500円で充分!?節約できるインテリアグリーンの取り入れ方

お部屋に植物があると、それだけで空間がぱっと明るくなり、なんだかおしゃれに見えるから不思議ですよね。

雑貨屋さんやインテリアショップでもインテリアグリーンのコーナーが設けられ、小さな寄せ植えから存在感のある大きなものまで、色々な植物が売られています。

インテリアショップなどのグリーンはとってもおしゃれですが、小さい鉢植えでも1000円以上したりとお値段が高くなりがちなのがネックです。もっと手軽でお安く、インテリアグリーンを飾ることができたら嬉しいですよね。

筆者は10cm位の鉢植えから50cm位の高さがあるものまで、色々なインテリアグリーンを家に飾っているのですが、実は500円以下で手にいれたものがほとんどです。

今回は、できるだけお金をかけずにお部屋をおしゃれに見せる、グリーンの取り入れ方についてご紹介していきたいと思います。

Hans / Pixabay

飾り方を工夫する

Alexas_Fotos / Pixabay

100円ショップでも、小さな鉢に入ったグリーンが売られているのを見かけます。でも、買ったときのプラスチックの鉢のままでは、インテリアグリーンとしては少し素っ気ない感じもしますよね。

そんな時は、飾り方に少し工夫を加えることで、ぐっと見た目をおしゃれにすることができます。

また、まとめて飾る、小分けして飾る等、グリーンの数やボリュームを調整することでも、見た目の印象を簡単に変えることができますよ。

容器を入れ替える

Unsplash / Pixabay

一番簡単なのは、グリーンの容器を変えてみることです。お部屋の雰囲気に合わせて、クールな印象であればガラスや金属製のもの、家庭的な雰囲気であれば木やカゴなどの自然素材でできた容器に変えるのがおすすめです。

新しい容器に植え替える場合は、根が腐らないような工夫を忘れないようにしましょう。底に穴のあいた鉢と、受け皿がセットになった植物用の植木鉢を用意するのがベストですが、小さな観葉植物であれば、根腐れ防止効果のあるゼオライトや、ハイドロカルチャー用の土を使ってコップやグラスに植え替えることも可能です。

おしゃれだけれど耐水性のない容器にどうしてもグリーンを飾りたい、という場合には、容器より一回り小さいコップなどに一度グリーンを植え替え、そのコップをお気に入りの容器の中にセットすれば問題ありません。

ゼオライトやハイドロカルチャー用の土、容器に使えそうなカゴや箱は、100円ショップでも売っています。植物と土、容器の3点セットを購入しても500円以下で収まるので気軽に挑戦できますし、雰囲気を変えたいと思った時も、新しい容器に入れ替えればよいので簡単ですよ。

2~3種類を寄せ植えする

KwonDayeon / Pixabay

気に入った植物だけを飾るのも良いですが、2~3種類の植物をあわせて植えることでぐっとおしゃれ感が増します。

植物を組み合わせる時は、まず主役になる目立つものを決め、それを引き立てる植物を選ぶとうまくまとまります。葉の形や色、上に伸びるものと下へ垂れていくものなど、植物同士の組み合わせを色々と試してみましょう。

例えば我が家のキッチンに置いてある寄せ植えは、主役に高さのあるオリズルランを配置し、その根本にアイビーを配置してあります。細長い葉と星形の葉がお互いを引き立てあうような組み合わせです。

株を分けて飾る

jinhopark / Pixabay

もし大き目の株をお安く買う事ができたり、元々持っていた植物が大きくなって鉢が手狭になってきたような感じがしたら、ひとつの株を分けて育てる株分けにもチャレンジしてみましょう。

お揃いの小さ目の容器に入れて沢山並べると、整然とした中にもかわいらしい雰囲気になりますし、小さなグリーンをお手洗いやキッチン、窓辺など、ちょっと目につくところにちょこちょこと置いておけば家全体がおしゃれな雰囲気になります。

我が家では、もらいもののコップや空き瓶を使い、大きくなってきた植物の株分けをしています。この方法であれば、容器も植物も新しく買う必要がないので、実質0円でグリーンを増やすことができますよ!

グリーンの賢い買い方

使いたい植物にこだわりがあるのであれば別ですが、とりあえず部屋の雰囲気を明るくしてくれるグリーンが欲しい、という場合は次のような点を覚えておくと役に立ちます。

良く増える植物を選ぶ

植物には、ゆっくり育つものや、少々放っておいてもどんどん育つものなど、いろいろな性質があります。

日当たりや温度にあまり左右されずどんどん育ってくれる植物を選ぶと、トイレのような日当たりの少ない場所にも置きやすいですし、寒い時期に玄関ホールに置いていても活き活きとしていてくれるのでとても便利です。

例えばアイビーやポトスは丈夫なうえに成長も早いので、株分けをして鉢を増やしておくこともでき、新しいグリーンを購入する必要がなくなるので節約にもなります。

ホームセンターのセール時期をチェック

alex80 / Pixabay

花屋さんやインテリアショップで買うよりも、インテリアグリーンを買う時の穴場としておすすめしたいのがホームセンターの園芸コーナーです。100円ショップでは売っていないような大きいサイズの鉢植えなど、種類も豊富にそろっています。

ただ、花屋さんなどに比べれば安いとはいえ、通常時には500円を切るお値段の鉢がそう多いわけではありません。

しかし冬に入る前などに屋外の売場を整理するなどの理由でセールがある場合には、在庫一掃処分ということでびっくりするような低価格になることがあります。

実際、筆者は40cm越えのパキラの鉢植えを400円程度で買ったことがあります。セール前には1000円前後していた商品だったので、とてもお得でした。

グリーンを購入する際には、ホームセンターも一度覗いてみると、掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

お店を賢く選んだり、よく育つ植物を吟味して買い、お気に入りの容器に自分で植え替えれば、500円以下でも充分素敵なインテリアグリーンを用意することができます。

暮らしの中にグリーンを取り入れて、気持ちのいい毎日を送ってくださいね。

fincleQA