どうしても返せない借金!でも自己破産する前に知るべきデメリットとは?




自己破産とは、裁判所から認められると背負っている借金を帳消し記できる法的な制度のことですよね。

借金を返済することで頭がいっぱいになっている方には、借金から解放される最良の手段のように感じるのではないでしょうか。

ですが、返せないくらいの借金を帳消しにしてくれるのですから、それ相応のデメリットもあるんですよ。

そこで今回は、どうしても返せない借金!でも自己破産する前に知るべきデメリットについてご紹介したいと思います。

自己破産のデメリットとは?

mary1826 / Pixabay

借金を返済することで頭がいっぱいになってしまうと、精神的に追い詰められてしまいますよね。

そうなってしまうと、考え方もネガティブになって「もう自己破産しかない」と思ってしまう人もいるでしょう。

その前に、自己破産のデメリットについて知っておきましょう・

あなたの借金は、このデメリットと引き換えにすべきものなのでしょうか。

クレジットカードやローンを利用できなくなる

まず、これは有名なことなのでご存知の方も多いと思いますが、自己破産をするとクレジットカード・ローン・キャッシングなどの利用が難しくなってしまいます。

その理由は、個人信用情報機関のデーターベースに、自己破産をしたという記録が残ってしまうからなんですよ。

とはいっても、個人信用情報機関のデータベースの記録は、通常5~7年ほどで抹消されます。

ですから、それ以降であれば普通にクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、キャッシングなども利用できるんですよ。

連帯保証人を巻き込んでしまう

次に、自己破産をするとあなたの借金は帳消しになりますが、その借金は連帯保証人のものになってしまうんです。

連帯保証人になってくれるほど親しい間柄であった人を、裏切ってしまうことになるんですよね。

ですから、自己破産する前には連帯保証人と話し合うことが必要だと思いますよ。

官報という機関紙に名前や住所が掲載される

次に、自己破産をすると官報という機関紙に名前や住所が掲載されてしまうんです。

これだけを聞くと、自分が自己破産したということが広まってしまって大変なことになると思われるかもしれません。

しかし、あなたは官報という機関紙を読んだことはありますか?

私は、見たこともありません。

このように、官報という機関紙は一般人の目に触れることが少ないものですので、この件に関してはあまり心配しなくてもよいのではないでしょうか。

財産が処分されてしまう

そして、自己破産をするとあなたが持っている現金や預貯金や不動産、退職金などの財産が処分されてしまうんです。

確かに、財産を持っているのであれば、それを処分して借金を返済すべきですので当然といえば当然かもしれません。

しかし、処分されない財ない財産もあるんですよ。

預貯金に関しては20万未満、現金に関しては99万未満であれば処分されませんので手元に残せるんですね。

手続き中に就けない職業がある

自己破産の手続きが始まると、手続きが間t了するまで就けない職業もあるんですよ。

その職業は、弁護士・司法書士・行政書士・公認会計士・税理士などや、質屋・古物商、生命保険外交員や宅地建物取引主任者や警備員などにも就けなくなってしまいます。

ですから、上記の職業についている方は手続き中に仕事をどうするかを考えなければなりません。

ですが、手続きが終われば復職することは可能ですよ。

自己破産はあくまでも最終手段!

ijmaki / Pixabay

自己破産のデメリットに関しては、あまり心配の要らないものから重大なものまでたくさんありましたよね。

借金に絶望してしまっているあなたは、自己破産はもう方法はないと思ってしまってはいませんか。

実は、自己破産よりもデメリットが少ない選択肢もいっぱいあるんです。

その選択肢のどれもがダメだった場合に考えるのが自己破産なんです。

では、自己破産よりもデメリットが少ない選択肢とはなんでしょう。

これに関しては、状況によって異なりますし、素人が判断できることではありませんので法律相談所へ行きましょう。

しかし、馴染みのない法律相談所へいきなり行くには勇気が要りますよね。

そんなあなたは、借金問題解決シュミレーターという、無料で使えるWeb上のシュミレーターを使ってシュミレーションしてから行くことをおすすめします。

まとめ

johnhain / Pixabay

今回は、どうしても返せない借金!でも自己破産する前に知るべきデメリットについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

自己破産のデメリットは、思っている以上に多かったと思いませんか。

確かに、借金に追い詰められてしまうと解放されたいと思ってすがりつく先は自己破産なのかもしれません。

しかし、自己破産する前に、本当に自己破産以外の方法がないのか考えてみることも必要だと思いますよ。