仮想通貨ゴーレム(Golem)の特徴や仕組み、チャートなど徹底解説!

マナ
こんにちは、fincle専属ライターのマナです!

仮想通貨の種類は世の中に沢山ありますが、現在注目を浴びつつあるのが仮想通貨ゴーレム(Golem)です!

ビットコイン(BTC)に比べ、新しい通貨である仮想通貨ゴーレム。どのような通貨なのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

この記事を読めばWavesがどのような通貨なのかすべて分かるようになるので、一緒に学んでいきましょう!

仮想通貨ゴーレム(Golem)とは?

仮想通貨ゴーレム(Golem)とは、Golemは2016年11月に発売され、すぐに完売となった話題の仮想通貨です。通貨単位はGNTと表します。2016年11月のクラウドファンディング(ICO)において、開発チームは820,000 ETH (当時のレートで8,600,000ドル以上)を調達しました。そのさいに、10億GNTが発行され、そのうち82%がICO参加者に、6%がGolem teamに、12%がGolem Factory GmbHに支払われています。

ゴーレムは余分なパソコンの処理能力をP2P通信で取引する分散型コンピュータープラットフォームを作ることを構想として掲げています。つまりゴーレムは、余っているコンピューターの計算能力を提供することで報酬を得られるシステムを目指しています。今はやりのシェアリングエコノミー的なモノですね。実現すれば高スペックのコンピューターがなくても、膨大な量のデータを分散処理が可能になると考えられています。

通貨名(通貨単位)ゴーレム/Golem(GNT)
公開日2016年11月(ICO公開)
時価総額(ランキング)約324億円(45位)
発行上限10億GNT
公式ホームページhttps://golem.network/
ホワイトペーパーhttps://golem.network/crowdfunding/Golemwhitepaper.pdf
公式ブログhttps://blog.golemproject.net/
備考イーサリアムトークンの一種

仮想通貨ゴーレム(Golem)の特徴は?

パソコンの処理能力を売買出来る

FirmBee / Pixabay

「パソコンの処理能力って売買できるの?」と疑問におもった方も多いことでしょう。

例えば高性能で高価なパソコンを購入しても、画像や動画を見たり、文章を書く程度であればパソコンの処理能力はそこまで使われません。一方で画像や動画の編集などのクリエイター向けの作業は多くの処理能力を必要とします。

このようにパソコンの処理能力を持て余している人向けに、その能力をレンタルして貸し出すことの出来るサービスをゴーレムは提供しています。そのため、ゴーレムには2種類のユーザーが存在しています。では早速見ていきましょう♪

2種類のユーザー

ゴーレムには、処理能力を提供する「プロパイダー」と、処理能力を利用する「リクエスター」がいます。

プロパイダーは、自分のPCの利用していない領域を資源として貸し出すことによってGNTを報酬として獲得し、リクエスターはGNTを支払ってその処理能力を使用することで高度な処理を行います。

このとき、世界中のプロパイダーの処理能力をを少しずつ借りることで、スーパーコンピューターなみに高度な計算能力が実現できると考えられています。この方式は、P2P通信によって誰にでも参加可能です!

また、利用者には「良いプロバイダー」「悪いリクエスター」のような評価付けが行われ、評価の低い人とはマッチングされないようなアルゴリズムが実装されます。

ゴーレムネットワークではパソコンの処理能力を共有することで、安価なパソコンでもスーパーコンピュータ以上のスペックを出すことができます。

マナ
ユーザーを守る仕組みもしっかり完備されているんですね!なんか安心して利用できそうです!

使っていないパソコンを有効活用できるという点も魅力的ですね!

個々のニーズに応えることができる

処理能力はGNTトークンで購入するだけで、簡単に個々のニーズに応えることが出来ます。例えばリクエスターは…

①安いパソコンだけど早い処理能力が欲しい

②一時的に高性能のパソコンが欲しい

③パソコンが重いから少しだけ性能を上げたい

といったニーズを叶えることができます。

高性能なパソコンは購入に多額の費用が掛かります。新しいパソコンは購入できないけれど「ちょっとだけ性能を上げたい」という方にとってはとても魅力的なサービスと言えるでしょう♪

一方でプロバイダーもパソコンを起動しておくことでネットワークに参加することが可能で、貢献度に応じてGNTトークンを報酬としてもらうことが出来るので、どちらにとってもウィンウィンな取引ができます!

次はニーズをより実現可能にさせる安価に利用料について見ていきましょう!

安価な利用料

TheDigitalWay / Pixabay

クラウドコンピューティングサービスといえばAmazonやIBMなどが大きなシェアを占めています。しかしながらこれらのクラウドコンピューティングサービスはAmazonやIBMが仲介者として存在しており、中央集権的サービスとなってしまっています。結果、サービスの利用料として多額の手数料を請求されてしまうことがあります。

ゴーレムはこの現状に問題意識を感じていると思われ、中央管理者の存在しない分散型のクラウドコンピューティングサービスを提供することで、誰でも簡単にかつ安価に利用することを可能にしています。

仮想通貨ゴーレム(Golem)の最新チャート

次に仮想通貨ゴーレムの最新チャートについて見ていきましょう。

2016年末に登場したゴーレムは、比較的古いコインであるといえます。取引開始時の価格は1GNT=0.01USドルでしたが、その後しばらく横ばいし、2017年3月頃から徐々に価格を上げていきました。2017年6月には1GNT0.6USドルを更新しました。その後下落ししばらく落ち着ていましたが、2017年12月-1月の仮想通貨ブームの際には、再び大きく価格を伸ばしました。2018年1月3日には、1GNT=1.16USドルまで高騰します。その後は他の通貨と同様数日で落ち着きを見せ、7月25日現在、0.3USドル(約34円)を前後しています。

たいてい毎年1月には仮想通貨の暴落が起こるのですが、2018年度は特に著しく暴落した年であったといわれています。少しだけその理由を説明しましょう。

・中国では2月にある旧正月のために換金売りする人が多くいます。一人だけ換金するならまだしも、ほとんどの仮想通貨ユーザーが換金行為をするともちろん価格への影響は免れませんよね。

・中国当局による規制です。中国の中央銀行が仮想通貨を使ったサービスを禁止するという見解を出しました。また中国当局はICO(資金調達)も禁止し、同時に国内の取引所もつぶし、マイニングも段階的に撤退勧告を発布しました。

・2018年は欧州での仮想通貨規制も起こりました。1月には、ドイツとフランスで、国際的に仮想通貨を禁止しようという風潮が生まれました。そのため、権威ある既存の金融システムのなかで地位のある人たちが仮想通貨禁止へと動き、規制に乗り出そうとしました。

他にもNEM流出事件なども起こってしまい、仮想通貨に関する多くの事件が起こったことも原因と言えます。

ただ、悪いことだけではありません。多くの有名企業が仮想通貨での決済を可能にする動きが見られたり、大国ロシアが仮想通貨市場に参画するなどいいニュースもあります。まだまだ市場は活発化していく余地は多く残っています。

ゴーレムは1月に価格を下げたものの、それ以降大きな価格の下落はありません。むしろ安くなった今がチャンスかもしれません!

仮想通貨ゴーレム(Golem)の買い方

マナ
Golemはどこで買えるんでしょうか?

気になった方も多いかと思います。ここではGolemの取扱所・買い方についてわかりやすく説明します。

Golemは2017年に発足した仮想通貨で、成長しつつあるものの、まだまだメジャーな通貨とは言えません。そのため購入できる取引所も今の所あまり多くありません。現在は、全世界取引高ナンバーワンの「Binance 」をはじめ、「OKEx」や「HitBTC」でも取引されています。

ただ…問題が…Golemは現在日本円で直接買うことが出来ないのです。

Golemを取り扱っている取引所が、日本円を取り扱ってないんですよね……

マナ
えぇー、じゃあどうやって買えばいいんですか?泣

仮想通貨Golemの買い方についてまとめてみました!

①国内の取引所に登録する。

②取引所でビットコインを購入。

③Golemを取り扱っている海外の取引所(Bianceなど)に登録する。

④国内の取引所からビットコインを海外の取引所に送金。

⑤Golemを購入。

という流れになります。

信頼性や安全性という点を考慮に入れると、セキュリティ面もしっかりしているBinance(バイナンス)がおすすめです。

FincleではBinanceについての記事も紹介しています。以下のURLをクリックしてチェックしてみましょう♪

BINANCE(バイナンス)の登録方法から入金、取引方法をわかりやすく図で解説!

取引所特徴手数料
HitBTCICO直後の通貨を購入したい人向けの取引所。0.1%
OKEx香港で運営されている仮想通貨取引所。中国の三大取引所の一つ。通貨取引量によって変化(-0.01~0.2)
Binance 香港で運営されている仮想通貨取引所。中国の三大取引所の一つ。0.1%

仮想通貨ゴーレム(Golem)の将来性

avi_acl / Pixabay

ゴーレムははICO段階で10憶GNTすべて発行されたので、アルゴリズムはPoWなんですがマイニングによりGNTを採掘することはできません。そのため取引所で購入するしかありません。

マナ
マイニングができないということはGNTの価格にどのような影響が出てくるのでしょうか?

上述したようにゴーレムは、高スペックで高いコンピューターを個人で購入しなくても、ゴーレムプラットフォームを利用することでスーパーコンピュータ並みのコンピュータを安価に利用することができます。ゴーレムが成功すればクラウドコンピューティングに革命が起こるはずです。現在、高い価格で大企業のサービスを利用しているユーザーが、少しでもゴーレムに移れば発展の余地は計り知れないことでしょう。

マイニングが出来なかったとしても、クラウドコンピューティングの市場自体は数兆円規模になるので、将来性はかなり高いといえます。

おわりに

今回はについて見ていきました。ゴーレム(Golem)の特徴は理解できましたか?最後にゴーレムの魅力についてもう一度おさらいしておきますね♪

➀パソコンの処理能力を売買出来る

②2種類のユーザー

③個々のニーズに応えることができる

④安価な利用料

が大きな特徴でしたね!クラウドコンピューティングの市場規模は計り知れません。もしゴーレムのプロジェクトがうまくいけば、価格が上がるのはまちがいないでしょう。開発には時間がかかるかもしれませんが、“今すぐには利益を得られなくても、のちのち得られればいいよ!”という方にはもってこいのコインだと思います。「将来性を期待して投資してもいい!」という方、ぜひゴーレムを考慮に入れてみてくださいね♪

1 個のコメント