男女間の金銭感覚の違いで関係をこじらせない方法!

付き合っている彼や、結婚した旦那様との「金銭感覚の違い」にびっくりしたことはありませんか?

結婚を考えているなら、やはり金銭感覚はできれば同じ方が今後のことを考えると助かりますよね。

しかし男性と女性には、金銭感覚の違いというものがあるのです。

でもそれが原因で、2人の間に亀裂が入るのもこまりもの。

そこで男女の金銭感覚の違いと、それが原因で関係がこじれてしまわないためのコツを、詳しくご紹介します。

Andrew-Art / Pixabay

 

男性と女性は金銭感覚で相容れないのが当たり前?

klimkin / Pixabay

男性からすると女性のお金の使い方、また女性からすると男性のお金の使い方が「理解できない!」となることは多々あります。

しかし「理解できない」ままでは上手くいかないばかりか、争いのネタになってしまいかねません。

まず、男性から見た女性、そして女性から見た男性のお金の使い方の「?」を見ていきましょう。

なんでそんなことにお金を使うの? 男性から見た女性の驚くお金の使い方

ファッションにお金を使う

ブランドもののバッグや服、アクセサリーや靴など、女性のファッションにかけるお金の使い方は男性には謎のようです。

化粧品や美容グッズへの投資

メイクやヘアセット、身だしなみに女性は迷いなく投資します。

男性には理解しがたいようですが、女性からすると身だしなみや化粧は服と同じ、していないことが恥ずかしいことなのです。

自分へのご褒美

カフェやおしゃれなレストラン、またランチに友達と連れだって行くなど、男性からすると「お腹にたまらないもの」に女性はお金を使っているように見えるようです。

安売りやバーゲンに行く

男性は女性の安売りやバーゲンにかける情熱は、理解しがたいものと感じています。

なんでそんなことにお金を使うの? 女性から見た男性の驚くお金の使い方

趣味にお金をつぎ込む

車やバイクといったものから、ゲームや本、趣味の道具、はたまた携帯ゲームなど、女性からすると「なにが楽しいの?」と思ってしまうようなことに情熱を傾ける男性のお金の使い方は、女性からすると「無駄」に見えることも。

お付き合いにお金を使う

会社の後輩におごる、飲み会には参加する、もちろん二次会のキャバクラやバーなどはしっかり参加…と安くはない交際費に、迷わずお金を出す男性の感覚にはびっくりということも。

ギャンブルにつぎ込む

暇つぶしと言いながら時間があればパチンコへ、また競馬や競艇といったギャンブルにはまる人も。付き合いではじめることが多く、ゴルフにはまって「これも付き合いだから」と高価なゴルフセットを購入する男性も。

男性と女性のお金への価値観には大きな違いが?

RyanMcGuire / Pixabay

育った環境や、親の金銭感覚などの影響も受けるため、すべての男女がそうであるわけではありませんが、女性は「安い」にこだわり、男性は「必要」にこだわる傾向があります。

男性にとってのお金の使い方は、「自分への投資」なので、それによって自分の評価があがる、また所有することが必要だと思えば、金額などは気にしません。

逆に女性にとっては、必要なものであっても、高いよりは少しでも安いものを手に入れたいと考えるので、必要でも高ければ購入しません。

逆に「安い」ことに振り回されて無駄に購入してしまうことも…。

そして女性は男性に「自分と同じ価値観を持って欲しい」と考えてしまうので、そこでトラブルになってしまうのです。

2人が上手くいくためにお金について話し合おう

nosheep / Pixabay

お金の使い方は人それぞれ。

男性から女性、女性から男性に対するお金の使い方に「?」と思っても、それが相手の個性の一つであることを受け入れることも大切です。

しかし結婚を考えているなら、結婚した後に「こんなことになるなんて…」とならないためにも、一度お金について話し合う場を持ちましょう。

借金をするほどのお金の使い方をしているならやめさせる

ギャンブルが止められず、借金をしてまでつぎ込んでいる、という場合はその借金を返し終わるまでは結婚しない、と宣言する勇気も必要です。

相手のお金の使い方に交渉しない

自分には理解できなくても、相手にとってそのお金の使い方は、自分に対する投資でもあります。ただしすべてつぎ込んで貯金が0、というのは問題があります。

結婚したらお金の使い道には口を出さないようにし、ただし上限はお互いに決めるといった対策が必要です。

相手を否定するようなことは言わない

「なんでそんなことにお金を使うの?」「普通はそんなことにお金を使わないよ」といった相手を否定する言葉はタブーです。

逆に自分がそう言われるのも嫌ですよね。

ただし今の自分たちの収入や、生活するために必要なお金を、結婚する前に知っておくことは必要です。

結婚した後に「あなたの稼ぎが少ないから」という一言もトラブルの元。

2人でお金をやりくりするためにも、お金の話をオープンにできるような関係になっておきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

実は離婚の原因の一つが金銭問題、というほど男女のお金の価値観の違いは、共に生活するにあたって避けられない問題です。

結婚、そして将来子供を産んで育てる、またマイホームを購入するなど、目標があるなら2人でお金の使い方についてよく話し合う必要があります。

あとあとトラブルになることのないよう、お互いのお金に対する考え方をきちんと把握するようにしたいですね。

fincleQA