図書館を利用した無駄のない節約術とは!




 

klimkin / Pixabay

小学生、中学生の頃に図書館で本を借りた経験ありますよね。その一方で社会人になると、図書館を活用する機会はどうしても少なくなってしまいます。しかし社会人になった今こそ、図書館をもっと活用しましょう。今回は図書館を利用した節約術についてお話していきます。

klimkin / Pixabay

図書館節約術における利点

図書館の活用は節約につながります。様々な書物を取り揃え、貸出してくれる図書館は、調べものや新しい知見を得るために大活躍です。図書館をフル活用する利点についてご紹介します。

本を買う基準ができる

本を購入した後、結局読むことなく、そのままどこかに放っておいたりしていませんか?図書館を活用することで、本を買う基準をつくることができます。

読書好きにとって、本を買うことへの抵抗は少ないかもしれませんが、読みたい本がありすぎてその都度購入していては、お金がいくらあっても足りませんよね。また一度読んだだけで読み返さない本や、読み飽きてしまった本もあるのではないでしょうか。

図書館には、話題になった本を積極的に用意してくれます。そのため気になった本は一度図書館にあるかどうか探し、あれば借りてみましょう。読み終わった時、手元に残しておきたいと思った本だけを購入するようにすれば、沢山出費する必要もありません。

図書館で本を借りることは、趣味や娯楽、勉強に値する本の購入代金を節約しながらも、読書を楽しむことができる方法なので、おすすめです。

貸出し締め切りの存在

図書館の本は、必ず貸出し期間が設けられています。そのため借りたら「その期限までに読み切らなければ」という意識が生まれますよね。そのおかげで、本に集中する時間をつくることができます。

本を買ったのに結局読まないのは、非常にもったいないことです。ですが、図書館で本を借りることで、「期限までに読み切らなければ」という意識が生まれ、借りた本に集中することができます。仮に期限内に読み切れなかったとしても、もったいない出費にはつながりません。

締め切りがあるとプレッシャーに感じてしまう人もいるかもしれませんが、2週間以内に借りてきた本をじっくり読むことのできる時間をつくると、仕事や家事に追われて忙しい生活の中に余裕ができて、ゆとりある生活を楽しめますよ。

パソコン使用も可能

時間制限を設けている図書館もありますが、パソコンを使用できる場所が増えています。そのためカフェ代わりに図書館を活用して勉強することができます。参考文献を探しまわったり、参考書を探すことも気軽にできます。

毎日継続して勉強するとなると、カフェで飲む1杯のコーヒー代って意外と高くつきますよね。図書館なら無料で施設を利用することができますし、図書館によってはフタつきの飲み物なら施設内で飲むことができます。

思わぬ良書の発見

また図書館の醍醐味は何と言っても、本屋ではなかなか見つけることのできない良書の発見です。図書館は話題作や新刊も積極的に取り扱っていますが、かなり昔の作品や本屋ではあまり取り扱っていない本が置いてあることがあります。もちろん探したい本を探す分には、大型書店やインターネット検索で探すこともできますが、図書館ならお金をかけずに良書を発見できます。

Marisa_Sias / Pixabay

図書館節約術の注意点

図書館をフル活用することで、節約ができます。本を借りれば、本にかけていたお金が節約できますし、本当に手元に置いておきたい本を選ぶのに役立ちます。しかし、もちろん図書館節約術にはデメリットもあります。注意点について問題がなければ、ぜひ活用してみてくださいね。

利用登録は必須

本を借りるためには利用登録をする必要があります。自分の住んでいる区内、市内の図書館へ行き、登録を行いましょう。出入りはどの図書館でも自由に行うことができますが、その場で本を読み切るにはまとまった時間が必要です。引っ越して異なる区や市へ移動した際には、図書館の利用登録は忘れずにしましょう。

借りられない可能性も

最新刊や話題の本を読みたいのは、あなただけではありません。様々な人が通う図書館ですから、借りたい時に借りられない可能性も十分あります。マニアックな内容の本や古書ならすんなりと借りられることが多いのですが、話題の本は取り扱い数が多くても借りられていることが多いです。

ですが図書館では予約や取り寄せができます。どうしても読みたい本があった場合には事前予約や、その区内・市内の他の図書館からの取り寄せをお願いしてみましょう。

本の状態が悪いことも

ページの折れ曲がりや水や飲料をこぼした汚れなどがついていて状態が悪いことがあります。本の表紙に注意書きがしてある図書館もありますが、新品同様の状態の本を読むのは難しいかと思います。

まとめ

図書館を活用することで、本にかけるお金を節約することができます。本を購入する基準を定めれば、後悔することなく、本を手元に置いておくことができます。施設の活用も工夫すれば、勉強や調べものには最適の空間ですよ。