人間関係がお金で上手くいかなくなる原因とは?




生きていくうえで、お金は切っても切れない必要不可欠なものですよね。

またお金は、一見関係なさそうですが、人間関係とも強い結びつきがあり、信頼できる仲間、血縁の絆がある家族親子、親族などの、強い絆でさえも、お金が原因で簡単に壊れてしまうなんていうことも・・・

そこで今回は、ビジネスが成功し大金を手にした際には周りに人が集まっていたのに、お金が無くなった途端、手のひらをかえしたように人が離れて行ってしまったという、お金が原因で人間関係がうまくいかなくなった、私の実経験談をご紹介します。

お金が沢山あるとき

お金が沢山あるときは、まず自分自身も心に余裕が持てます。ちょっとしたものが壊れても、または壊されても「いいよいいよ」と笑顔で対応ができます。またお友達や恋人にどこかへ行こうと誘われても予定があいていれば出かけることができるので楽しい日々を余裕をもって送れます。

好きな食べ物も食べ放題、食べたいなと思ったときにすぐに好きなものを好きな人と食べることができます。なぜ好きな人と食べることができるのかというと、お金をもっているので好きな相手にご馳走してでも連れていきたければ連れていけるからです。

欲しいものもなんでも手に入りますのでストレスも溜まりません。好きな時に欲しいものが手に入る環境ほど幸せなことはありません。

そうは思いませんか?

また「この人と一緒にいるといつもご馳走してくれるから連絡してみよう」とか「お金がかからないからとりあえず連絡してみよう」とかお金持ちには周りに人が集まってくるからです。

ちょっとでもおこぼれをもらおうと思う人が多いからです。

このように好きな時間を好きな場所で好きな人と好きなだけ好きなことをして過ごせるのが お金 の力です。

では果たしてお金が沢山あるのが幸せなのでしょうか。確かに本当にお金持ちのあなたのことが好きな人もいるでしょうから、幸せなのかもしれません。ですがあまりにも自分という人間性の前にお金をぶらさげてしまうと、あなたではなく お金 に人が集まってしまいます。人は無料やタダという言葉が大好きなので、どうしてもお金を使わなくて済む環境を求めてしまいます。

あなたにもそのような経験はありませんか?

一度目は全額だしてあげたから、二度目は出してもらおうと思っていたら機嫌が悪くなってしまった。もう次回は来ないと言われた。ということもよく耳にします。お金があって人も集まるのにいつも「お金がなくなったら皆去ってしまうのではないか」という恐怖に押しつぶされそうになってしまうのです。

お金に寄ってきているのか、自分自身が好きで寄ってきてくれているのかさえもわからなくなってしまう、そんな状況に追い込まれているお金持ちの方も少なくありません。

お金の力を借りずに、人を引き付けられるようになってこそ、お金と幸せの両方をつかみ取ることができるのではないでしょうか。

一つ誤解してほしくないのは、お金の力を借りずに築いてきた人脈はお金がなくなっても消えることはありません。
人に信頼される、人に好かれる人はお金の力なんか借りなくても常に周りに人が集まってきます。

小学校の頃の自分を思い出してください。同じ条件で同じ環境で育った空間で人気者でしたか?そうでなかった独りぼっちだった。そんな人が大人になって突然人気者になれるはずがありません。

勿論自分自身が変わって人気を獲得する人もいます。

自分の周りにいる人間が自分の何に魅力を感じて集まっているのか今一度見つめなおしてみましょう。

本当にお金が無くなってから失っていくほど空しいものはありません。お金がある段階で一度お金を支払うことを辞めてみましょう。

何もなくなっても友人関係を続けてくれる人。それが本当の友達なのです。

お金がないとき

人はお金がないと心が貧しくなってしまいます。怒りたくないのにイライラとしてしまっている自分がいて、普段なら腹が立たないことでも腹が立ってしまうということもよくあることです。好きなものも我慢して日々過ごしているので、ちょっとしたことで人に当たったりしてしまうこともよくあります。

好きなものを好きな時に食べれないほど苦痛なことはありません。空腹は人の心を最大限に貧しくする魔物です。お腹がすいていると身体に力もはいらないですし、頭もすっきりできず仕事も進みません。気持ちにも焦りがでてしまうのでミスも多くなります。

言いたくないことも思わず口からでてしまい、大切な相手を傷つけてしまうこともあります。

お金を借りたら壊れる信頼

お金がないからといって、両親や親せきに借りることはお勧めできません。必ずといっていいほどわだかまりが残ります。返すからいいのではないか?と軽く考える人もいますが、皆生活するために最低限のお金は必要なので、少額でも大きな問題になりかねません。もしも借りている場合は返済できる見込みの日程をきちんと伝え、期日を守って返済するようにしましょう。

ましてや他人に借りるなんてことは絶対にお勧めできません。二度と話もできなくなることもあります。

とても苦しい時期をなんとか乗り越えないといけないという気持ちはわかりますが、他人には迷惑をかけず自分で処理できる方法を最大限に探しましょう。

どうしようもなくなってしまった場合は、まずは親に相談しましょう。子供はいつまで経っても親からしたら子供なのできっと助けてくれるはずです。自分の環境が整ったときにはご両親に親孝行できるような生活を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?結局お金がありすぎても、なさ過ぎても幸せにはなれないのではないでしょうか。お金があるからといって、決してお金があることをみせびらかしたりせず、普通に使用すべきだということです。お金で人が集まってくるほど空しいものはありません。どれだけ自分が惨めになってしまうかもう一度考えてみましょう。

お金とは人の心を操る魔物です。沢山持っているからと言って幸せかというとそうでもありませんし、ないと生きていけないうえに信頼関係も壊れていきます。

普通に生活できる程度を維持し、自分の好きなことに時間やお金をかけて大好きな人、大切な人と過ごせることができれば一番幸せなのではないでしょうか。

そのためには、毎日コツコツ働くことが必要になってきます。楽してお金は手に入りません。楽してお金を手に入れる代償として失うものはとても多いのです。

長い人生、一度きりの人生の中で決して お金 という魔物に振り回されることのないよう強い気持ちをもつべきです。

守るべきものがある人はなおさら、一生懸命働かなければいけません。家族の幸せ、家族の将来、家族との大切な時間を過ごすために苦労する時間も必要なのです。

お金は勝手に稼げるものではありません。努力して苦労して手に入れるものです。簡単に手に入ってしまった人には必ずと言っていいほど、しっぺ返しが待っています。そうです、楽して儲けている人の裏側には楽して儲けている人の100倍しんどい思いをして働いている人が必ずいるからです。

お金を稼いでいく段階で自分の能力にあった報酬を受け取れるようになっていく方だけが、大金を手にしたときに人脈や信頼を手に入れているのではないでしょうか。

偽物の金持ちになったとしても、周りに集まってくるのは お金をどうやって手に入れようか、奪ってやろうかと近づいてきている人ばかりです。

よく考えて お金 を手にすることをお勧めします。