1ヶ月で1万円も貯まる!?私が密かに行う小銭貯金とは

まとめ買い、セールでの購入、毎日色々な節約方法を工夫しているけれどなかなかその効果が実感できないということはありませんか?

毎日の小さな節約は、なかなか大きなものにはつながりにくいもの。

しかしその小さな節約も、長い目で見れば大きな節約につながります。500円玉貯金がブームとなりましたが、毎日500円はちょっと大変、というあなたに「100円玉貯金」と「小銭貯金」をご紹介します。

jarmoluk / Pixabay

まめな貯金が苦手なら小銭を貯める

weinstock / Pixabay

500円玉貯金がブームだったとき、「10万円貯める」本をわざわざ購入して始めた私ですが、1ヶ月も続きませんでした…。

給料日前でお金がなくなると「まあ500円ぐらいなら」と取り出して使っていたんですね。

まあそれでは貯まらないです…。

そんな私がなぜかここ数年続けられているのが、「小銭貯金」。一日の最後に、財布のなかにある小銭を貯金箱へ入れるだけの方法です。

もちろん買い物をしていて、小銭がきれいに使える日もあるので、毎日入れられるわけではありません。

それでも1ヶ月に少なくても6,7千円は貯まります。多いときだと1万円を超えるときも。

月謝や町内会の支払いなどで、端数が足りないときにそこから出すこともありますが、まったく貯められない月はないので、1年貯めればそこそこの額になります。

最近では郵便局や銀行のATMで小銭が預けられます。もちろん窓口でもできますが、待つ時間がないときにはATMのほうが便利です。

ただしまめに預けに行くことが必要なので、私は窓口でお願いしていますが…。

しかしただ預けているだけでは、そんなに利子は付かないのが現状。

今はふるさと納税の資金に使っているのですが、もうすこし大きくしてなにか投資はできないかなとも考えています。

まだちょっと時間がかかりそうですが…。

100円貯金で貯めて、投資ができる?

reimoon0 / Pixabay

同じ主婦の友達が、最近始めたという100円貯金。

500円貯金よりも気持ちが楽に、そして節約体質も身につく、ということでひそかに話題になっているそうです。

毎日100円を貯めていくのは500円玉貯金と変わらないのですが、その100円は毎日の暮らしや買い物で節約した100円なのがちょっと違うところ。

ジュースを買わずにお茶を家から持って行く

ついつい買ってしまうのが自動販売機のお茶やジュース。

でもそれを全部禁止にするのはちょっとつらい。まずはお昼のお茶を家から持って行くことにする、で毎日100円の節約になります。

カフェのコーヒーをコンビニのコーヒーに

毎日カフェで飲むコーヒー、またテイクアウトにしてもちょっと割高ですよね。

フレーバーなども新しくなったら気になるし…。もちろんそれを我慢する必要はありませんが、まず2日に1回はコンビニのテイクアウトコーヒーにしてみませんか。

コンビニでもしっかりした品質のコーヒーが飲めるようになっていますよ。

これで200円ぐらいの節約に。

会社で食べるお菓子は小袋のものに

コンビニで購入すると、ついつい目移りして余計なものまで買ってしまいます。

スーパーなどで売られている大袋は、小分けになっているので会社のロッカーに入れておけば保存食になります。

コンビニに行く習慣を減らすだけで、一気に500円は節約に。

お弁当が面倒ならおにぎりだけでも作る

毎日のお弁当、手作りすれば節約になるのは分かっているけど、なかなか難しい…。

そんなときは無理をせず、おにぎりだけにして、おかずは買いましょう。

少し多めに持って行くと、夕方小腹が空いたときにも食べられます。

ただし手作りのおにぎりは、長持ちはしないのでその日中に食べるようにしましょう。

職場で飲むお茶やコーヒー、スープはインスタントを用意する

お茶や紅茶のティーバック、インスタントコーヒーの粉、インスタントのスープなど、スーパーなどでは大箱で割安に購入できます。

しょっちゅう飲むものだからこそ、ストックしておくと自動販売機やコンビニを利用しなくて済みます。

バスや電車に乗るなら回数券や定期券を利用する

仕事で使うならもちろん必要な定期券。同じ額で買える最長までの駅までにしておくと、その先に行くときに割安になります。

またしょっちゅうは行かないけれど、お稽古事などで通う場所があるなら、回数券を購入しましょう。

半年有効で1回分がお得になります。

まとめ

いかがでしたか?

毎日の生活で、ちょっとしたことを「変えてみる」だけで、100円ならそれほど難しくなく節約できますよね。

私も今やっている小銭貯金にくわえて、100円貯金も始めて見るつもりです。

もちろんコツコツ貯めてもそれほど大きな額にはなりませんが、今は貯めるだけでなく投資も必要な時代に来ています。

投資方法についても、外貨貯金など始めやすい商品も増えてきているので、ぜひ調べて活用してみてはいかがでしょうか。

fincleQA