仮想通貨Hashberry(ハッシュベリー/HBY)の特徴や仕組み、チャートなど徹底解説!

マナ
こんにちは、fincle専属ライターのマナです!

2008年にビットコインが誕生してから、この10年間でたくさんの仮想通貨も作られるようになって、現在ではなんと1700を超える数の仮想通貨がたくさんの人の手元に渡っています。

このように種類は世の中に沢山ありますが、現在注目を浴びつつあるのがHashberry(ハッシュベリー/HBY)です

ビットコイン(BTC)に比べ、新しい通貨である仮想通貨Hashberry。どのような通貨なのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

この記事を読めばHashberryがどのような通貨なのかすべて分かるようになるので、一緒に学んでいきましょう!

仮想通貨Hashberry(ハッシュベリー/HBY)とは?

3dman_eu / Pixabay

Hashberryは「AIトレード(AIトレーディングロボット)」「AIマイニング」という2つを自動で管理する、「AI」マスターを提供するプロジェクトです。

仮想通貨市場は、以前からある株式市場やFX市場と比較して歴史が浅いです。そのため、不安要素が未だ多くあります。価格変動幅の大きさや取引所ごとに異なる通貨価格などがあることから、株のように何らかの理論に従って確実に稼ぐとなると、やや難しいと言えるかもしれません。

そこでHashberryのAIトレードとマイニングが注目されているのです。

マナ
なるほど!Hashberryによって仮想通貨投資のリスクを抑え、資産を効率よく運用するというわけですね!

その通りです!仮想通貨Hashberryは、「AIによるトレーディングとマイニングを組み合わせて、仮想通貨の運用を最適化することを目的」としており、今挙げてきた仮想通貨運用に伴うリスクを改善してくれるのです。

↓Hashberryの公式ムービーを見つけたので、気になった方は是非観てみてくださいね♪

ここで一度Hashberryの概要を確認しておきましょう!

仮想通貨名(通貨単位)Hashberry(ハッシュベリー/HBY)
公開日未定
時価総額(ランキング)データなし
最大発行枚数50,000,000HBY BNT
現在までの発行枚数データなし
公式サイトhttps://hashberry.io/
ホワイトペーパーhttps://hashberry.io/Hashberry_Whitepaper.pdf

 

仮想通貨Hashberry(ハッシュベリー/HBY)の特徴

ここではHashberryの特徴についてお話します。

先ほどもお話したように、Hashberry最大の特徴は、AIが「トレーディング」と「マイニング」の管理を最適化してくれることにあります。

例えば、「これから値上がりする通貨をAIが予測 → マイニングする通貨を選択 → トレードで売却」など、仮想通貨投資をAIロボットが管理し、運用してくれます。

AIトレードとAIマイニングの個々の特徴についてももう少し詳しく見ていきましょう!

AIトレード

HashberryのAIトレードには以下のような特徴があります。

  • アービトラージを自動で実行
  • ソフトウェア開発キット(SDK)の提供

が挙げられます!

マナ
アービトラージって何でしょうか?

さっそくアービトラージについて詳しく見ていきましょう♪

アービトラージを自動で実行

アービトラージとは、取引所の同じ通貨の価格差を利用して、利益を生み出す投資方法のことです。

上述した通り、同じ種類の仮想通貨であっても価格は取引所ごとに異なります。さらに仮想通貨の価格は、ミリ秒単位で変動しています。

このような状況で、人が取引所を跨いだ仮想通貨取引を完全に管理するのは、不可能ともいえるのですが、Hashberryは、これをAIロボットに任せることで実行させることが出来るのです。

具体的に例を挙げて説明しておきますね!

取引所Aでビットコインが50万円で売られていました。

取引所Bではビットコインが48万円で売られていました。

この時、取引所Bでビットコインを買ってAで売れば2万円も儲けることが出来ます!この手法をアービトラージといいます。

取引所における価格の差異を人間が見つけ出すことは難しいのですが、HashberryはAIで簡単に実行してくれます。

ソフトウェア開発キットの提供

次にソフトウェア開発キット(SDK)について見ていきましょう♪

取引所によって異なる取引条件に細かく対応するため、ソフトウェア開発キット(SDK)を提供し、カスタマイズを実施することができます。

一般的に複数の取引所を跨いだサービスを展開しようとすると、どうしても各取引所への個別の対応が必要になってしまうものです。

しかしながらHashberryの場合、このSDKが取引所と開発者のハブ的な役割を担うため、開発者はこのHashberryのSDKの開発のみに集中すればよいのです。

この仕組みは開発者にとって開発がしやすく、メリットであると言えるでしょう。

マナ
簡単に言うと、自分が使いやすいようにカスタマイズできるということですね!

AIマイニング

Hashberryのマイニングの特徴は、収益性が高いであろうと予想された通貨のマイニングをAIが選択・実施することができるという点です。

例えば、イーサリアムの価格が上がりそうだということになれば、イーサリアムのマイニングをはじめます。そしてイーサリアムの価格が高騰した際に売ることで利益だすことが出来ます。

ただ、マイニングにはコンピューターの処理能力と電力が必要になります。

マナ
ということはつまりマイニングで収益を得た場合でも、コンピュータの電力消費が上回っていた場合、損をしてしまうということですよね?

その通りです泣

しかしながらHashberryのAIマイニングシステムは、損益どちらが大きいのか計算をし判断してくれます。そのため、AIマイニングを利用して、このような損失を最小限に抑えることが期待できる、HashberryのAIマイニングが注目されているのです。

他にもHashberryは、たくさんの通貨のマイニングプールの開発も実施しており、少額からマイニングに参加できるような環境を作ろうとしているそうですよ!

トレードとマイニングの最適化

Hashberryは、AIトレードとAIマイニング単独でも十分魅力的なのですが、トレードとマイニングの双方を最適化してくれることが何と言って醍醐味だといえます。

例えば、AIトレードのロボットが、過去の傾向などから、イーサリアムが今後上がるのではないかと予測したとします。

すると、AIマイニングのロボットは、利益対コストとなどを考慮しながら、最良のマイニング対象の通貨を選択します。

もしもそれが、イーサリアムだった場合は、イーサリアムのマイニングを予めしておき、イーサリアムの価格が上がった時に、AIトレードのロボットが売却するということができるわけです。

このように、HashberryのAIは「トレードのため」「マイニングのため」ではなく、これらを連携させて、仮想通貨運用を効率化・最適化させることにあるのです。

Hashberryが備える機能について

Hashberryは、トレードとマイニングだけではなく、様々な機能や技術を備えています。

インフラストラクチャー

3年以上の経験を持つチームが、最適なハードウェア設計を実施しています。そのため安定したマイニング環境を提供しています。

例えば、マイニングプールやその他システムの寿命を伸ばしたり、「再起動やシャットダウンのタイミングも気にする必要が無い」などが挙げられるでしょう。

グリーンエネルギー

ソーラーファームなどのグリーンエネルギーは、投資で利益を得るためには、3年以上かかると言われています。そのためプロジェクトをスタートした段階で、投資をするのは理想的ではありません。

しかし電力消費の増加は、仮想通貨事業を行う際に避けては通れません。

Hashberryは、移動可能なマイニング施設を使用して、グリーンエネルギーの効率的な仕組みを作り上げています

ハッシュベリーペイとライトウォレット

Hashberryは「ハッシュベリーペイ」というマイクロペイメント(少額の支払い)を行うための決済方法も提供予定です。

これは支払いが終わった後、すぐに法定通貨に変換し、手数料などを引いた金額を受け取ることができるなど、支払いを受ける側からすると、仮想通貨の懸念点であるボラティリティ(価格変動)の影響を最低限まで抑えることが可能です。

また、簡単にイーサリアムベースの通貨を交換することができる「ライトウォレット」というウォレットも開発予定で、マイニング関連の購入もこの「ライトウォレット」で簡単に行えるようにするとも発表しています。

仮想通貨Hashberry(ハッシュベリー/HBY)の最新チャート

HashberryはまだICOの段階なのでチャートが存在していません。チャートに関してはICOが終わり、どこかの取引所に上場した際に、詳しく見ていきます!そのため、代わりに、Hashberryの今後の資金調達や資金の配分について確認していきたいと思います。

Hashberryプロジェクトで発行されるトークンは、「HBY」です。規格は、イーサリアムベースのERC20担っています。

最初の価格は、1HBY = 0.3ドルで販売される予定です。トークンの内訳について簡単に表にまとめてみました♪是非参考にしてみてください!

総発行枚数50,000,000 HBY
初回販売価格0.3 USD/token
プレセール1 (8%)1,200,000 USD
プレセール 2 (7%)1,050,000 USD
一般公開 (40%)6,000,000 USD
担保(20%)3,000,000 USD
創設者保有 (15%)2,250,000 USD
開発メンバー保有(5%)750,000 USD
開発メンバーボーナス (2%)300,000 USD
アドバイザー保有(3%)450,000 USD
以上 100%15,000,000 USD

(Hashberry Whitepaperより)

仮想通貨Hashberry(ハッシュベリー/HBY)の買い方

mohamed_hassan / Pixabay

Hashberryは現在、ICOの段階にあり、取引所で購入することはできません。Hansberry公式サイトから購入する必要があります。

トークンを購入する場合は、本人確認登録を行い承認を受け手からでないと購入できません。その際にパスポートが必要になりますので、登録開始前に準備しておきましょう♪

※本人登録時にはビットコインアドレスやイーサリアムアドレスが必要になるので、あらかじめ国内で仮想通貨口座を開設しておきましょう♪

       Zaif(ザイフ)の登録方法        
       「DMM Bitcoin」の登録方法      

Hashberryの購入の際の支払い方法としてビットコインやイーサリアムを利用します。HBYトークン受取の際にはイーサリアムのアドレスが必要になります。MyEtherWalletなどのERC20規格を満たすウォレットのアドレスを設定してください!

Hashberryの将来性

2018年12月現在、仮想通貨市場は盛り下がりを見せていますが、今後はまた回復するかもしれません。取引が活発になれば、Hashberryを利用する人が増えることでしょう!

また、ソニーがバックについている点は信頼感や安心感がありますよね!

仮想通貨や取引所の種類が多く、正直どこが一番良いのかわからない人も多いでしょう!仮想通貨取引を今から始める人、既に始めている人、ベテランの人、誰にとっても魅力的な特徴を持ったHashberryに期待したいところです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?今回は今話題の仮想通貨Hashberryについて深く掘り下げてみました。さてもう一度Hashberryの主な特徴について少し振り返ってみましょう♪

①アービトラージを自動で実行

②ソフトウェア開発キットの提供

③トレードとマイニングの最適化

が主な特徴でした。

この記事を読んで、Hashberryはもちろんですが、少しでも仮想通貨に興味を持っていただけたら嬉しい限りです。

今後はHashberryに関する新しい情報が入り次第追記していこうと思います。

マナ
以上、マナがお伝えしました。

1 個のコメント