で700円台に抑えることができています笑。

継続を心がける

先にもお話しましたが、化粧品そのものにお金をかけるのではなく、毎日継続してケアすることが美容面ではとても大切なことだと考えています。肌トラブルが起きていない時には、出来る限り特別なことはせず、化粧水と乳液だけは欠かさないといったように、自分にとって必要なケアだけを続けるよう意識しましょう。

贅沢はここぞという時だけ

ただ時々はやっぱり贅沢な化粧品を使いたい時、ありますよね。例えば2〜3枚から購入することのできる顔パックなどは、やっぱりいつも以上に肌がしっとり潤いますし、心地いい気分が味わえます。そのような化粧品を使う時は「ここぞ!」という時に使うようにしましょう。

例えばそれはデートの前日かもしれませんし、結婚式やパーティーで華やかな格好をする前日かもしれません。何か自分に気合いを入れたい時に手を出すようにして、普段は安くても自分の肌に合う化粧品を継続して使うことを意識しましょう。

 

美容室は賢く選んで自分磨き!

女性の美容と金銭面で大いに心を悩ませるのが、ヘアケアではないかと考えています。私からすれば、「髪の毛を切るだけなのに何であんなにお金がかかるんだ!」と思ってしまうのですが笑、女性の印象を決めてしまう重要な部位でもあります。そこでヘアケアを行う際には、少し賢い方法で美容室に足を運びましょう。

クーポン割引を使う

もうすでにやっている人もいるかもしれませんが、髪の毛を切りに行く、それも少し整える程度であれば、ヘアサロンサイトなどから店舗を検索し、初回割引やクーポン割引を利用して髪の毛を切りに行きましょう。毛先を多少揃えたい時などに、4000円〜6000円のお金を払うのには少し抵抗がありませんか?初回割引でうまく探せば、その半額くらいで綺麗に髪の毛を整えてもらうことができます。

もちろん髪型をしっかり変えたいという場合には、お気に入りの美容室に通ったり、スタイリストを指名するのは全然ありだと思います。ただ毎月髪の毛を整えたいとなると、少しお財布事情が厳しくなりますよね。そのため自分の中で、しっかり美容室に出せる金額を明確にしておくことが大切です。

自分に似合う髪型を

もし美容室へ行く機会を少しでも減らしたい、そこまで髪の毛にはお金をかけられない、という人は、美容室へ行った際に、美容師さんとしっかり相談して、自分に似合う髪型にしてもらいましょう。流行の髪型にしたい、髪型をコロコロ変えるのが楽しい、という方にはあまりおすすめできませんが、自分の形が決まると日常生活のヘアスタイリングも楽に決まるのでおすすめです。

癖毛や寝癖が目立たず、あまりスタイリング剤を使わずに済む髪型にしてしまえば、朝起きて多少髪の毛を整えたら、すぐにセットができます。髪の毛をあまり切りたくない場合には、伸びてきても自然な髪型を指定すると良いでしょう。気分が変わる時まで美容室へ通わなくて済むので、節約につながります。

ただ節約意識を高めすぎて、自分で髪の毛を切る人もいるようですが、自分の腕にあまり自信がないのであれば、おすすめできません。私は失敗して非常に落ち込みました笑。

まとめ

日常生活において、しっかり美容にこだわりたいけど、お金をかけたくないという場合には、安くても自分の肌に合うスキンケアを継続することが重要だと考えています。髪の毛に関しても、自分の中で出せる上限金額を決めた上で、クーポン割引などを活用すれば、安価に満足できる結果が得られるものです。