家電もレンタルする時代!?意外なあの商品も借りちゃおう

Pexels / Pixabay

レンタカーやレンタルサイクル、それにレンタルDVDなど、私たちの生活にレンタルはおなじみです。

しかし最近では、家電など色々なものがレンタル可能となっています。「ちょっとお試ししてみたい」「口コミだけでなく自分で確かめたい」そんなあなたのために、おすすめのレンタルをご紹介します。

家電製品のレンタルはもう当たり前?

引用:写真AC

新製品が次々と出る家電製品。CMなどや通信販売の宣伝を見ていると、欲しくなったりしますよね。

もちろん次から次へと買い換える余裕があれば話は別ですが、実際には買ってしまってから後悔することもないとはいえません。また単身赴任や学生生活の一人暮らしで、家電をそろえるのが大変…そんなときにはレンタルが便利です。

買う前にレンタルで性能を確かめたい!

家電製品を店頭やカタログで見ても、イマイチぴんとこないのが「我が家のサイズには合うの?」ということ。

収納場所はもちろん、普段使っていてコードレスだったけど充電器が大きすぎた、また使ったら意外に音が大きくてうるさかった…ということは使ってみないとわかりませんよね。

次のようなことに当てはまるあなたには、ぜひレンタル家電の利用がおすすめです。

新商品を使ってみたいけど、手持ちの予算が足りない

レンタルしてみて、気に入れば購入も可能なので、お金の準備ができます。

使う期間が決まっている

単身赴任や進学など、その期間が終わればまた家に戻ってくるという人は、引っ越しも身軽に済ませることができます。

季節ものの家電の出し入れが大変

家族全員が使うストーブや扇風機、出し入れや手入れが結構大変なだけでなく、収納場所も取ってしまう…そんな悩みが解消します。

新商品を試したいあなたには、ベイシア電器レンタル、生活家電をそろえたいならDMMいろいろレンタルがおすすめです。

こんなものもレンタル可能?

引用:写真AC

今やレンタルできないものはない、といわれるほど様々なものがレンタルできる時代。

上手に活用して無駄な出費を抑えたいですよね。

ちょっと変わったレンタルや、こんなものまで!?のレンタルをご紹介します。

通勤や通学に車を毎日使う…というわけではなく、週末だけといった乗り方をするならレンタルで借りる方が割安です。また子供ができてちょっと大きめな車が必要になったとき、色々な車に乗り比べてみるのもおすすめです。

家具

単身赴任や進学での一人暮らし。家電だけでなく家具ももちろんレンタル可能です。特にベッドは不要になったときの処分が大変なので、レンタルすれば助かります。

照明器具

一人暮らしでうっかり買い忘れがちなのが照明器具。もちろんレンタルできます。

自転車

引っ越しするときに、意外と大変なのが自転車。通常の引っ越し便とは別に配送となることも…(トラックのサイズが自転車の分大きくなることがあるため)。あると便利なので、これもレンタルを。ただし防犯登録や盗難の際の対応などは、事前に確認しておきましょう。

布団

客用布団があっても使うのは年に何回あるかないか…なら、レンタルが便利です。シーツを用意しておくだけなら邪魔になりませんね。

結婚式に着ていくドレス、靴、バッグ

あらかじめ日取りがわかっているので、それに合わせてレンタルが可能です。ただし人気のあるブランドなどの場合は、予約待ちということもあるので、バッグと靴を合わせたいときなどは注意しましょう。

美容器具

普通は購入すると肌に合わなくても返品できない美容器具。もちろんレンタルがあります。

赤ちゃん用品・育児用品

ベビーベッドやベビーバス、赤ちゃんに必要な道具は本当にたくさんあります。せっかく買ったのに、ベッドで寝てくれずいつの間にか物置に…という話もよく聞きますよね。レンタルなら色々試せて、気に入ったらもちろん購入できます。

レンタルしているアイテムが1万点、かして! どっとこむがおすすめです。

レンタルする際に注意したいこと

引用:写真AC

買うよりは断然便利なレンタルですが、借りる前には以下のチェックポイントを確認してから申し込みましょう。お金のやりとりにも関わりますので、申し込みの際には確認を怠りなく。

中古品か新品か確認

価格を抑えているところは、中古品でのレンタルを行っている場合があります。購入する可能性があるなら、新品を扱っているところを選びましょう。

貸し出しの日数や貸し出し点数の確認

セットで安くレンタルできる場合や、1点だけでもレンタルできる場合などもあります。またレンタル日数が日割りをしてもらえるのかなど、予定に合わせて借りられるかきちんと確認しておきましょう。

破損した際、また返品交換の手続きなど

事前に保険の手続きが必要な場合もあるので、あとでトラブルにならないよう疑問は事前に解消しておきましょう。気に入らなかったから交換したい、というときに追加料金が必要になる場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

このほかバーベキューやテントなど、アウトドアなどのレジャー用品などのレンタルなど、レンタルだけで生活やレジャーが楽しめるほどレンタルには様々なものがそろっています。

上手に活用して、節約もできるレンタルで、ぜひ買い物上手になりたいですね。

fincleQA