結婚と婚約にかかる費用は?おおよその目安と見積もりのポイントとは




結婚が決まったあなた、おめでとうございます。これから大切な人と末永く幸せになってくださいね。しかし婚約指輪や簡略化されることもあるとはいえ「結納」があったり、結婚式をすることになったりするとどうしても悩まされるのが「お金の問題」です。一体結婚と婚約にはどのくらいお金がかかるのでしょうか。今回はそのおおよその費用と、お金をかけすぎないための見積もりのポイントについてご紹介していきます。

Pexels / Pixabay

 

結婚と婚約にかかる費用とは

Pexels / Pixabay

「婚約」も「結婚」も華やかで大変嬉しいイベントではありますが、華やかな分お金がどうしてもかかりがちです。お手軽に済ませることももちろんできますが、一生で一度の式典ですから悔いのないようにしたいですよね。費用のおおよその相場について調べてみました。

参考文献:結婚費用の項目と相場

婚約にかかる費用とは

まず結婚が決まった時には、両親顔合わせや婚約指輪の購入といったイベントが待ち構えています。近年ではこの部分を簡略化し、ホテルで両親顔合わせを兼ねて食事会を開いたり、婚約指輪は購入しないといったカップルもいたりして様々です。

婚約にかかる費用なのですが、結納も行うのであればざっくり50〜60万円くらいかかります。もちろん全国平均額ですし、やるかやらないかはこれから結婚する2人とご両親が決めることですから「絶対」ではありません。

結納では会場費として14万円ほどかかると見込んでよいでしょう。顔合わせの際も、食事代や場所代を考えて6〜10万円、また婚約指輪の平均額が35万円ほどなので、どこをこだわりたいかあらかじめ2人で決めておきましょう。

ちなみに私たちの場合は、両親顔合わせの際、ついでに結婚式に出す食事の選定もしようと思い、試食会も兼ねて結婚式会場のホテルで行いました。そのため6〜10万円はかかったものの、わざわざ結婚式の料理決めをもう1度する必要がなくなったので、少し節約になりました。

結婚にかかる費用とは

後にも説明しますが、結婚にかかる費用の大半は、結婚式の会場費や準備によるもので、式場や式の規模によって大幅に変動します。とはいえ、結婚指輪も合わせて400〜500万円はかかるものだと想定しておきましょう。

ただし、結婚式は参列者からのご祝儀があります。用意しなければならない額が400〜500万円ではなく、式にかかる金額全体の価格を指しますから、安心してください。とはいえ結婚前に2人で合わせて200〜300万円くらいは余裕をもって貯金しておいた方が安心なのは確かです。

式の規模を決めよう

式の規模を決めておくと、この後の見積もりをたてるのが楽になります。近年親族だけや親しい人だけの少人数で行う結婚式も増えています。この場合、式全体の金額は低くなりますが、ご祝儀の数も減るため負担額は全体の割合から考えると多少多くなります。

もし会社の人も呼び、盛大に行うとなると、全体の金額は非常に高くなってしまいますが、ご祝儀の数も増え、自己負担の割合はぐっと減ります。私たちが結婚式を挙げた式場に至ってはカード払いが可能だったため、式で受け取ったご祝儀をそのまま使用して支払うことができました。

見積もりのポイントとは

Meditations / Pixabay

大体の費用が分かったところで、見積もりをたてていきましょう。金額がかかることが分かっているからといって予算を組まずに行動すると、思わぬ出費に頭を抱えることになります。

オーバーは覚悟の上で

予算を組んでも予期せぬ出来事が発生することは多々あります。そのため多少のオーバーは覚悟の上で見積もりをたてていきましょう。突然の参列欠席や増員、食事やドリンクメニューの変更や当日の花の選定、結婚式の写真や動画撮影など、出費の発生場所は至るところにあります。

ご両親が金銭面で援助してくれる場合には、ご両親の希望を前もって汲み取っておきましょう。記念の写真が欲しい、動画撮影もお願いしたいなど、2人が考えていたプランとは違う希望があるかもしれません。金銭トラブルになってしまわないよう、希望は聞き取っておきましょう。

こだわりは妥協せず!

予算組みはしっかり行いますが、自分がこだわりたい部分には妥協せず、お金を払うことをおすすめします。一生に一度のハレの日ですから、ドレスはどうしてもコレが着たい!演出はこんな風にしたい!など希望があれば、極力叶える方向で話を進めていきましょう。

結婚式の決めることの中に、結婚する2人が特に気にならない箇所があれば、そこを大幅に節約してしまえばいいのです。例えば私たちの場合は、もともとの結婚式プランにはじめから入っていた招待状のデザインで十分だったので、印刷物は全てプラン任せにしてしまいました。

 

まとめ

結婚、婚約にかかる費用はかなりの金額ですが、全てを負担するわけではありませんし、自分たちや両親と相談することで削れる部分ももちろんあります。計画的に予算を組んで、痛い出費を避けることを心がけましょう。そして悔いのない素敵な婚約、結婚というハレの日を迎えてくださいね。