なりたい自分になるための自分磨きノートの作り方と続けるコツとは?

なりたい自分の姿はありますか?なりたい自分になるには、その想いを実現することが大切です。そんな時、あなたを支えてくれるのが自分磨きノートで、なりたい自分や、達成したいことなどに対して、それを達成するための計画であったり、現在自分がどういった状況などを綴っていくことで、ゴールに近づいていくノートのことです。

なりたい自分になるために、自分磨きノートを1冊つくってみませんか?

今回は、実際に私も持っている自分磨きノートの作り方や、気になる内容をご紹介します!

StockSnap / Pixabay

 

なりたい自分になる、自分磨きノートの作り方とは?

kaboompics / Pixabay

自分磨きノートとは、なりたい自分の姿をノートに書き込むことで、目標を達成していくためのノートです。目標は人によってそれぞれ違いますが、基盤となるものは一緒です。まずは作り方を見ていきましょう。

なりたい自分のゴールを決める

まず始めに目標を定めましょう。なりたい自分の姿をより具体的に書き示していきます。例えば「痩せて綺麗になりたい」という目標であれば、どのくらい体重を落としたいのか、どのように綺麗になりたいのか、細かく記述していきます。目標体重は数字で書いた方が具体性があって、目標に向かいやすくなります。好きなモデルや目指している理想の姿があるならば、雑誌や本の切り抜きをノートに貼って、常に目に入るようにしましょう。

具体的な数字は非常に重要です。「お金を貯めたい」「節約したい」のであれば、どのくらい貯めたいのか、貯めたお金で何をしたいのか、そのためには何を節約すべきかなど書き出していきましょう。

ちなみに使用するノートはどんなものでも構いません。ですが、せっかく自分のためだけに使うノートですから、お気に入りのものを買ったり、家にあるノートを飾り付けてみましょう。

現状と計画を書き出す

目標が定まったら、現状と計画を書き出していきます。目標から逆算して計画だてていきましょう。この時大事なのは、目標を達成することであって、「計画通りにことを進める必要はない」ということです。計画通りに進むよう完璧主義になって実行しようとすると、万が一計画が変更になってしまった際、挫折してしまいます。大枠だけ決めて、後は地道にコツコツと実行していきましょう。

現状は恐らくマイナス面を書くことが多いと思います。この機会にマイナス面を全部吐き出してしまいましょう。「痩せて綺麗になりたい」けれど、どうしても毎晩お酒を飲んでしまう、化粧を落とさずに寝てしまう、お腹が空くとお菓子を食べてしまうなど、現状をしっかり書き出していきます。書くことで自分のやりたいこと、やらなければならないこと、やってはいけないことが目に入ってくるので、目標に向かいやすくなりますよ。

表紙を作ろう

表紙は必ず作らなければならないわけではありません。ただ、モチベーションをあげるためにも表紙を作ることをおすすめします。ファッション雑誌の切り抜きを貼付けるのも良いですし、お金を貯めてやりたいこと、買いたいものの写真やイラストを貼るのもおすすめです。自分だけのノートですから、どんなことを書いてもいいんですよ!

筆者のおすすめ

私も自分で自分磨きノートを持っていますが、実は何度かノートをつけ続けるのを挫折した経験があります。

しかし、現在持っているノートはおよそ半年ほど続いていますが、その一番の理由は、ノートが「自分の好きなデザイン」であることです。

初めてノートをつけ始めた時は、無印やコンビニなどに売っているダサくはないけどおしゃれではないようなシンプルなノートにつけていたのですが、それに対して全く思入れがわかず、気がつけば机の中・・・・という状況でした。

しかし今使っているものは、百貨店などのノート売り場でしっかりと自分の好みのデザインを選んで買ったことにより、このノートを持ってるだけでなんだかテンションも上がるなー。という気持ちになり机の中ではなくバックの中に常にある状況となることができました。

これにより、普段より目につきやすい場所にあるぶん、継続して自分磨きノートをつけていくことができました。

かなり単純なことではありますが、自分磨きノートで重要なのは継続することなので、こちらは本当におすすめです!

kaboompics / Pixabay

どんな自分磨きノートがあるの?

人それぞれゴールが違いますから、正解はありません。ですが、どんな自分磨きノートを書けばいいのか、やっぱり迷ってしまいますよね。そこで、おすすめの自分磨きノートをご紹介します。これらのノートを参考に自分だけのノートをつくりあげてくださいね。

内面磨きなら「やりたいことリスト」

自分の内面を変えて、なりたい自分になる場合には「やりたいことリスト」を書くのもおすすめです。単純にやりたいことを100個ほど書き上げて、実行できたら斜線を引いていくというシンプルな方法です。書いてみると分かると思いますが、やりたいことが100個浮かばないと悩む方も多いです。ですが、100個未満でも問題ありませんし、100個以上書き出しても構いません。大事なのは、やりたいことを実行することです。

実際、シンプルな方法ではありますが、どんな小さなことでも良いので書き出してみると、案外達成できるものです。斜線を引いたらやりたいことを追加してもいいですよ。もちろん全てやりきるまで追加しないのもおすすめです。

外見磨きならスクラップ帳

美容面ならモチベーションをあげるためにもスクラップ帳をつくるのがおすすめです。雑誌や本、ポスターなどから、自分が目標とする顔やスタイル、好きなファッションがあれば、切り取って貼っていきましょう。自分の好きな傾向がしっかりと見えてくるはずです。

スクラップ帳の写真と見比べながら、自分の持っている化粧品や洋服の見直しをすると、傾向から外れているものを手放しやすくなったり、本当に必要なものだけを購入しやすくなるので、後悔のないお買い物にもつながります。

金銭面や健康面にも!

目標が定めやすいのは、「貯金・節約」「ダイエット」です。数字が目標になりますから、現状や計画立ても分かりやすく組み立てることができます。ただし完璧主義になる必要はありません。目標を実行することが大切なので、数字にこだわり過ぎず、マイペースで計画を進めていくことが挫折しないコツです。

まとめ

自分磨きノートを書くことで、なりたい自分になるための目標や現状を客観的に把握することができます。自分の気分を盛り上げるためにも、楽しく作ることが一番のポイントです。目標を書き出すだけで、案外簡単に実行できてしまうものです。

fincleQA