服の買い取りはどこを選ぶべき?古着屋や買い取りサービスの特徴とは

衣替えをしている最中や断捨離をしている時、もう着なくなった洋服や着たいけど着られなくなってしまった服が出てくることがあるかと思います。ゴミとして処分する人も多いと思いますが、時々ゴミとして処分するにはもったいない、状態の良いものが出てきます。そんな時は服の買い取りをお願いしてみませんか?

服の買い取りはどこを選ぶ?

服の買い取りをお願いすればゴミとして処分せずに済みますし、多少はお金になるので、そのお金で新しいお洋服を買ったり、生活に必要なものを購入することができます。そんな買い取りをお願いしたい時には、どこを選ぶべきなのでしょうか。買い取り場所によっては予想以上にお金を受け取ることができるものです。

古着屋へ持って行く

まだ着用できるけど、もう着ないお洋服などは、お洒落に敏感な人が通う古着屋へ持って行くことをおすすめします。古着屋で買い取りをお願いする時の流れですが、大抵は申し込み用紙を記入して査定を待つだけです。この際、査定に必要になるので本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を忘れないようにしましょう。

さまざまな古着屋がありますが、もしあなたの着なくなった服がブランドものの商品なのであれば、ブランドものを取り扱っている古着屋さんは調べておくといいでしょう。ハイブランドは古着であっても状態が良ければ思いもよらない価格がつくことがあります。ただし、買い取りをお願いする服にノーブランドが多い場合には、ノーブランドでも高く買い取ってくれると評判のお店へ足を運ぶようにしましょう。

参考文献:ブランド古着高価買取 BAZZSTORE

ネット買い取りサービスも

もし手持ちの服を古着屋まで持って行くのが手間だなと思う場合には、ネット買い取りサービスを活用することをおすすめします。もちろん買い取りサービスによって、そのサービスも異なりますが、大抵は服を入れる段ボールを用意してくれたり、査定が早かったり、自宅まで引き取りに来てくれることが多いです。

先でも紹介しましたが、服の系統やブランドの有無で買い取り価格に差があります。ブランド品がメインの買い取りサービスに、ノーブランドの服を買い取り依頼した場合、どんなに新品同様でも価格が安くなってしまう場合があります。ただ買い取り価格はあまり重視せず、部屋や洋服の片付けを重視しているのであれば古着屋へ持っていくよりは断然楽なので、おすすめできます。

 

処分するならコレもおすすめ

処分する場合は、何も買い取りだけが処分の方法ではありません。理由があって泣く泣く手放すけれど、まだまだ着られる洋服などは、次に紹介する方法で、買い取りサービスよりも高く売れることがあります。またゴミとしてではなく、二次的に利用してもらう方法を取ることで気持ちよく処分することもできます。

フリマアプリ

フリマアプリは若い世代を始め、幅広い世代に活用されています。正規店よりも安く、また直接販売者と取引できるだけあって、売りたい側は少しでも高く、買いたい側は少しでも安く、交渉しながら価格を決めていくことができるので、服を処分する方法の1つとして紹介します。

難点は、商品説明をしっかり記入しなければならない点や、高く売るためには写真撮影などそれ相応の手間やテクニックが必要になってくるところです。ただし買い取りサービスのように服のブランドやジャンルだけで価格がつくわけではありませんし、販売する自分自身で価格設定ができるのが特徴です。

フリマに参加する

アプリではなく、自分の手で販売する経験も面白いですよ。実際に面と向かって販売する必要はありますが、お客様にその場で売りたい服を吟味してもらえるので、ネット販売のように後々トラブルに発展するリスクは低くなります。

場所によっては出展料をしっかり取られてしまうこともありますが、物の価値を知る勉強としては良い場所だと考えています。

寄付する

また衣類の寄付もおすすめです。不要な衣類が発展途上国などに運ばれ、そのままその国で服として再利用される場合もあれば、輸入や輸出の場面で緩衝剤として活用されたり、用途はさまざまです。ただゴミとして処分するよりは、社会貢献した気分になることができます。

ただ寄付する場合を調べていくと、不要品を段ボールに詰めてこちらから送る場合が多く、また送るためにこちら側がお金を支払わなければならない場合もありました。

まとめ

不要になった服を処分するためにおすすめな方法をいくつかご紹介しました。私は自宅の周りに古着屋がないため、着なくなった服はもっぱらネット買い取りサービスを頼って、売ることにしています。自分が買った時よりがくんと値段は下がりますが、その価格の変動を知ったことで洋服を買う時に慎重になりました笑。不要な服を処分する時の考え方は人それぞれですが、どうせだったら処分も気持ちよく行いたいですよね。

fincleQA