家計簿が長続きしない人必見!完璧主義をやめて手軽に続ける3つの方法

家計簿をつけると、収入や支出を把握することができ、貯金のためにどのくらい節約すべきか一目で理解することができます。ただ、なかなか家計簿が長続きせず苦労する人が多いのも現状です。実は家計簿が続かない理由の一つが、完璧主義であるということをご存知でしょうか?

今回は、家計簿を手軽に続けるためのコツをご紹介していきます。家計簿をつけるメリットを改めて知れば、きっとあなたも続けることができます。

また、他の記事でも家計簿をつけるコツを紹介しておりますので参考までにぜひ。

家計簿を続けるコツとは?項目を上手に分けて貯蓄体質になろう!

さらにエクセルで家計簿を簡単に作る方法なども紹介しております!

エクセルを使った簡単にできるオリジナル家計簿に挑戦!

エクセルで家計簿!集計機能で家計支出を見える化する方法とは?

エクセルで家計簿!ピポットテーブルの更新とグラフの作り方

エクセルで家計簿!日々の収支を確認して無駄遣いをやめる

FirmBee / Pixabay

手軽に続ける3つの方法

家計簿をつけることはとても重要なことですが、どうせなら手軽に続けたいですよね。細かな出費が発生することを考えると、毎日つける必要があるのでは?と追い込まれてしまって挫折する人も多いです。

完璧主義にならない

まず完璧主義にならないことが一番です。家計簿をつけること自体は非常に大切ですが、毎日つける必要はありません。慣れないうちは細かく完璧に付けようと思わず、大雑把にざっくりと収入と支出を理解するようにしましょう。

例えば、レシートに記載された金額をこと細かに書き出す必要もありません。レシートをノートに貼るだけでも大丈夫です。また毎日つける必要もありません。溜めすぎると後が大変なので、1週間に1回程度つけることができれば問題ありません。

家計簿アプリも登場していますから、自分にとって使いやすいアプリを見つけたら、それを使ってざっくりとした収支を把握するのもおすすめです。

節約・貯金の目的をつくる

完璧主義になる必要はありませんが、節約する理由、貯金をする目的はつくっておきましょう。目的がないまま家計簿をつけるのは楽しくありませんし、収支を把握することに意味を感じなくなってしまいます。

目的は人それぞれですが、ただ貯金の金額を決めるよりは、節約することで何のための貯金ができるかを明確に把握しておきましょう。目的があれば、モチベーションもあがります。そうすれば楽しく家計簿をつけることができますよ。

振り返りを意識する

家計簿はつけること以上に大切なことは、収支を振り返ることです。収支をただ付けるだけでは意味がありません。大雑把な収支でもいいので、家計簿を1週間〜1ヶ月続けてみましょう。そして振り返りを行うことで、自分がどんなものに対して投資したいのか、消費や浪費はどうすれば抑えることができるのかを客観的に知ることができます。

レシートだけノートに貼付ける方法なら、コンビニやスーパーマーケットにどのくらいの頻度で立ち寄っているかが一目瞭然です。何となく入って、何となく買っているのがレシートから分かれば、今後の対策が練りやすいですよね。

自分の行動を客観視する時間を設けることは、家計簿をつけるなかでも重要な行程です。振り返りさえしっかり行えば、自ずと長続きするはずです。

FirmBee / Pixabay

家計簿をつけるメリット

手軽に家計簿を付けるためには、完璧主義をやめ、節約・貯金の目標を定めること、家計簿を付ける以上に自分の行動を振り返ることが大切です。家計簿をつけるメリットを改めて見てみましょう。「つけなければ」という義務感から、「つけたい」と思えるようになりますよ。

収入と支出が理解できる

家計簿の醍醐味といっても過言ではありません。収入に見合った支出を出来ているか、把握することはとても大切なことです。例えば収入と支出が理解できれば、無駄使いの原因でもある「使途不明金」の存在を洗い出すことができます。

家計簿のつけ方は大雑把で問題ありませんが、もしつけた支出の中に「使途不明金」があれば、それが生み出されないように努力することができますよね。何に使ったか分からない出費は節約の敵です。家計簿をつけることで、「使途不明金」がどれだけ自分に利のない存在か理解できるようになります。利のないものだと分かってしまえば、意識も改善されていきます。

浪費する癖が見抜ける

「使途不明金」にもつながりますが、自分がどんなものいにお金を払ってしまうのか理解することができます。特にレシートを貼付ける家計簿では、どこに通ってどんなものを買っているかが一目瞭然です。

例えばコンビニに足繁く通っては特に必要ないものを買っているのが分かるかもしれませんし、セールだからと購入し、結局着れなかった洋服や食べ物など、自分の行動が手に取るに分かります。浪費しやすい癖を客観視することができるので、行動を制限しやすくなりますよ。

共有しやすい

家計簿は積極的に家族と共有しましょう。数字で表すことのできる確かな記録ですから、共有しやすく、共通の節約意識、貯金目標が持ちやすくなります。何か家族で達成したい目標があれば、家族全員で収支を見直すことができます。

まとめ

家計簿をつけることで、お金に対してもっと理解が深まります。完璧主義になることなく、大体の収入支出が理解できるだけでも儲け物です。せっかくつけるのであれば、目標に向かって楽しくつけるようにしましょう。

fincleQA