価値観が違うのは当たり前!それを尊重できる関係とは?




あなたは「この人にはついていけない」「この人は何を考えているの?」っと思う瞬間はありませんか?

一度そう思ってしまうと「この人、ちょっと苦手だな」と思ってしまうのではないでしょうか。

私たちはどうして、そう思ってしまうのでしょうか。

その大きな理由は、相手の価値観や相手の欲求を理解できていないからなんですよ。

しかし、価値観は人それぞれ違うものです。

そこで今回は、価値観が違うのは当たり前!それを尊重できる関係を築く方法についてご紹介したいと思います。

geralt / Pixabay

価値観とはどのようなものか?

GDJ / Pixabay

価値観を尊重する関係を築く方法をご紹介する前に、肝心の価値観についてあなたはどのくらいご存知でしょうか。

ザックリとした意味は理解していても、なかなか具体的には説明するのは難しいですよね。

ですから、まずは価値観についてご紹介しますので一緒に見てみましょう。

ズバリ価値観とは!

よく使われる価値観という言葉ですが、価値観とはズバリなんでしょうか。

価値観とは、ズバリあなたが何を大切にしているかなんです。

大切にしているものの、優先順位が価値観なんですよね。

この優先順位が築かれるには、今まで育ってきた環境や経験などが大きく影響します。

ですから、違う環境で違う経験などをしてきた相手とは価値観が違っても不思議ではありませんよね。

価値観は感じ方が違う!

そして、今まで異なる人生を歩んできた相手ですから、同じものを見たり同じ経験をしても感じ方が違ってきます。

同じ課題に取り組んで話し合っても、感じ方が違うと意見が対立してしまう事もあるので厄介ですよね。

この意見が対立してしまった場合の立ち回りで、相手の価値観を尊重できるかできないかが決まるのでしょう。

価値観は譲れないもの!

価値観とは、あなたが歩んできた人生で見つけた優先順位です。

あなたなりの人生における基準なんですよね。

ですから、あなたが「正しい」「当たり前」っ思うことは当然なんです。

価値観があなたの人生の基準である以上、簡単には譲れないものなんです。

価値観を尊重するとはどういうこと?

価値観があなたの中で大切なものだということがわかりましたよね。

しかも、なかなか譲れないものだということも・・・

そんな中で、相手の価値観を尊重するということは具体的にはどういうことなのでしょうか?

ここでは、相手の価値観を尊重するということがどういうことなのかをご紹介しまうので一緒に見てみましょう。

価値観がぶつかり合うのをできるだけ避ける

価値観を尊重し合える関係を築くために、一番良い方法は価値観がぶつかり合うことをできるだけ避けることです。

具体的に言うと、待ち合わせ時間にいつも遅れる人と待ち合わせをすると待たされた方は待っている時間にイライラしますよね。

一方、待ち合わせ時間に遅れた方も、遅れて文句を言われると嫌な気持ちになるのではないでしょうか。

このような場合には、カフェなど何かをしながら待っていられる場所で待ち合わせをしてみてはいかがでしょうか。

もしくは、待ち合わせにいつも遅刻する人に家まで迎えに来てもらってはいかがでしょうか。

これなら、いつも待たされる方もイライラすることなく合流できると思いませんか。

待ち合わせ時間にいつも遅れる人にとって、待ち合わせ時間を守るという価値観の優先順位を上げることはなかなか難しいですから妥協できる点を見つける工夫をすることが大切なんですよ。

相手を否定せず!自分を否定させない!

価値観が違う人の中には、あなたが一番大切にしていることを大切に思わないという、受け入れがたい価値観を持っている人もいるでしょう。

ですが、考え方の違いを非難する権利は誰にも与えられてはいないことを忘れてはいけません。

たとえ、あなたが受け入れがたい価値観でも「このような考え方もあるのか」と受け止めることが大切ですよ。

そう、世の中、あなたの考え方が全て正しいとは限らないんです。

逆に、あなたの価値観に対して相手から否定された場合には、「私の考え方はこうなんだ」とハッキリと主張してもいいんですよ。

しかし、相手の価値観が常識から逸脱している場合であれば注意をすることも大切ですね。

まとめ

今回は、価値観が違うのは当たり前!それを尊重できる関係についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

なかなか、難しそうだと感じた方もいるのではないでしょうか。

しかし、共に過ごす時間が長くなるにつれて、価値観も変化していくものです。

そう考えると、「この人とは合わない」と感じるのは、あって間もない頃だけなのではないでしょうか。

「合わない」と感じる時期には、できるだけ共感できる部分に目を向けて乗り切ることが、相手の価値観を尊重できる関係を築くのに大切なことだと思いますよ。