使いやすいキッチンは動線が大事だった?!キッチン断捨離のススメ




毎日欠かす事のできない”食事”によって、料理が好きな人も嫌いな人も、一日の中でキッチンに立ち入る機会は必ずあると思います。しかしキッチンが片付いていないと、料理をするのも後片付けをするのも億劫に感じませんか?

そこで今回は、”料理と後片付けが億劫にならない”使いやすいキッチンとはどのようなものなのか調べてみました。またムダなアイテムが料理の気分の邪魔をしないよう、キッチンの断捨離方法もご紹介していきます。

congerdesign / Pixabay

 

使いやすいキッチンとは

使いやすいキッチンとはどういうものなのでしょうか。私の定義では、料理のしやすさだけでなく、最後の後片付けまでしっかり行うことのできるスッキリとしたキッチンだと考えています。そして中でも重要なのは、料理・後片付けのしやすい”動線”を確保することです。

動線を確認しよう

キッチン内で作業をする際、冷蔵庫から食品を出したり、まな板を出して切ったり、コンロに火をかけたりと、あらゆる動作が生じるかと思います。その際の道筋のことを指します。

この動線を確認し直した時、自分が料理の準備から片付けに至るまで、やけに行ったり来たりの動作が多かったり、モノを取りにいくまでの動線が長い場合には、調理している際の動きにムダが生じている証拠です。

理想的な動線とは

理想的な動線は、一連の動きが一方通行で済むことだと言われています。一方通行で円を描くような動きで調理が完了することが、心地よい動線です。言われてみると確かに冷蔵庫から調理エリア、コンロエリアに移動して、最後にダイニングへ持っていける動きが滑らかだと、ムダがないですよね。

調理の流れに合わせた動線が描けるように心がけることが、使いやすいキッチンへの第一歩なのです。

動線に合った物の配置を

使いやすいキッチンに重要なのは動線だけではありません。流れるような動線に合わせて、それに適した物の配置ができることが理想です。そうすれば「離れた棚に調理器具がある」「離れた位置に調味料がある」と、あちらこちらに動き回る必要もなくなります。

 

キッチンの断捨離をしてみよう!

Anelka / Pixabay

動線に関しては住まいの設計上、「すでに決められた動線でしか動けない」という場合もあるかと思います。しかし物の配置や収納においては、いつでも工夫できるものですから、もしあちらこちらに調理に利用する器具や調味料が散らばっているのであれば、直ちに整理しましょう!

調理器具はどうする?

例えば我が家にも計量スプーンやミキサー、野菜を漬けるための調理器具など、普段全く登場しないのに存在している調理器具があります。しかし例えば計量スプーンは、料理に慣れてくると手持ちのスプーンで代用できますし、目分量で十分足りてしまいます笑。ミキサーも漬け器も登場頻度はかなり低めです(漬け物は、塩揉みして1日冷蔵庫に入れれば十分美味しい浅漬けになります!)。

そのため「代用のきくもの」「いつ使うか分からないもの」は思い切って処分することをおすすめします。もちろん、必ず使うことになる時があるのであれば、無理に捨てることはありませんが、「いつか使うかも」と取っておいても使わなければ意味がありません。

調味料はどうする?

料理が好きな人であれば、新しい味や料理に挑戦したくなり、調味料をついつい沢山買いすぎてしまう人も少なくないでしょう。しかしこの機会に一度取り出して確認してみてください。全部しっかり使いきれたことはありますか?

 

むしろ本当に使うために購入した調味料であれば、位置も残量も把握していると思います。でも断捨離の機会で「あ、そういえばこんなのも!」と思った場合には、痛んでいる場合もあるので処分してしまいましょう。そして、そのもったいない体験を基に「買い過ぎ」も防止できると良いですね。

 

また中途半端に残った調味料が見つかったら、しばらくは新しい調味料を購入するのは控えて、それを使い切るためのメニューを考えましょう。使い切ってしまえば、「もったいない」気分に苛まれることもありません。

食器類はどうする?

最後に食器類です。いただきものなどで、意外と増えていってしまう食器類ですが、使わなくなったものも見つかることでしょう。そこでまずは使用頻度別に仕分けを行います。使用頻度の高いものは言わずもがな、しっかり保管しておきます。

 

利用頻度の高くないものは、来客用として一部ピックアップしたら、潔く捨てます。もちろんいただきものの高価な皿や大切な品まで無造作に捨てろ!とは言いませんが、「取っておいても仕方がない」と自分で納得できるものがあれば捨てるべきです。そうは思わないけど捨てる決心がつかない場合は、1年という期限を設けて、1年以内に使わなければ捨てるという判断をオススメします。

まとめ

動線の確保と必要なもの以外を思い切って断捨離することで、ぐっと使いやすいキッチンへとつながります。私は動線とキッチンのごちゃつきが改善されてから、キッチンへ立つ事が苦には思わなくなりました。料理〜後片付けまでストレスなくできると、毎日が過ごしやすくなりますよ!