知らなきゃ損!宝くじの確率をちょっとでもあげる方法を徹底解剖




時々宝くじ売り場に行列が出来ているのを見かけます。年末ジャンボ宝くじなどの当選金額が多い宝くじが発売される時期には、高額当選があった売り場には必ずと言っていいほど長蛇の列ができます。宝くじ売り場の行列は最早風物詩とも言えるでしょう。

そんな皆を夢中にする夢のある宝くじですが、実際のところ当選確率はどれほどのものなのでしょうか。まさに「一攫千金」な宝くじの当選確率や購入するメリット、当選確率を高めるおすすめの買い方など、詳しくご紹介していきます。

 

宝くじについて知りたい

宝くじの当選確率やメリットのお話をする前に、宝くじそのものについてお話させてください。当選金額が高額である宝くじは、どのような経緯で日本に登場したのか、皆さんがくじを購入することで得られた金額が何に使われているのか、今一度確認しておきましょう。

宝くじとは

宝くじの正式名称は「当せん金付証票」と言います。日本の法律である当せん金付証票法に基づいて発行されています。宝くじは、個人や企業には販売することができません。総務大臣の許可を得られた地方自治体だけが販売することができます。ただ実際には宝くじ販売に伴う事務作業などは銀行に委託されています。

宝くじのルーツは江戸時代にさかのぼり、神社やお寺の修復にかかる費用を集めるなど、公的にかかるお金を集めるために始まりました。後半でもご説明しますが、上記のような地方の資金調達手段の一つとして用いられるので、宝くじの運営はあくまでも「資金調達のため」のものなのです。

宝くじのあたり

宝くじの醍醐味はやはり「あたり」ですよね。当選すれば一攫千金も夢ではありません。しかしあくまでも「当選すれば」です。そこで当選確率がどのくらいなのか調べてみました。

噂では、少々不吉な例えにはなりますが、突然交通事故に遭って死んでしまう確率より低いと言われています。実際調べてみると、例えば人気の宝くじである「ジャンボ宝くじ」は1等を当てる確率が1000万分の1と言われています。

1000万分の1、私が絶望した例えによると、東京ドームに最大収容人数が集まった状態で、それが大体222個あるうちの、たった1人しか当たらないという計算です。一攫千金の夢があるというよりは、夢でしかないような数字ですね笑。

宝くじは街づくりにつながっている

1等の当選確率はとんでもなく夢のまた夢のような確率ではありますが、人々が夢を追って購入した宝くじのおかげで、その収益金が街づくりへとつながります。

賞金や経費を除いて得られた収益金は、宝くじを発売した全国各地、指定都市へと納められます。そしてかつて神社や寺の修繕費用に当てられていたように、防災対策で利用されたり、地域の公園の整備、教育や社会福祉施設へと利用されます。

参考文献:宝くじ公式サイト

宝くじ購入のメリット・デメリット

夢ある宝くじですが、当選確率の絶望的な数値を知ると「買う意味あるのかな」と疑問に思ってしまう人もいるかもしれません。買わなければ当たらない、しかし買っても高額当選が確実とは限らない宝くじを1つのギャンブルとして捉える人がいるのも事実です。

そこで宝くじを購入するメリットとデメリットについていくつかご紹介していきます。メリット・デメリットを読んで少しでも納得できることがあれば、「ものは試し」と買ってみてはいかがでしょうか。

宝くじ購入のメリット

宝くじのメリットの1つに、収益金の利用が公共事業に回されている安心感というのがあります。宝くじに興味があるという方には、お金の動きに興味関心があるという人も少なくないでしょう。自分が支払ったお金が不正に使われていたりすると、悲しくなったり損した気分になるものです。しかし、宝くじはその収益金が発売元の地域に還元されていることが分かっているので、支払っても腑に落ちないということが少ないことでしょう。

宝くじの公式サイトには、収益金が使われた公共事業がどのようなものか紹介しているページが用意されています。どのような施設が宝くじの恩恵を受けているのか確認することができるので、ぜひ一度見てみてくださいね。よく利用している身近な施設が、実は宝くじの収益金による施設かもしれません。

また確かにギャンブルという捉え方はあながち間違いではないかもしれません。しかしパチンコや競馬といったギャンブルに比べて、ハマりすぎて破産に追い込まれるというケースはほぼないと言えるのではないでしょうか。

後は、やっぱり夢がありますよね。「もし宝くじが当たったら」という想像は、当選確率を聞くとあまり現実的に想像できないのが悔しくもありますが笑、やっぱり楽しいものです。宝くじを購入する行為そのものが楽しいものなのであれば、世知辛い世の中をこれからも前を向いて歩いていけるような気がするのです。

またギャンブルにも言えることですが、私たちが夢をもって支払っているお金のおかげで、宝くじに関わっている人の生活に役立っていると考えると気持ちいいものがあります。

 

宝くじ購入のデメリット

宝くじを購入する人の中には、高額当選を狙って、貯金をはたいて何十万と費やす方もいます。もちろんそれはその人にとって夢のある行為と言えますが、人によってはその何十万円で他の有意義なことができたのではないか、と疑問視する方もいるでしょう。例えばそのお金を旅行資金に利用したり、自己投資に使う方が適していると考える人もいます。そのような人から見ると、宝くじにかけるお金はデメリットでしかないですよね。

また当選確率があまりにも低すぎるので、お金によって得られるものの確実性を大事にしている人にとっては、宝くじを買うよりも、購入すれば必ず得られるものに価値を置くのではないでしょうか。確実性のないモノに対して不安感を抱く人にとっては、宝くじはあまりにもリスクの高いギャンブルなのでしょう。

正直貯金やお金の使い方に関する書物を見ていると、宝くじの購入ではなく、確実な積み立て貯金をおすすめしていました笑。メリット・デメリットはその人のお金への価値観の違いが大きく左右するということが分かりました。

 

宝くじの特徴的な買い方

メリット・デメリットをご紹介しましたが、「ものは試し」と一度購入を決めたあなたに、宝くじの特徴的な買い方をご紹介します。一般的によく知られている買い方から、高額当選を狙った買い方までまとめてご紹介します。

宝くじを連番で買う

まずは一般的な購入方法で「連番」をご紹介します。ちなみに私の家族は宝くじを連番で購入するのですが、理由を聞いたら「落選した時にすぐ諦めがつくから」と言われました笑。

連番は1口10枚の宝くじに記載されている「組」が同じもので、「番号」が連続して記載されているものを指します。連番で購入するメリットは、もし1等が当選した場合、1等の前後賞も当選するという、同時当選の可能性が高まります。

私の家族が言っていた通り、連番は10枚全ての組・番号を確認する必要がないので、落選が判明したら確かに潔く諦められそうです。でもこの考え方は少々、始めからネガティブすぎる気もしますね笑。

宝くじをバラで買う

バラは連番とは違い、1口10枚のくじの組・番号が全てバラバラです。そのため当選確認の際には、1枚1枚どきどきワクワクしながら数を確認することができます。ワクワク感はこちらの方がいくばくか上と言えるでしょう。

また、これも有名な話かとは思いますが、1口10枚という数だけで考えれば、連番よりバラの方が1等や前後賞の当選確率が高いと言います。「ものは試し」で挑戦する場合にはバラで購入して、一度そのワクワク感を味わってみてはいかがでしょうか。

宝くじを縦バラで買う

高額当選の確率を少しでも上げる方法として有名なのが、「縦バラ」という買い方です。購入する枚数は30枚です。9000円の出費にはなりますが、組・番号が連番になるように選んで購入することで、3つの連番を10通り用意することができます。

連番となったくじが10通りというのは、1等とその前後賞を狙う人にとってはとてもおすすめの方法です。

宝くじを特バラで買う

特バラはもっと豪勢な方法です。3万円分購入することになります。この方法で購入するくじは100枚です。下2桁が00〜99になるように100通りバラを購入します。下2桁の当選は3000円、下1桁の当選は300円なのですが、特バラで100枚購入すれば6000円は保証されます。

もし万が一高額当選が1つも当たらず、確実な6000円しか手に入れられなかったとしても、ポジティブに捉えると「100枚の宝くじを2割引で購入できてラッキー」となります。「あまりにもポジティブすぎやしないか」と思われるかもしれませんが笑、おおよそ20枚の宝くじが無料で手に入ったと思うと、何だか少し得した気分になりませんか?

宝くじをバラ・連番セットで

もっと単純に、初めて宝くじを購入する人で、「宝くじをいきなり大量に購入することはできないけれど、少しは期待したい」という人には先に紹介した「バラ」と「連番」をセットで購入することをおすすめします。単純に確率もあがりますし、バラと連番の当たりくじ確認の楽しみ方を同時に味わうこともできるので、どちらの買い方が自分に合っているかも理解することができます。

まとめ

宝くじの当選確率は、一番人気の年末ジャンボ宝くじの1等で1000万分の1ということが分かりました。絶望的な確率の低さでもありますが、それもまた夢を見させてくれる要因の1つと言えるでしょう。当選確率をあげるための買い方に挑戦するもよし、堅実に攻めるもよしです。捉え方一つでさまざまな楽しみ方のある宝くじを、ちょっとした娯楽の一つとして、ぜひあなたも挑戦してみませんか?