老後の趣味にもおすすめ、お金をかけずに楽しめるものとは!?




sasint / Pixabay

休みの日は買い物に出かけたり、友達とご飯を食べに行ったりして楽しく過ごしたいですが、さすがに毎週だとお金が続きませんよね。そんなときはお金がかからないで楽しめる趣味を持つことをおすすめします。普段、あまり意識していないかもしれませんが、楽しめそうなことは意外と身近にいろいろとあります。今回はその中から5つ選んでみました。もちろん老後にもおすすめです!

 

お金をかけずに楽しめる趣味はどんなもの?

年齢に関係なく、どれも簡単に始められるものばかりです。

sosari1086 / Pixabay

ベランダ菜園

畑を借りて家庭菜園となると初心者にはハードルが高すぎるので、もっと気軽に自宅でできるベランダ菜園がおすすめです。まずは育てるのが簡単なものから始めるのがよいでしょう。収穫したものは料理に使えるので、食費の節約にもなり一石二鳥です。

育てやすいものは夏だとミニトマトやキュウリ、オクラなどの野菜は日当たりをよくして、水やりをしっかりしていればわりと簡単です。また、バジルやミントなどのハーブはどんどん葉がでてくるので、あるとなにかと助かります。

冬は、ホウレンソウや春菊などの葉物や長ネギなどが簡単です。長ネギは買ってきたものをカットして、根っこの部分を植えるだけでよいので種も買わずにすみます。また、ローズマリーやパセリなどのハーブは寒さに強いので、冬でも元気に育ちます。

プランターや鉢は100 円ショップでも売っているので、ベランダのスペースに合わせて購入するのがよいでしょう。

 

Pexels / Pixabay

水泳

室内公共プールは利用料金が数百円程度ですので、これを利用しない手はないです。

水泳のよいところは自分のペースで無理なく楽しめるところではないでしょうか。ゆっくりと泳ぐだけでも全身の筋肉をバランスよく使うため、身体の引き締め効果が期待できるのも嬉しいところ。水の中で適度にリラックスしながら身体を動かせば気持ちもリフレッシュし、知らず知らずのうちに溜まった日頃のストレスの軽減にもなるでしょう。

evitaochel / Pixabay

 

ヨガ

年齢を問わず女性のあいだで根強い人気のヨガ。免疫機能が高まるばかりでなく基礎代謝も上がるので、女性には嬉しいことだらけです。

ヨガはスタジオに通わなくても自宅で楽しみながらやることができます。また、スタイリッシュなヨガウェアも必要なく、動きやすい服装であれば何でもよいので気張る必要もありません。

しかし、自己流でやるとケガをするおそれがあるので、ポースや動きが確認できるものを見ながらやったほうがよいです。今はYou Tube にさまざまなタイプのヨガチャンネルがあるので「これなら楽しくできそう!」と思ったものを試してみるのがよいでしょう。

 

読書

読書は場所や時間を問わずにできるのがよいところです。なんとも嬉しいことに、電子書籍ですと月額定額制で読み放題のサービスがあるので、思う存分に読書を楽しめます。

また、図書館を利用すれば、さらにお金がかからずに好きな本を読めます。本棚に探している本が置いてなくても書庫に保管してある場合もあるので、図書館にある検索機で探すと意外と見つかるものです。

本を読んで得た知識や考え方が、のちの自分の人生に大きく影響することもあります。よい本との出会いは、人生を豊かにする可能性も秘めています。

Unsplash / Pixabay

 

語学の勉強

語学の習得はよい意味で、ゴールがないので勉強した分だけ知識が増えていくのがよいところです。なにも、難しいレベルを目指さなくても、旅行などで使える簡単な日常英会話レベルだけでも十分に役に立ちます。

ひとまず、練習問題がついた参考書が手元にあるとよいでしょう。書店に行けば、ありとあらゆる英語学習者向けの本がズラリと並んでいます。どれにするべきか悩むかもしれませんが、選ぶ基準のポイントは、自分が見やすいと感じたもの、そして中学英語の参考書にすることです。

何冊も買う必要はなく1 冊で十分です。おすすめの勉強のやり方は、まず参考書を最後のページまでやります。そしたらまた最初のページにもどって繰り返しやる、という単純なものです。たったこれだけのことでも、何回も繰り返してやっていくと、少しずつ英語の基礎が身についていくのを実感できるでしょう。

語学はできるに越したことはないので、空いている時間に楽しみながら勉強してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

楽しめる趣味があると日々の暮らしもさらに充実したものになります。今回紹介したもの以外にも、イラストを描いたり散歩をしたりなど、お金をかけずに楽しめるものはまだまだ沢山あります。まずは気軽な気持ちで、興味を持ったものから始めてみるのがよいのではないでしょうか。