学生のお子様を持つ方へ。クレジットカードのリスクはちゃんと伝えた?




クレジットカードを普段から利用している人は多いことと思います。何かと便利なクレジットカードを1枚も持っていないという人は少ないのかもしれません。しかし、便利な面が多い反面、リスクを軽く見てはいけません。特に学生がクレジットカードを使う時には、そのリスクをしっかり理解した上で持たないと社会人になった時に苦労するかもしれません。

今回は学生のお子さんを持つ親御さん必見の、学生がクレジットカードを持つリスクについてお話していきます。ただしリスクを伝えた上で「持つべきではない」という話ではありません。あくまでリスクを理解させて、上手に使ってもらうのが目的です。

引用元:photoAC

 

クレジットカードのリスクは伝えましたか?

Tumisu / Pixabay

クレジットカードは物を購入する際、その場にお金がなくても購入することができる、という点においては不測の事態に対応できるため便利かもしれません。ただ当たり前ですが「お金を払わなくていい」という訳ではありません。しかし時に買い物にハマりすぎてしまった学生がつい使いすぎてしまうことがあるのです。

返済できなくなるリスク

そもそも学生のうちは、学業がメインですから収入は不安定なはずです。一般企業に勤める社会人に比べると明らかに収入は不安定になりますよね。しかしクレジットカードでの買い物は当たり前ですが、自分のお金で支払うためのものですから、バイトを辞めてしまったり収入が減ってしまうことでお金を返せなくなるケースが少なくありません。

仮にアルバイトなどで収入を得る要領が良かったとしても、クレジットカードの使い過ぎで、翌月バイトの収入が全てカードの返済に費やされてしまう、ないしは足りなくなってしまうというケースもあります。

将来に関わる!?

学生のうちに知っておいてほしいことは、クレジットカードの返済が遅れることにより信用がなくなってしまうということについてです。将来社会人になって、家や車を購入する際、返済遅れがあったという過去によって審査が通らなくなることがあります。そのため、手持ちのお金がないからと言って買いすぎることがないよう、しっかり管理することを意識させる必要があります。

金銭感覚があまりにもルーズで、返済が滞ることが頻発すると、それこそ「ブラックリスト」に載ってしまいます。経済面で不利になりますから、お金の管理についてしっかり学ぶことを基盤に置きましょう。

利用限度額が足らないことも

学生が利用できる学生用のクレジットカードは、返済額が大きくなり過ぎないように、カード会社側の配慮により利用限度額が低いことが特徴です。そのため、学生のうちに大きな出費がある際に利用限度額が足りなくなることも十分にあることを理解させておきましょう。

基本的には限度額は10万円に設定されています。ただ先に述べたお金の管理という観点からは、この利用限度額の低さはメリットとも言えますから、限度額内でやりくりをすることを教えてあげるようにしましょう。

学生のクレジットカード利用メリット

jarmoluk / Pixabay

ただ「学生だからクレジットカードは使わない方が良い」とは思いません。私も学生時代、使い過ぎを自覚し、恥ずかしい思いをした苦い記憶はあるものの、学生だったからこそ使って良かったとも思っています。もちろん苦い思い出が、将来に響くような問題なのは避けなければいけませんが、デメリットとして挙げられる点を、一つの勉強として受け止めることが大切だと言えます。

学生ならではのサービスあり

クレジットカードは一般的に年会費がかかります。しかし学生用のクレジットカードは、カード会社の配慮によって年会費が無料であることがほとんどです。あったとしても、社会人のそれとは比べ物にならないくらい安く済みます。

借入額(先で言う限度額)は制限されますが、学生のうちからそこまで大金を使う機会はないはずですから、デメリットにはならないでしょう。また学割や卒業旅行を見越した(?)国内外の損害旅行保険サービスの充実は、学生ならではです。

お金について学ぶ機会に

返済が滞ったりするリスクや限度額が低いことに不安や不満を抱くことがあるかもしれませんが、お金について学ぶ機会が少なかったのであれば、多少不便なくらいがトラブルに巻き込まれる不安がなくなって良いかと思います。

自分自身でお金の管理をすることができる良い機会だと教えたいところです。郵送やWEBサービス上で見ることのできる利用明細を確認する癖をつけさせることで、お金について自発的に学ぶように伝えられるといいですね。

まとめ

クレジットカードは買い物には便利ですが、あくまで一時的に”借金”をしているようなものです。そのためその意識が甘いと、返済が滞ったり、将来の信用にかかってくるので、リスクはしっかり理解させておくべきです。

完全にお子さんが独り立ちする前にクレジットカードを持たせ、お金について考える機会を設けてあげましょう。