段ボール再利用で日用品をDIY!段ボール活用術5選

Dangel099 / Pixabay

引っ越しやお買い物なので、段ボールを利用する機会は多いのではないでしょうか。でも引っ越し後や買い物の後、持って帰って来た段ボールをそのまま廃棄するのは、もったいないかもしれません。丈夫でかつシンプルなデザインな段ボールは、日用品として活用することができるんです!

今回は段ボールを再利用して、収納グッズや雑貨をDIYする方法をご紹介いたします。段ボールをそのままの形でワイルドに使いこなす方法もあれば、可愛くアレンジする方法もあります。自宅のテイストにあった活用法で、うまく段ボールを再利用してみませんか?

段ボールそのままを活用!?

matlevesque / Pixabay

まずはダイレクトに段ボールを装飾なしで活用する方法です。自宅のテイストがファンシーな感じだと、段ボールを装飾なしで使うのは少々違和感があるかもしれませんが笑、そのような時にはぜひマスキングテープや可愛いハギレなどを利用して、装飾を加えることで見た目をカバーすることができますよ。

段ボールで片付けアイディア

片付けのおともに段ボールが役立ちます。同じサイズの段ボールがいくつもある場合には、そのサイズ感を積極的に活用しましょう。「仕分けをするためのハコ」というイメージで活用します。

まず用意するものは段ボール箱と付箋です。メモ用紙でも何でもいいのですが、段ボールの胴体部分に付箋を貼り、仕分ける際に中に詰めるものを書いておきます。中に詰めるものがまたジャンル別に分けられそうな場合には、服を購入した時にもらうようなショップ袋にも付箋を貼り、ジャンルを書き留めておくことをおすすめします。

同じようなサイズの段ボールで仕分けることによって、片付けが途中でも積み重ねれば邪魔になることもありません。またサイズが一緒なら変な形に積むこともなくなりますから、見た目にも綺麗に片付けることができます。

段ボールで家具づくり!?

段ボールを利用した家具があるってご存知ですか?一度クラフトマーケットのような展示会へ行った時、段ボールの会社が段ボールで机や音響機材を作っていました。もちろんこれらはプロ仕様ですから、本当に頑丈な出来ですが、自分の力でもいわゆる「箱家具」はつくることができます。

例えば段ボール箱で本棚を作ってみましょう。段ボールは同じようなサイズが5〜6枚あると頑丈度が増します。基盤となる段ボール箱はフタの部分を切り取っておきます。また他に用意した数だけ解体し、板状にします。解体した段ボールに木工用ボンドを塗って、重ねていきます。乾くまではその上で昼寝など、自分の体や重いものを重しにすると良いでしょう。

重ねた板状の段ボールは、作りたい本棚の形にあわせて、大きいカッターで丁寧に切っていきます。切っていったら再び木工用ボンドで貼り合わせていくだけで完成です。もちろん切り込みを入れてはめ込み式に作るのも良いですよ。アイディア次第でどんなものでも作れちゃうので、試してみてくださいね。

切り貼りする楽しいアイディア

Worldofscience / Pixabay

切ったり貼ったりをこまかく繰り返すだけで、おしゃれな雑貨にも変身します。先に紹介したDIYは、大型のものが多かったですが、小さめの段ボールを利用しても立派な日用雑貨品を作ることはできます。むしろ小さいならではのアイディアも満載なので、ぜひ手軽に挑戦してみてください。

おしゃれなハンガー

段ボールハンガーは、さすがに冬物のコートのような重たいものを下げるには心もとないですが、さらりとした素材のワンピースくらいなら十分かけることができますし、ディスプレイとして飾りたい時にももってこいなアイテムです。

必要なものは段ボールとカッター、作りたい大きさのハンガーをモデルとして用意して、後は可愛らしく装飾するためにラッピングペーパーや毛糸、マスキングテープを用意するといいでしょう。作りたい大きさのハンガーを基に丁寧に切り取っていき、装飾するだけで簡単にできます。

ただし、出来る限り首の部分と肩の部分が厚手になるようにしましょう。本棚のアイディアのように重ねて厚くしてから切り取るのもいいかもしれません。

ナチュラルな額縁

私は趣味で絵を描いているのですが、額縁って買うと意外とするんですよね笑。しかも結構絵のテイストに合った額縁を探すのは大変なんです。そこで段ボールを利用して自分だけの額縁を作ってしまいました!

絵のサイズなどは、ネット上で検索してもすぐに出てくるので、その高さ・横に合わせて額縁を切り取るだけであっという間に額装できてしまいます。もちろんデザインも自由です!切り取った段ボールにペンキを塗ればDIY感がぐっと増しますし、要らないお洋服を巻き付けるアイディアもあります。

段ボールシアター

Twitterでも話題に挙がっていた段ボールシアターはいかがでしょうか。

最近のスマホやタブレット端末は画面も大きいし、動画配信サイトも豊富なので、スマホを利用して動画鑑賞する人も多いですよね。ただスマホを持った状態で見続けるのは億劫だし、だからといって寝ながら見るとたまにスマホを顔面に落っことして痛い目に遭うんですよね笑。

段ボールの底をスマホやタブレットのサイズに切り取って、そこにスマホ等をセットし、寝転がった状態で見ることができる段ボールシアターは、やってみると案外便利なのが分かります。

まとめ

段ボールはアイディア次第でどんなものにも変身してしまいます。装飾に工夫をするだけで、ぱっと見では段ボールだとは気づかないこともあります。DIYをする時は、カッターなどを利用することが多いので、ケガだけは十分注意してくださいね。

 

fincleQA