婚活パーティーで失敗したくない男性へ女性からの10のアドバイス

なかなか日常生活ではいいお相手が見つからない、親からも結婚はいつかとせかされている、もうそろそろ身を固めたいという独身男性のために、全国各地では様々な婚活パーティーが行われています。婚活パーティーも多種多様で、年収別、趣味別、レクリエーションを含めた婚活パーティーなど、いろいろな内容を含んだものがありますが、男性というのは婚活パーティーでは払う参加料も安いものではありません。

好みの女性が見つからない、アプローチしたけど断られる、接し方がわからないなどせっかく参加してもあまり良い成果が上げられなかったという人もいるのではないでしょうか。参加料も安くないので、できれば参加したなりに女性とお近づきになりたいところですよね。

筆者は会社経営をしていますが、婚活プロジェクトの応援団体として活動しており、婚活パーティーなどを主催してきた中で、この人は女性を惹きつける術を知っているなという方を見てきたり、逆に女性から相談されたりした男性の行動・言動などもあります。それらを踏まえ、独身男性のための婚活パーティーでなるべく失敗しないための心構えやアドバイスをご紹介いたします。

Greyerbaby / Pixabay

 

婚活パーティーで成功するための心構え

①清潔感のある印象を与える事

frydendals / Pixabay

男女同じかもしれませんが、日本人というのは潔癖と海外でも有名なくらいきれい好きな人が多いです。出会いというのは内面勝負という人もいますが、内面勝負ができるのはお話やコンタクトができている時のみです。婚活パーティーではまず見た目から印象が決まることが多いので、まずは自分がいかに清潔感を出せるかが勝負になります。特に、爪、髪型、ひげ、体臭は清潔感があるかどうか感じ取られるところです。

爪は短く切り、髪型はワックスや整髪料などで整え、ひげはできるだけ剃りましょう。おしゃれひげを生やす人もいますが、女性でひげを好む人はあまり多くありません。体臭はもちろんのこと、においなどは特に敏感になりますので、口臭ケアや、体臭ケアは必須です。

②目線・アイコンタクト

婚活パーティーでは、よくお見合い形式でローテーションしながら女性と対面する時間がとられたりします。まず、どんな女性がいるのか見渡す時に鋭い目やぼーっとしたようなやる気のない目で見てしまうと、女性からは「怖い」「つまらなそうな人だな」と勝手に悟られることがあります。また、女性と話す時も下に目線を落としがちになると、この人は私のことに興味がないのかなと思われることもありますし、逆にずっと視線を目に向けてしまうと女性はかえって恥ずかしくなってしまい、ちょっとした恐怖感を与えてしまうこともあります。

女性を見渡す時は、ゆっくりと笑顔でにっこりしながら見渡し、お話しするときは顎をみたりしながら時折視線を外して話すといいでしょう。

③話し方

Tumisu / Pixabay

人によっては一番困るのが、この話し方であり、話す内容です。見た目から印象チェックが始まり、次に一番重要なのが「会話能力」です。女性を退屈させない会話力、相手を知るための聞き出し術はこの会話能力で決まります。女性は話したがるような活発で元気な人もいれば、なかなか話がうまくできないおとなしい引っ込み思案な方もいます。まずは自分から話しかけてとても話したそうな素振りをするのか、あまり話すのが得意そうでないのかを確認しましょう。どちらにしても男性がエスコートをして話を聞き出すことから、この人なら自分とも相性がよさそうだと感じてもらうことができますので、女性が話しやすいネタを用意しておくと得策です。

例えば、趣味、休日はどんな過ごし方をしているのか、その女性が今日の婚活パーティーで男性に魅せるために何か工夫をしてきている(服装やネイル、髪型など)を見出して褒めてあげるなど、一方的に話すのではなく、伺いながら相槌を打ち、「談笑」をしましょう。聞き出して「そうですか。」で終わってしまうと話は続きません。また、一方的に話を進めたり話をし続けてしまうと退屈させてしまう原因になります。女性にお伺いを立てて、そこからもし自分が知らないことであれば、それはどういうものなのかと聞きながら、女性に合わせて質問と相槌を含めて話を進めていくのも会話の継続になります。

笑わせるというのはとても難しいことですが、いかに楽しい会話ができるかでこの人と一緒にいたら楽しいかもしれないと思わせる印象付けができます。女性は話すことがとても好きな人が多いですので、女性が話しやすい内容・ネタを最初に用意してあげるといいでしょう。

④レディーファースト

Ellen26 / Pixabay

レディーファーストとはよく言ったもので、女性は待遇されると、とても喜びます。例えば屋外であったときなどは、寒さや暑さを気にしてあげたり、飲み物や食べ物があるパーティーの場合は空になっていたら何か取ってあげるなど気づかいをすることでとても印象をよく与えることができます。

特に女性が男性に求める性格として断トツトップが「やさしさ」です。ちょっとした気遣いや優しさをかけてあげることで女性はグッとくる時がありますので、女性の表情や素振りで感じ取りながら気遣いをどんどんしてあげましょう。やたらと体に触れるなどは逆に悪印象を与えてしまいますので、良い距離感を保つことが重要です。

⑤服装

Pexels / Pixabay

婚活パーティーの会場や内容によっても合わせることがあるかもしれませんが、特に良い印象を与えているのは「ビジネスカジュアル」スタイルのようです。まずは主催者に連絡が取れる場合は、どんな服装がいいか聞いてみるのも一つの手ですが、大概の場合、軽装で良いとか言われることがあります。女性と出会う機会ですので、ここはびしっと決めつつ、若干おしゃれをにおわせるカジュアルスーツなどがいいようです。

過去にジーンズや上着に刺繍の入ったダウンを着てきた男性もいましたが、あまりにカジュアルでラフすぎる格好は逆効果のようでした。ちょっと怖い人なのではないかと勝手に印象付けられている方もいたようです。ある程度婚活を行う中では、印象付けが大事になってきますので、一着カジュアルスーツを準備するのもいいのではないでしょうか?

⑥笑顔を絶やさない

shawrypa / Pixabay

表情というのはとても大事なことで、これ一つで人に対して不快感を与えることもあれば、好印象を与えることにもなります。ずっと無表情を貫き通せば、つまらない人、つまらなそうだなと感じ取られてしまいますので、アプローチすらかけてもらえなくなってしまいます。逆にずっとにやにやしていれば、気持ち悪い人と思われることもあるので、難しいところですよね。しかし、笑顔でいることはとても重要で、優しさや一緒にいて楽しい人を探している女性はたくさんいますので、適度に笑顔を絶やさないことが女性を惹きつけることにもなります。

婚活セミナーでも笑顔の練習をするというプログラムを入れられているぐらい、笑顔を作ることが難しいという人も多いようです。顔は笑っているのに、目が笑っていないということもあり、笑顔の練習をしている男性もいるとか。自然な笑顔や雰囲気作りができれば女性も話しやすいので、なかなか笑顔というのがわからないという方は、一度鏡に向かって笑顔を練習してみたりするのもいいかもしれません。

婚活パーティーでやってはいけないこと

josemdelaa / Pixabay

では逆に、婚活パーティーではやってはいけない、失敗になってしまうようなことと言えばどんなことでしょうか?筆者が相談を受けたり、婚活セミナーや婚活支援を行っている講師の方からお伺いした内容には以下のようなことがありました。

①宗教などの聞き出し

Capecodprof / Pixabay

宗教というのはこの国にもありますが、特に相手が信仰している宗教がある場合、それを聞き出すことや、自分が宗教を信仰しており相手にも求むような行為は、婚活パーティーないし、婚活をする上ではご法度とされています。宗教は自由であり、その人の心の支えにもなったりしていますので、相手から無理やり聞き出したり、けなしたり価値観を押し付けることは、その人を傷つけることにもなりかねませんので、やめておきましょう。

②性的な内容

KathrinPie / Pixabay

俗にいう下ネタというものもありますが、性的なものは大概あまり言っていて良いものではありません。嫌いな人は特に嫌がりますし、そういう内容をいうと「この人はそういう目的でここにいるのではないか?」と感じ取られてしまうことがあります。

過去に婚活中の女性から相談を受けた時、多くの方が男性から言われてとても嫌だったという内容は、「両親が孫を望んでいるので、一緒になったら早く子供がほしい。」と言われた、ということです。女性は体については保守的です。肉体関係を含む内容は婚活パーティーでは伏せておくことが賢明です。家柄での跡継ぎ問題やご両親が望んでいることもあるかもしれませんが、恋愛であってもまず自分そのものを好きになってもらうこと、好印象を持ってもらうことが先決です。心を許しあったときにしましょう。

③金銭的な問題

stevepb / Pixabay

不況が続くこの世の中です。特に結婚する中で収入というのは一番女性が期待していることもあり、悩ましいこともあります。自分はこんな仕事をしていて、年収はこのぐらいなんだと自慢をする人もいれば、まったく収入が安定していないんだと悩みを打ち明ける人もいますが、どちらも女性にとっても惰性にとっても逆効果です。金銭的な内容というのはとてもシビアなことです。

まずはこの人はどんなことが好きなのか、どういう過ごし方をしたら一緒にいて心地よいだろうと思わせる内容で会話をしましょう。仕事の内容や就労スタイルを聞き出すのは、今後の付き合い方を考える話のネタとしては良いのですが、そこからどのくらい稼いでいるの?という金銭的な聞き出しは、「この人私に頼ろうとしている?」と思わせることになってしまいます。

また、自分がどの程度稼いでいるかを自慢してしまうと、お金だけが目当ての女性が寄ってきやすく、成婚までたどり着いた方が一緒になったらそうでもなかったと結局破局してしまうという長続きをしない原因ともなっています。金銭的な話は、まずはしないことが賢明です。

④ストーキング行為

Meditations / Pixabay

以前、婚活パーティー内で、女性から相談を受けたことがあるという団体が発表していた中で深刻な問題が、ストーキング行為でした。婚活パーティーで第一希望だったその人とカップリングできなかったことから、パーティー後どうしてもそのあと付き合いを持ちたいと帰り道も執拗に追いかけたということがあり、女性が恐怖心をもち、主催者に連絡があったという事例があったそうです。

婚活パーティーで一目ぼれということは結構多くあります。連絡先だけでもどうしても押さえたい、何とか近づけないかと執拗に絡んでしまうと、女性もひるんで引いて行ってしまいます。危険な行為として思わぬことにもなりかねないので、個人情報を無理やり聞き出す、執拗に付け回す行為は絶対にやめましょう。もともとカップリングできなかったということは、女性がその気になれなかったということになります。縁がなかったものとして一線引くのも引き際として潔いのではないでしょうか。

まとめ

gpalmisanoadm / Pixabay

いかがでしたでしょうか?実際ここにあげているアドバイス論10点はまだまだ初歩的なものです。まず自分から参加してみて、失敗と成功を繰り返しながら積極的に行動に移すことも大事です。ただし、女性に恐怖心を与えたり、退屈な時間を過ごさせてしまうことは結局何も変わらないことになってしまいます。お互いが一緒にいて心地が良く、楽しい場所を作るためにはどうすればいいのかを経験しながら培ってみてはいかがでしょうか。

結婚は人生の起点にもなり、人生最大の一大イベントの一つです。良いパートナーが見つかりますように。

fincleQA