旅費を抑えたい人必見!ゲストハウスの活用法

cocoparisienne / Pixabay

近年、ゲストハウスという言葉を多く耳にするようになりました。

日本国内のゲストハウスを少し知っている方は「外国観光客が宿泊する場所」というイメージを持っているのではないでしょうか。

 

しかしこのゲストハウス、日本人も泊まることができますし、日本人だからこそ泊まりたい場所なのです。というのも、最近は日本に残る古民家町屋をそのままゲストハウスとして再利用することが多いからです。日本人であるならば、一度は古い日本の家で暮らすという体験をしてみたいものです。

 

今回は知る人ぞ知るゲストハウスをより多くの方に広めたい思いでご紹介します!

 

ゲストハウスとは?

ujeans / Pixabay

ゲストハウスとは、食事・アメニティサービスを省いた最低限の設備の安宿のことです。

バックパッカー向けの宿泊施設として、日本のみならず世界各国で経営されています。

部屋はドミトリーと呼ばれる相部屋が中心で、宿泊費は日本の場合2000円∼4000円程度です。海外の場合、安いゲストハウスは数百円で宿泊できます。

 

これほど安く宿泊できてしまうと、かえって衛生面や安全面が心配になるでしょう。

しかし、衛生面については、常駐のスタッフが毎日ゲストハウスの掃除を行っており、一般的なホテルに劣らず清潔なゲストハウスが多いので安心です。

また、安全面に関しては、夜間は玄関が施錠され、暗証番号を知らなければ外から侵入者が入ることもありません。相部屋は男女きちんと部屋が分かれていて鍵もかかるゲストハウスが多いので比較的安全に、快適に過ごすことが可能です。(しかし貴重品は常に目を離さないようにしましょう。)

 

それでは、ゲストハウスがどのような宿泊施設か分かってきたところで、次はそのメリット・デメリットについて確認してゆきましょう。

 

ゲストハウスのメリット・デメリット

Hans / Pixabay

今流行のゲストハウスには当然メリット・デメリットがあります。

ゲストハウスを利用した宿泊形態は一般的なホテルとは異なるので、人によって好き嫌いが分かれるところです。安く泊まりたい、ゲストハウスが気になっているのであれば、自分に合っているかどうか確認するためにもメリット・デメリットを確認しましょう。

 メリット

CyberComputers / Pixabay

ゲストハウスには嬉しいメリットたくさんあります。メリットを最大限に活かせば、今までにない旅の魅力を満喫できます。

 安い

一番のメリットは「安い」ということです。普通のホテルに泊まれば7000円から1万5千円必要ですが、ゲストハウスでは2000円から4000円のところがほとんどです。

長期滞在をしたいときには、1万5千円(一般のホテル1泊分)でおよそ1週間の滞在が出来てしまします。

 

女性一人でも安心

最近は女性が一人旅をすることが多くなりました。女性の一人旅は安全性が大切ですが、ゲストハウスは女性の一人客にもおすすめです。

部屋は男女別に別れているゲストハウスが多く、施錠もできます。

また、玄関がロックされる時間も決まっているので、夜間はロックの暗証番号を知っている人以外で中に入り込むことはありません。

また、ゲストハウスのスタッフも女性の多いところもあるので、心配な方は女性スタッフの多いゲストハウスを選ぶと安心です。たいていゲストハウスのHPにスタッフ紹介のページがあるので確認してみると良いでしょう。

 

日帰りでも楽しめるカフェ&バー

ゲストハウスによってはカフェやバーを開いているところもあります。

ふらりと立ち寄って美味しいお酒やスイーツ・軽食を食べながら、宿泊客と交流もできます。カフェ・バーつきのゲストハウスに泊まればちょっとした食事もできてしまいます。一日ゲストハウス周辺でのんびりと過ごしたいときには便利です。

 

他の宿泊客と交流しやすい

ゲストハウスの醍醐味は、他の宿泊客と交流できるという点です。

小さな居間、共用の台所が設けられているので、そこで作業していたり、ゆっくりと休んでいたりすれば一緒に居合わせた人と言葉を交わす機会が自然に発生します。

一人旅をして様々な人と気ままに交流したい方にはおすすめです。

 

多国籍、異文化交流の機会

ゲストハウスは海外からの観光客が非常に多く泊まります。私もゲストハウスによく泊まるのですが、実に様々な国の人々がゲストハウスを訪れます。したがって、ゲストハウス内ですれ違ったり、リビングなどで同じ時間を共にしたりすることもあります。その際は、片言の英語でもジェスチャーでも是非話しかけてみましょう。外国の観光客の方が日本の穴場を良く知っていることもあるので、良い旅行情報も得られます。

以前、韓国の古民家ゲストハウスに宿泊したのですが、そのゲストハウスにはアメリカやフランスからアーティストが多く集まっていたので、面白い話を聞くことができました。

 

leonardo1960 / Pixabay

デメリット

ゲストハウスは一般の宿泊施設とは異なり、初めて利用する場合は不便だと思うことも多いものです。

また、ゲストハウスのような宿泊の仕方が自分に合っているか確かめる必要もあるので、デメリットについても、しっかりと把握してから利用しましょう。

プライバシー

ゲストハウスを利用する場合、同じ部屋を複数人で使うドミトリーと呼ばれる相部屋に宿泊することが多いので、一人で部屋を使いたい方にはあまりおすすめできません。しかし、簡単なカーテンで部屋が仕切られ、最低限のプライバシーが守られているゲストハウスもあるので、それくらいであれば大丈夫という方にはおすすめです。

また、就寝時に音や明かりが気になる人も、他の宿泊客の立てる物音は避けられないのでゲストハウスで快適に過ごすことは難しいでしょう。

他の旅行者ろ同じ部屋で過ごすのは気になるけれど、ゲストハウスには泊まってみたいという人は個室のあるゲストハウスに泊まることをおすすめします。ただし個室の場合は部屋代が少し高くなり3000円~6000円になりますが、一般のホテルよりはやはり安いです。

 

アメニティ無し

ゲストハウスは基本的にアメニティがありません。

ですので、シャンプー、バスタオル、歯ブラシ、髭剃りは必ず自分で用意しましょう。

 

シャワー、トイレは共用

ゲストハウスは相部屋が中心なので、シャワーやトイレも自ずと共用することになります。他の方の入ったシャワー室が気になる方にはおすすめできません。また、ゲストハウスには基本的にお風呂は無いので、湯船につかりたい方は近くの銭湯や温泉を勧められることがあります。

 

shell_ghostcage / Pixabay

おすすめゲストハウス

最後に日本国内のおすすめゲストハウスをご紹介します。

 

 

京都 「ゲストハウス 和楽庵」

 

ゲストハウス和楽庵は京都の平安神宮、聖護院や京都大学にほど近い、閑静な住宅街にあります。町屋を利用した暖かみのあるゲストハウスで、相部屋はカーテンで簡単に仕切られているのでプライバシーもある程度守られて快適です。近くに銭湯が2か所ほどあるので湯船につかりたい方、銭湯好きな方にはおすすめです。

また、女性スタッフが多いので女性には安心・快適のゲストハウスでしょう。

公式HPはこちら

 

 

広島 ゲストハウス 碌

 

ゲストハウス 碌はJR広島駅から1駅の白島駅が最寄りで、閑静な住宅街に位置しています。

木造の温かみと畳のある部屋がとても落ち着きます。夜はカフェ&バーとして一般開放されており、旅行客のみならず、地元の方からも利用されています。

地元の方とお酒を飲んで言葉を交わす機会は少ないのでとても有意義な時間を過ごせます。また、このゲストハウスは外国の方がかなり多いので、外国の観光客と交流したい方にはうってつけです。

 

公式HPはこちら

 

 

 

鎌倉 ゲストハウス 亀時間

 

亀時間は“鎌倉の暮らしを亀時間で旅する宿”というコンセプトを持つ宿です。

鎌倉時代に港町として栄えていた材木座に位置し、築90年の古民家を利用したゲストハウスです。近くの商店街には八百屋、魚屋、酒屋などがあり、古くからのゆったりとした鎌倉の暮らしを堪能できます。時間に追われて疲れた時には、ふと亀時間に立ち寄ってみれば、新しい世界が開けてくるかもしれません。

 

公式HPはこちら

 

maxmann / Pixabay

まとめ

 

旅行を計画している方は、是非、旅行先のゲストハウスを調べてみてください。

ゲストハウスの魅力は一軒一軒異なります。一つ一つゲストハウスを巡っているうちに、あなたもその魅力に引き込まれるでしょう。

今回の旅行では、ゆっくりとしたアナログな時間を取り戻しに、ゲストハウス泊まりに行ってみるのも良いですね。

fincleQA